あなたは彼と結婚できる?男性が恋人と結婚相手に求める条件の違いとは

結婚したいのに、なかなか彼氏がプロポーズしてくれない…あなたはそんな風に悩んでいませんか?実は男性が恋人と結婚相手に求めるものは違います。この記事では男性が恋人と結婚相手に求める条件の違いを紹介します。

自分がもし彼氏だったら、と考えてみてください。恋人と結婚相手の理想はイコールになるでしょうか。恋人は楽しく過ごせれば良いですが、結婚となると楽しいだけでは済まされません。長い人生を共にし、子育てや老後を一緒に乗り越えていく必要があります。

一時のパートナーか、人生のパートナーか…そう考えた時、恋人と結婚相手の条件が異なるのはある意味自然といえます。恋人と結婚相手の条件の違いについて、具体的に見ていきましょう。

一緒にいて安らげるかどうか

まず、一緒にいて安らげるかどうかは大きなポイントです。結婚すると、よほどの事情が無ければ毎日顔を合わせ、寝食を共にします。帰ってきた時に「相手がいる」という安心感、あるいはいなくても思い出すだけでホッとできる安らぎというのに幸せを感じるようになっていくものです。そうすると、恋人の時にあまりにも直情的で激しい女性は、男性からは敬遠されてしまうでしょう。

恋人の時は許される「ドキドキ感」も…

直情的で激しい女性は、例えば恋人の時は盛大にケンカしては仲直りすることを繰り返したり、感受性が豊かで思ったことをすぐに口にし、時にはかんしゃくを起こして相手を困らせるという行動をしたり、「私のこと好き?」「今何してる?」と何度もラインして相手の気持ちや行動を把握しようとするのが例として挙げられます。

付き合っている時は、こういった行動も「可愛い」と思えたり、一種の「ドキドキ感」によって楽しく付き合っていられるかもしれませんが、いざ結婚するとなると男性は急に保守的になってしまい、ドキドキ感よりも安らぎを重視しがちです。

プロポーズしてこない理由は必ずしも女性側にあるとは限りませんが、自分にそういった傾向があると自負していて、相手がどこか渋々付き合ってくれるような素振りをみせるようになったら、「自分は相手にとって安らげる人間か」と一度振り返ってみてください。

親族も含めて自分のことを考えてくれるか

結婚とは、親族も含めて家族になることです。義母や義父、義姉妹、義兄弟など、血のつながりの無い人とも顔を合わせ、家族としての振る舞いをすることを求められるようになっています。昔に比べると「親族も含めて家族」という縛りは少なくなっているかもしれませんが、冠婚葬祭や里帰り、遺産相続など人生の節目では避けて通れません。
そうした血のつながりの無い親族とも上手に付き合っていけるかどうか、というのも恋人と結婚相手に求める条件として挙げられます。

身内だからこそ分かる内情

親族が細かいことを気にしない、あるいは彼女が誰とでも上手くやっていけるという場合は何の問題もありません。彼氏の家に特別な事情がある、あるいは、彼氏が親族と、あなたの相性が悪そうだ…などと想像で考えていたりすると、一人で勝手に結婚をためらっている可能性があります。

真剣に交際しているようなら、結婚するかどうかはともかく、一度家に連れて行くのが自然といえます。彼氏が家族の話をあまりしないようなら、さりげなく家族について聞いてみるのも手でしょう。

価値観が近い、もしくは異なっていても話し合える余地がある

結婚をすると、主婦になるか共働きにするか、子育てはどうするか、介護や老後はどうするか、など夫婦で話し合わなければならないことが沢山出てきます。
また、育ってきた環境が異なっているが故に、日常生活でも、衣食住についての細かい価値観の違いも出てくることでしょう。

できるだけ価値観が一緒で、二人で同じ船に乗っても安心して航海していけるのなら問題ありません。ただし、多くは価値観が全く一緒ということはありませんし、ケンカをする場面も出てきます。そうなった時、「あなたが悪い」「自分が正しい」と自分の自己主張が激しいわがままな人では、相手も辟易してしまいます。

わがままが許されるのは恋人まで!

わがままが多くても、恋人であれば「仕方ないな」と済ませてくれるかもしれません。しかし、あまりに自分のことばかり主張していると、彼氏は結婚後のイメージが思い描けず、心が離れていってしまいます。

価値観が異なっても話し合って解決できる度量の大きい人かどうか、というのも恋人と結婚相手に求める条件の違いといえます。

こんな女性とは結婚したくないと自分で想像してみる

あなた自身が恋人と結婚相手に求める条件を考えてみるのも有効です。具体的には、「こんな女性とは結婚するのは嫌だ」と想像してみてください。金銭面や容姿面はともかく、「自分からは謝らない」「だらしない」「いちいちうるさい」など、最終的には性格面や行動面が必ず出てくると思います。

金銭面は流動的ですが、性格面や行動面はなかなか変わるものではありません。そしてその後、「もし彼氏が自分と結婚したら、彼は自分のこんなところが嫌だと思うかも知れない」と考えてみてください。思いつかなければ恋の楽しさだけに身を任せるのでは無く、もっと冷静に彼氏をも知る必要があります。

自分が思う結婚したら嫌な女性と、彼氏が思いそうな結婚したら嫌な女性について似ている部分があれば、振り返って修正するように心がけましょう。

ただし、自分だけが全て変える必要は無いのです。彼氏に対しても同じことを考えてみて、この人と結婚しても良いのか考えてみてください。それがあなたを幸せにしてくれる恋愛、結婚につながるでしょう。

このページ内容と関連した記事:

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう