万病のもとになる「体の冷え」は「衣食住」から対策!

東洋医学では、体の冷えが病気の原因と考えられることがあります。体の冷えを改善する方法はいろいろありますが、健康的な生活に欠かせない「衣・食・住」を見直して体の冷えを改善する対策法についてご紹介します。

「体の冷え」は、気にするほどの不調ではないと思われることもありますが、体の冷えは万病のもとといわれており、がんや心疾患などの病気の根源になっているのではないかと考えられています。

ただ、体の冷えは、日々の生活を見直すことで改善が期待でき、病気を防ぐことにもつながります。体の冷えの対策法としては、運動や入浴などが有名ですが、それ以外にも冷えを改善するポイントがあります。

ここでは、「衣・食・住」の冷え対策について見ていきましょう。

身体の冷えと衣食住の関係

人間は、暑いときは血管を拡張して血流量を増やすことで体にこもった熱を逃がします。逆に、寒いときは血管を収縮させて熱が逃げるのを防ぎ、重要な臓器が多い体の中心部に血液を集中させます。環境や身体の状態に応じて体温調節を行うことで、酵素が活発になる37度を維持しようとするためです。

つまり、寒いと感じているときは身体の中心に血流を集中させてしまうため、手先や足先に血液が届きにくく、末端の冷えが起こりやすなります。末端が冷えやすいと、寒い環境にいるとますます体の冷えが進み、寒い思いが積み重なって冷えを感じやすい体になってしまうのです。

「寒い思い」は、衣服や食生活、エアコンの普及による住環境の変化などが体を冷えやすくする要因になっていることがあります。したがって、万病のもとともいわれている体の冷えを「衣・食・住」から改善することも大切といわれています。

「衣」で冷えを改善するポイントは下半身の冷えの防止

人間は、暑いときは汗で比較的簡単に全身を冷やすことができます。しかし。寒いときに身体をあたためようとしても、一度冷えた身体は温まりにくいといわれています。したがって、体を冷やさない服装を心がけることが重要となってきます。

特に、足先は心臓よりも低い位置にあるため、血液の循環も鈍くなってしまいがちです。足先を重点的に温めることで、効果的に冷えを改善できるといわれているため、自宅にいるときはひざかけや湯たんぽ、外出中はカイロなどを活用し、足先の冷えを防ぎましょう。

ただし、湯たんぽやカイロなどは、低温やけどの心配もあるため、使用上の注意事項などをよく確認してから使用するようにしましょう。

「食」は朝食と食性のコントロールで体内から冷えを防ぐ

食は、体を動かすエネルギー源になるものです。食生活が乱れていると、体温が上昇しにくく、体の冷えを引き起こすため、2つのポイントから改善していきましょう。

代謝を高めて体温を上げるために欠かせない「朝食」

朝食には、睡眠中に低下した代謝を高めて体を目覚めさせ、体温を上昇させて活動的に過ごせるよう整える役割があります。しかし、ダイエットや時間がないために朝食をとらないという人が少なくありません。

朝食抜きを習慣化してしまうと食事量が少ない状態が続くことになり、代謝で生み出される熱量が減少して体の冷えにつながります。朝食を抜いているという人は、まずは毎朝食事をとるよう心がけることから始めましょう。

食性を知って体温をコントロールする

食べ物には、体を温める作用や冷やす作用があります。体が冷えているときは、体を温めてくれる性質の食材を積極的にとることが大事です。代表的なものは以下の通りです。

穀類:もち米、ライ麦
豆類:納豆、いんげん、空豆
魚介類:アジ、鯛、サバ、イワシ、エビ
肉類:鶏肉、羊肉
乳製品:チーズ
野菜類:しょうが、にんにく、ネギ、大根、ゴボウ、ニンジン、かぶ、かぼちゃ
香辛料・調味料:味噌、みりん、とうがらし、からし

特に、大根やゴボウなどの根菜類は、血液をサラサラにしての循環をよくする効果も期待できます。また、体を温める食べ物をとることで、体温の上昇しやすくなるだけでなく、冷水に付けた後の体表温度も回復しやすいといわれています。冷えた状態を回復させるのにも有効なので、食性を知って体温をコントロールしましょう。

「住」は健康によいとされる「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」がポイント

快適に過ごすため、エアコンなどの冷暖房器具をフル稼働させているという人も多いのではないでしょうか。しかし、室内と屋外の気温差が激しいと、自律神経の乱れを引き起こす可能性があります。

自宅にいるときは、室内外の温度差が7度以内にするのが理想です。オフィスなどで空調の温度調節をするのが難しいときは、服装やひざかけ、羽織ものなので調節するようにしましょう。

また、寒い時期は特に、顔周りは暑いのに足元は冷えやすい傾向にあります。下半身が冷えると身体がより冷えやすくなるという悪循環を引き起こす可能性があるため、自宅では下半身が温まりやすいコタツや足元専用の暖房機具、オフィスではひざかけやレッグウォーマーなどをうまく活用し、頭が寒くて足元が暖かい「頭寒足熱」を心がけることが大切です。

衣食住から体の冷えを軽くしよう

現代人は、体の冷えを感じやすく、季節を問わず体の冷えに悩まされる人も多いです。ただ、衣食住といった環境や習慣を見直すだけで、体の冷えの改善や予防につながります。

下半身を冷やさないことを意識し、体を温める食事や自律神経を乱さない住環境を心がけ、うまく対策をしながら、万病のもとである体の冷えを防ぎましょう。

このページ内容と関連した記事:

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう