正しい洗顔で肌をワントーン明るく出来る!?くすみが取れる洗顔方法とは

肌がくすむと透明感がなくなって肌も暗くなってしまいますよね。そうなると肌に自信を持つことが出来なくなってしまいます。

肌のくすみの原因はターンオーバーの乱れによるものが多いとされています。ターンオーバーが乱れることによって肌がくすんでしまった場合、正しい洗顔を行うことで改善することが出来ます。

正しい洗顔をすることで肌のトーンを明るくすることが出来ると言われているのです。では、どのような洗顔方法を行えばくすみをなくし、明るい肌を取り戻すことが出来るのでしょうか?見ていきましょう!

くすみが出来る理由

肌のくすみが気になる・・・と悩んでいるのであればくすみを解消するためにも原因を知ることが大切になります。

肌がくすむ原因にはさまざまな要因があり1つではありませんので、自分自身どのようなことが原因なのかということを知った上でケアをすることが大切になります。

くすみが出来るとされている理由を紹介しますので、当てはまるものを知り適切なケアを行いましょう。

ターンオーバー

肌というのは定期的に生まれ変わり、その生まれかわりを肌のターンオーバーと言います。

ターンオーバーの周期がきちんとしていることできれいな肌を保つことが出来るのですが、ターンオーバーが乱れると肌トラブルがいろいろ出てくるようになります。

年齢を重ねるとともにターンオーバーに時間がかかるようになり、肌が硬くなってくすみが出来るようになります。

血行不良

血行不良もくすみの大きな原因になります。血行が悪くなると新鮮な酸素を届けて老廃物を排出せる新陳代謝が鈍ることになります。そうなると当然お肌にも良くありません。

血液は肌細胞だけでなく体の全ての細胞に必要な酸素や栄養を届けてくれるので、血行不良になると肌はもちろん体調不良なども起こるようになります。

血行不良は肌のターンオーバーも遅らせるのでくすみが起こるようになります。

紫外線

紫外線によって刺激を受けると、肌は紫外線から身を守ろうとしてメラニンを発生させます。ですが、メラニンが発生するとシミやくすみが出来るようになったり、肌が黒ずんでしまったりします。

メラニンが原因で起こっているくすみをそのまま放っておくとそれがシミになってしまうのです。シミはくすみよりも解消しにくいですので、出来るだけ早めの対策が必要になります。

正しい洗顔ケアが大事

くすみの原因はいろいろとありますが、くすみを解消して肌をワントーン明るくするためには正しい洗顔で毎日きちんとケアをすることが大切です。

洗顔のし過ぎも良くないですが、きちんと汚れを落とさないままでいると油分が酸化して黒ずみやくすみが余計にひどくなってしまいます。ですから、正しい洗顔を行うことが大切です。まずは正しい洗顔方法を知りましょう!

正しい洗顔方法

くすみをなくして明るい肌を手に入れるために正しい洗顔方法で毎日ケアしましょう。

1.手を洗う

洗顔料がしっかり泡立つように、まずはてを洗います。

2.洗顔料をしっかり泡立てる

細かい泡を作るように洗顔料を良く泡立ててください。手のひらに洗顔料をのせて指で混ぜて泡立てます。手ではなかなか泡立てられないという場合は、泡立てネットを使用しましょう。

3.Tゾーンから洗う

十分に泡立てることが出来ればまずはTゾーンや顎、皮脂の多い部分から洗います。ゴシゴシこすらずに優しく洗うようにしてください。

4.目元や口元はこすらない

皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口元はこする必要がありません。泡を乗せるだけで十分ですので、優しく泡を乗せましょう。

5.ぬるま湯ですすぐ

優しく洗い終わったらぬるま湯ですすぎます。最低でも20回以上はすすいで、顔に洗顔が残らないように気を付けてください。

6.清潔なタオルで拭く

すすぎ終わったら清潔なタオルで顔を拭くのですが、こすらずに優しく顔をおさえるようにして水分を取ってください。

以上が正しい洗顔方法になります。洗顔した後は水分が奪われて肌が乾燥しますので、洗顔後は3分以内に保湿を行うようにしてください。

洗い過ぎはNG

皮脂や汚れがたまっていると肌トラブルが起こりやすくなりくすみなどの原因になりますが、だからと言って洗顔のし過ぎは良くありません。

肌にはもともと自浄作用ががあるので、ある程度の汗やホコリなどの汚れはぬるま湯ですすぐだけでも落とすことが出来ます。

洗顔をし過ぎると必要な保湿成分までも失ってしまうので、乾燥やくすみなどの肌トラブルを引き起こす元になってしまいます。

洗い過ぎても化粧水などで保湿すれば大丈夫なんじゃないの?と思うかもしれませんが、1度ダメージを受けた肌のバリア機能は数日経たないと回復しません。ですから、洗顔のし過ぎはNGです。

夜にしっかりと正しい洗顔を行うだけで十分であると言えるでしょう。

基本的な洗顔方法

間違えた洗顔は肌にダメージを与えることになります。肌のために行っている洗顔が、シミ、くすみ、乾燥肌などのトラブルの原因になっていては意味がありませんよね。

シミやくすみなどの悩みを解消するために正しい基本的な洗顔方法を身に付けるようにしてください。肌をきれいに保つためにも正しい洗顔を身に付けましょう。

しっかり泡立てる

洗顔をするときはゴシゴシこする必要はありません。

汚れを落とすためにはこすった方が良いと思う人もいるかもしれませんが、しっかり泡立てれば軽くマッサージするようにするだけで汚れや古い角質を落とすことが出来ます。

しっかり泡立てるためには、ぬるま湯を加えて手のひらで泡立てます。ネットを使えばきめ細かな泡を簡単に作ることが出来ます。しっかり泡立てれば優しくマッサージするように馴染ませるだけでOKです。

ぬるま湯を使う

洗顔をするのに1番良いと言われている温度が32~34℃ぐらいのぬるま湯です。

肌の表面から皮脂が溶け出すと言われている温度は30℃ですので、それより少しあたたかめの32℃以上で洗顔をすることで汚れを浮かして落とすことが出来ます。

手では温かさを感じるか感じない程度が32℃になります。35℃以上になるとシミやくすみの原因になると言われているので、ぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

冬などはあたたかいお湯で洗いたいと思いますが、シミやくすみを予防するためにはぬるま湯で洗うのがベストです。

ピーリング石鹸を使う

くすみを取り肌のトーンを上げるためにピーリング石鹸を使用するというのも1つの方法です。

くすみを改善するためには高いお金が必要と思っている人もいるかもしれませんが、高いお金を支払わなくてもピーリング石鹸や普段の洗顔でくすみ改善などの効果を得られることも出来ます。

ただし、ピーリング石鹸も使い過ぎると必要な保湿成分まで失ってしまうことになりますので、注意しなくてはなりません。使いすぎだけでなく、使用するときのこすり過ぎにも気を付けなければなりません。

まとめ

生活習慣、食生活の乱れなどから肌のターンオーバーが正常に行われていないと古い角質や汚れは肌の上にたまってしまい、くすみの原因になってしまいます。

正しい洗顔の方法を知ることで、くすみだけではなくシミや乾燥、ニキビなどの肌トラブルの解消に繋がります。

くすみを解消することが出来れば、肌がワントーン明るくなって透明感も出るようになります。すぐに効果は出ないかもしれませんが、続けていることで効果が出てくるはずですので、正しい洗顔を続けてみてくださいね。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう