なぜ二日酔いは起きるのか?二日酔いの予防法

二日酔いの原因はアセトアルデヒドだった

二日酔いになるとつらい頭痛や吐き気、脱水症状など、日常生活に支障をきたします。
この二日酔いや悪酔いの原因とされているのが「アセトアルデヒド」です。「アセトアルデヒド」とは簡単に説明すると、自身のアルコール挽回能力のことを言います。

「アセトアルデヒド」の代謝能力は個人の遺伝的体質により、代謝能力に差があります。しかしながら個人差があるものの、アセトアルデヒドの代謝は早く、翌日にはほとんどが分解されます。

では、なぜアセトアルデヒドが二日酔いの原因かというと、アセトアルデヒドはアルコールの代謝とは別のところで影響があり、体にアルコールが入ると肝臓は1番初めにアルコールやアセトアルデヒドを分解しようと他の栄養素の代謝が遅れることが原因なのです。

これによりグリコーゲンという物質から体を動かすエネルギー源であるブドウ糖を合成することも抑制されてしまい人は二日酔いに陥ります。

つらい二日酔い対策は飲む前、最中に!

まずは二日酔いにならない為に、飲む前から二日酔い対策を意識しましょう。簡単なことが翌朝の二日酔いのつらさを改善してくれます。

1.お酒の前は脂肪分の多いものを摂取する。

脂肪は食べてもすぐには消化、吸収されない為アルコールの吸収の邪魔をしてくれます
また、脂肪分の多い食べ物は満腹感が持続するため、お酒の飲みすぎも防いでくれます。

2.自分の飲める適量を把握する。

人間は1人1人個人差があるように、アルコールの分解能力にも個人差があります。お酒に弱いのに、周りのペースに合わせ無理に飲んでいると、翌朝、自分だけ二日酔いの症状に悩まされてしまいます。
酔ってきたなとかんじたら、飲むペースを極力抑え、アルコールの過剰摂取を控えましょう。

3.飲酒の合間に水を飲む 

1番の二日酔い対策は、飲酒の合間に水を飲むことです。アルコールは急激に水分が失われるため脱水、頭痛、倦怠感などの二日酔いの症状を引き起こします。

できるだけお水を飲むタイミングはお酒と一緒にし、飲酒の間にしっかりとお水を摂取しましょう。又好きな人は、トマトジュースもオススメです。トマトジュースには、 アルコールによって排出されるナトリウム、カリウムが多く含まれるため、 脱水だけでなく、二日酔いによって失われる栄養素を補給する働きがあります。

それでも二日酔いになってしまったと時は

どんなに予防していても、二日酔いになってしまうことはあります。症状によって対処の仕方が変わってくるので、しっかりと正しいケアをし、早めの症状穏和を目指しましょう。

【頭が痛い場合】

アルコール過剰摂取による、血管収縮作用によって頭痛が起きていると考えられます。ケア方法・・首に温かいタオル、もしくは冷たいタオルをあてる。温かいか冷たいかは自分が心地いいと思う方にしましょう。

【喉が異常に乾く】

アルコール摂取後の利尿作用による脱水症状と考えられます。ケア方法・・お水の摂取はもちろんミネラルの補給も大切になります。スポーツドリンクを薄めたもので水分補給をするのが良いでしょう。

【胃腸の調子が悪い】

アルコールの摂取により胃酸の分泌が高まって胃腸の障害が起きていると考えられます。

ケア方法・・二日酔いの時は胃が重く、吐き気や胸やけ、下痢といった症状が起こりやすい為、消化の良いものを食べましょう。二日酔いの朝は水分の多いスープや、肝機能を向上させるグレープフルーツがオススメです。

ついついしてしまいがちな二日酔いNG行動

二日酔い対策に良いと思っていた行動が実は症状を悪化させていた?二日酔いの際してはいけない2つの行動を紹介します。

1.迎え酒はさらに症状が悪化する。

迎え酒で二日酔いが治ると思っている方。それは迎え酒によって酔っぱらうことで、二日酔いの症状が麻痺しているだけなのです。迎え酒は前夜のアルコールの処理で疲れている肝臓に追い打ちをけ、体にも肝臓にもかなり負担がかかってしまいます。さらに迎え酒をしてしまう方は、アルコール依存症になってしまう可能性が高いのでご注意ください。

2.無理やり胃のものを吐く

二日酔いの気分の悪さに耐え切れず、無理やり口の中に指を入れ吐く方もいると思いますが、これはNG行動です。もちろん自然にくる吐き気は、吐いてしまったほうが楽ですし、我慢は良くありません。しかし無理やり吐くという行為は元々、体が覚えている消化ルートを逆流するので、体はとても体力を使います。

二日酔いはただでさえ身体が本調子ではないのに、その上で体力を消耗してしまったら、症状を悪化させてしまいますので、無理やり吐くという行為は止めましょう。

飲みすぎた後、寝る前の対策

ウコン

ウコンに含まれるクルクミンは、胆汁の分泌を促し、アルコールとアセトアルデヒドの分解を早めると言われています。飲食後できるだけはやく飲みましょう。

スポーツドリンク

水分の吸収を早め、脱水状態を改善するので寝る前にコップ1杯のスポーツドリンクを摂取するようにしましょう。

まとめ

1度は二日酔いになったことがある方は多いのではないでしょうか。お酒の席はどうしても楽しくて飲みすぎてしまいますよね。お酒を飲む前、飲んでる最中、飲んだ後など二日酔いにならない為の対策はそれぞれあります。少し意識することで、次の日の仕事などに大きく関わってきます。お酒を飲む機会が多い方はぜひ、参考にしてみてください。

このページ内容と関連した記事:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう