夏の日焼け肌は早めの対処がポイント!肌ダメージをなくし美肌を取り戻す方法

日差しが強い夏に日焼けをしてしまった…という場合、早めにケアをして回復させることが美白肌へのポイントになります。日焼けしたらもうどうしようもないと諦めている人もいると思いますが、きちんと対処すれば日焼け肌を白い肌に戻すことはできます。では、どうすれば、日焼けのダメージをなくすことができるのが、どのようなケアがおすすめなのかをご紹介します。

夏の強い日差しで日焼けして、ダメージを受けてしまったことによって起こる肌トラブルに悩んだ経験がある方も多いと思います。秋や冬になれば紫外線の量は減りますが、だからといって夏の日焼け肌を放っておくと、紫外線ダメージによって色ムラができたり、シミやくすみができてしまったりします。

日焼けによって起こるダメージが表面に出てくる前に、美白ケアをきちんと行うようにしましょう。そうすることで、肌のダメージを減らして老け肌を予防することができます。
では、どのようにしてケアをするのが良いのか、今回は肌ダメージをなくして美肌を取り戻す方法についてご紹介します。

夏の日焼けはケアまでのスピードが大切

いろいろ対策をしていても、日差しが強い夏に日焼けしてしまった!という方も多いはずです。「焼けてしまったからもう仕方ない…」と諦めてしまう方も多いですが、実は夏の日焼けはそのあとのケアがとても大切です。

ケアを早くすればするほど治りが早くなりますので、うっかり日焼けしてしまった場合でもきちんとケアを行うようにしましょう。方法はとても簡単なので、正しい知識をもってスピーディなアフターケアを心がけるようにしてください。

日焼けをしたらクールダウン

日焼けはやけどしているのとあまり変わらない状態なので、日焼けした部分は早く冷やした方がいいです。日焼けがひどいと水ぶくれなどの炎症を起こしてしまうこともあるので、やけどのような敏感肌になっていると思って、早めにそして慎重にケアを行うようにしましょう。

ヒリヒリした肌をクールダウンさせるのは、保冷剤に包んだタオルなどですぐに冷やすことが大切です。保冷剤がなければ冷やした濡れタオルでも良いので、肌にあててクールダウンさせるようにしましょう。少し冷やしても、しらばくは熱を持った状態が続くので、熱いのが治らないうちはしばらく冷やすようにしてください。

日焼け止めを早めに落とす

日焼け予防には良い日焼け止めも、ずっと塗ったままでは美肌の敵になってしまいます。肌を清潔な状態に保つためにも、家に帰ってきたら日焼け止めはできるだけ早めに落とすようにしましょう。ただし、日焼け止めをとるときにゴシゴシこすったり、刺激が強いクレンジングを使うのはNGです。

敏感肌にも使える洗顔を使って優しく洗い流すことが美肌を保つ秘訣です。シャワーも水圧が強いと肌に刺激を与えてしまうので、水圧を低めにして使うことをおすすめします。

保湿をしっかり行う

クールダウンさせたら、しっかりと保湿を行うようにしてください。保湿は毎日行うものだと思いますが、日焼けしたときは、いつもよりたっぷりと回数も多めに保湿するようにしましょう。1番おすすめなのは、冷蔵庫で冷やした化粧水をたっぷりつけることです。

冷えた化粧水をつけることで、保湿だけでなく冷やす効果も得られることができます。とても簡単なことですが、この作業が美肌に繋がります。化粧水をつけたときに痛みを感じるような場合は、日焼けではなくやけどしている状態なので、保湿ではなくて薬をつけるといったケアを行うようにしてください。日焼け直後の肌はとても敏感なので、美白対策というよりも低刺激の化粧品を使って肌に負担がかからないように注意してください。

日焼けを重ねないようにする

1度日焼けすると、もう日焼けしてしまったから…と諦める人もいますが、日焼けは重ねないようにすることがとても大切です。日焼けした直後であればなおさらです。紫外線によって受けたダメージは蓄積していくので、すでに日焼けしてしまった肌でも日焼け対策は忘れないようにしてください。

だからといって、日焼けした肌に日焼け止めを重ね塗りすると肌に負担がかかってしまうので、美肌を取り戻すためにも日傘やカーディガンなどを使うようにしましょう。数年後の肌を守るためにも、顔だけでなく全身の肌のケアに注意するようにしてください。

美肌のための効果的な紫外線対策

紫外線対策は美肌を保つためには欠かせないことです。肌の老化の8割は紫外線の影響と言われているので、美白肌のためにも紫外線対策はきちんと行うようにしましょう。簡単にできる対策はいろいろとありますので、ぜひ早めの対策を心みてください。

日焼け止めをしっかり塗る

肌を白くするための方法として欠かすことのできないのが日焼け止めです。紫外線による日焼けや肌の老化を予防するためには、日焼け止めによるケアは欠かせません。肌に優しく、そしてきちんと日焼け止めできるアイテムを利用しましょう。ただ、日焼け止めの効果は3~4時間で薄れると言われているので、その時間を目安に塗り直すようにすることをおすすめします。

日傘などのアイテムも活用する

紫外線を完全に予防するためには、日焼け止めだけでなく日傘やカーディガンなどのアイテムを活用することをおすすめします。日傘などを使うことで、さらに効果的に紫外線から肌を守れるようになります。日傘の色は白くても問題ありませんが、裏面が黒いものだと、日差しの照り返しによる紫外線も吸収してくれるので、より肌を守ることができます。ですから、日傘は裏面が黒いものを選ぶようにしましょう。

美白スキンケアを行う

肌を白くきれいに保つためには、美白スキンケアを取り入れることを忘れてはいけません。すぐに白くなるというわけではありませんが、毎日美白スキンケアを行うことで、少しずつ美白へ近づくことができるようになります。焦らずに使い続けるようにしてください。

美白スキンケアを行うときは、自分の肌に合ったものを見つけることも大切ですし、肌を白くきれいにするのに効果的と言われているスキンケア用品を取り入れることが大切です。以下の美白成分が入ったものが特におすすめです。

・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・アルブチン

上記の成分は肌を白くするのに良いと言われている成分なので、これらを含んだスキンケア商品をぜひ活用してみてください。

良質な睡眠をとる

美白肌を手に入れるためには、日焼け対策やスキンケアだけでなく睡眠もとても重要です。寝不足が続いたり、質の悪い睡眠が続いていると、肌のターンオーバーが乱れて肌の質が落ち、肌荒れやくすみの原因になってしまいます。

肌をきれいに保つためには、睡眠のゴールデンタイムと言われている夜22時~深夜2時の間には寝ておくのがおすすめです。この時間にきちんとした睡眠をとることで、成長ホルモンの分泌が促進されて、肌のターンオーバーが進みます。ターンオーバーがきちんと行われれば、肌細胞もしっかり生まれかわるので、結果的に肌がきれいになって白くなることにもつながります。

美肌を保つための日焼け止めの種類と選び方

何度もいうように紫外線は肌に悪影響を及ぼして美肌を妨害するので、美白肌を保つためには日焼け止めは欠かせません。そうはいっても、日焼け止めにもいろいろな種類があり、きちんとしたものを選ぶことが大切です。日焼け止めの種類と選び方について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

日焼け止めのSPFやPAってなに?

日焼け止めには、SPFやPAといった表示がされていますが、この2つが一体何を表しているのかご存知でしょうか。紫外線にはUV-BとUV-Aの2種類があるのですが、SPFというのはサンプロテクションファクターの略称でUV-Bの防止を表すものです。SPFの数値が大きければ大きいほど、日焼けを遅くすることができます。ですから、外にいる時間が長い場合はSPFの数値が高いものを使用した方が良いですが、少し外出するだけという場合SPFの数値は低いものでもかまいません。

PAというのは、プロテクショングレイドオブUVAの略称で、UV-Aの防止を表す表示です。
PAのうしろに+表示がされていて、この+の表示は4段階あります。+の数が多いほどUV-Aの防止効果が高くなるということです。SPFやPAの表示をきちんと理解したうえで、確認をしてから日焼け止めを選ぶようにしてください。

日焼け止めの選び方のポイント

1時間程度の少しの外出であれば、SPF30程度で大丈夫ですし、数時間以上出かけるのであればSPF50以上の日焼け止めを選ぶようにしてください。いずれの場合でも、時間が経つと効果がなくなるので、こまめに塗り直すようにするのがポイントです。最近は、スキンケアUVが人気で、メーカーによって配合されている美容成分が違っているので、購入するときは美容成分もきちんと確認しましょう。

夏の日焼けした肌を早めにケアして、美白肌を取り戻そう!

今回は、夏に受けた日焼けのダメージは早めに対処した方が良いということが分かって頂けたかと思います。日焼けをしてしまっても、きちんとケアをすることでダメージを最小限に抑えて美肌を取り戻すことはできます。

毎日きちんとスキンケアを行うことが、きれいな美白肌を手に入れるための1番の近道になるので、肌管理をしっかり行って万全な状態で秋と冬につなげましょう。

このページ内容と関連した記事:

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう