面倒なメイク落としとはお別れ!RMK クレンジングバームで潤いを守りながら一度でメイクオフ

メイクをしっかり落とさないと肌に負担がかかるとはわかっていても、仕事帰りなどで疲れていると、アイメイクなどのポイントリムーバーを使うのは面倒ですよね。

だからといって洗浄力が高いものを使っていると肌が突っ張りますし、あれこれとケアするのは大変・・・そんなクレンジングにまつわる悩みを抱えている人は少なくないはず。

一度にするっとメイクが落ちて、かつ肌への負担も少ないクレンジングがあるとうれしいですよね。

実はそれを実現してくれるのが、RMKのモイストクレンジングバーム。女性雑誌でもベストコスメのクレンジング部門第1位に選ばれる代物です。

今回はこのRMKモイストクレンジングバームの人気の秘密に迫りたいと思います。

美肌のために一番大切なのはクレンジング

まずはクレンジングの基礎知識をおさらいしましょう。

なぜクレンジングが大事なの?

憧れの美肌に近づくためには、高い化粧水や美容液を買いがちですが、実はクレンジングこそが美肌の基本と言われています。

女性は社会人になるとマナーとメイクをした方がいいといわれていますが、やはりメイクは肌の負担を重くするので、クレンジングでしっかり洗い落とさないと肌が酸化してくすみやシミ、しわ、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

また多くの化粧品は油性の基材を使っています。そのため、しっかり落とさないといくら化粧水や乳液、美容液をせっせと塗っても、浸透力が落ちてしまうのです。

クレンジングバームって何?

それでは最近話題の「クレンジングバーム」とはいったい何なのでしょうか。

高い洗浄力でメイクを一度でオフ

「バーム」は軟膏の意味で、容器に入っているときは固いですが、手に乗せてなじませるうちにとろっと柔らかくなります。

溶けた後のバームは肌なじみがよく肌にピタッと密着するので、オイルクレンジングのように、しっかりメイクもなじませることでするっと落とすことができるのです。ただオイルのように液だれする心配はありません。

潤いのある洗い上がり

洗浄力があると聞くと肌の負担が大きい印象を受けますが、バームクレンジングは乾燥肌の人も安心して使うことができます。バームクレンジングは保湿成分がたっぷり含まれているので、洗い上がりはしっとりすると評判なのです。

使用感は、オイルとミルク・クリームの中間くらいと言われていて、オイルの洗浄力を保ちながら、ミルクやクリームのように乾燥から肌を守ってくれます。

RMKモイストクレンジングバームの特徴!

それでは注目が集まるバームクレンジングの中で、RMKのモイストクレンジングバームが人気なのはなぜなのでしょうか?

人気のクレンジングバームがリニューアル

RMKのモイストクレンジングバームは、以前販売されていた大人気商品、「RMKクレンジングバーム」のリニューアル商品です。

このクレンジングバームにも美容オイルはたくさん入っていたのですが、さらにリニューアル時には、サトウキビ由来のスクワランやオリーブオイルを新たに配合。肌になじませるとオイル状に素早く変化する不思議なテクスチャーに生まれ変わりました。

複数の美容オイル配合。潤いを守りながら、優しくクレンジング

それではいったいどのような美容オイルが含まれているのか、成分別にみていきましょう。

シアバター

シアの木の種子から抽出した植物性油脂で、アフリカ諸国では古くから日焼け止め、傷の治療などに活用されてきた万能の薬です。人の皮脂に似ていると言われるステアリン酸やオレイン酸、リノール酸などを含むので、肌になじみやすく、長時間肌を保湿してくれます。

マンゴー種子バター

マンゴーの種から作られる植物性油脂。常温では固形ですが、融点が約30度と低いので、体温で自然に溶けます。保湿効果のあるオレイン酸やステアリン酸などが含まれていて肌を柔らかくし、乾燥から肌を守るほか、紫外線の一部をカットする働きもあります。

アボカドオイル

森のバターと言われ、世界一栄養価が高い果物として知られるアボカドから抽出したオイル。抗酸化作用のあるビタミンEやミネラルを豊富に含んでいて、肌をしっとりさせたり、老化を防止する効果があります。

血液をサラサラにする脂肪酸や食物繊維なども含まれているので、食事に使っても美容効果があるといわれています。

ローズヒップオイル

野ばらの種子から抽出したオイルで、なんと95%が美肌成分という贅沢なオイルです。ビタミンCやリノール酸などをたっぷり含むので、肌に潤いとハリを与え、乾燥から守るほか、アンチエイジングや美白などに効果があります。

サトウキビ由来スクワラン

環境にやさしいオイル。オイルながらさらっとして使い心地が軽いので、肌への負担が少なく、オイルが肌になじむことでメイクや汚れを素早く落とします。また肌を柔らかくするので古い角質を落としやすくする作用があります。

オリーブオイル

オリーブの実から抽出したオイル。人の皮脂と同じ働きをするオレイン酸が含まれているので肌なじみがよく、肌を保湿し、しっとりとした肌に導きます。オレイン酸のほかにも、抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミン、ミネラルなどもたっぷり入っているので、美肌に導いてくれます。

気になる口コミは?

それでは実際に使ってみた人の評価をのぞいてみましょう。

いい評価

(20代女性)
雑誌のベストコスメに選ばれていたので購入してみました!バームを顔に乗せるとスッと肌に馴染んでオイル状になって肌に負担なく落とせました。優しいローズの香りでクレンジング中も癒されます。しっかりファンデーションも落ちて突っ張らないので乾燥肌の方にもいいと思います。

(20代女性)
保湿を求めている方にはおすすめです。洗い上がりのしっとり感が実感できました。肌馴染みもよく、気持ちよいです。さっぱりした使い心地を求めている方にはおすすめではないと思います。香りも上品で癒されます。

(30代女性)
色んなタイプのクレンジングを使いましたけど、柔らかいテクスチャで取りやすくて伸ばしやすいです。メイク落とした後に潤いも感じています。ナチュラルメイクがメインなので、落ち残しはありません。

悪い評価

(30代女性)
サンプルでいただきました。薔薇のにおいは私の好みではありませんでした。天然ではなく、作られたにおいというかどうしても芳香剤っぽい。マスカラ も落ちるし、使用感は悪くはないですが、どうしてもにおいが好きになれず。においの好みは人それぞれなので、このにおいが好きな人もいらっしゃるかと思いますが私は無理でした。

(40代女性)
ヌメッとした感触が、くるくるしても肌を滑って行くだけに感じて落ちているのか不安になる程。ぬるま湯で落としてもさっぱり感ももっちり感もなくもう一回洗顔したい洗い心地。

評価の総括

口コミを見ると、しっかりメイクをしてもスルリと落とすことができ、また洗い上がりがしっとり潤っているという評価が多く、メイク落としと保湿効果が高いことが分かります。

一方で、バームクレンジングの特徴は肌を保湿しながらメイクを落とすものなので、洗い上がりはしっとりします。

特に乾燥肌の人からの評価は高いですが、中には洗い上がりがさっぱりした方が好みという方もいるので、そこは評価が分かれました。ただ、使用感や好みは人それぞれなので、参考する程度にして気になる方は実際に試してみましょう。

使い方をマスターしてツルスベ肌をゲット!

それではどのように使えば効果が倍増するのか、使用方法をご紹介します!

毎日の基本ケアの仕方

1、乾いた手のひらにマスカット粒大にとり、両頬、おでこ、鼻筋、あご先の5点に置きます。

2、乗せたバームを手で優しく押し崩します。ゆっくり圧を加えて崩すと、自然に肌をほぐすマッサージができます。

3、バームが溶けて液状になったら、両手を使って顔全体になじませます。ざらつきが気になる小鼻回りや、アイメイク部分はより重点的になじませてください。その後ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

毛穴や角質が気になるときはコットンケアを

1、クレンジングを手のひらに取り、顔に乗せたら軽くマッサージしてなじませます。

2、コットンに水を含ませて軽く絞ったら、コットンの生成り面を肌の上で滑らせて優しくマッサージします。古い角質や角栓がゆるんで洗い流しやすくなります。

3、コットンをメッシュ面に裏返し、ざらつきが気になるところを中心に軽く滑らせてふき取ります。終わったらぬるま湯で丁寧に洗い流します。

まとめ

RMKのモイストクレンジングバームについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

クレンジングは特に疲れて帰ってきたときは本当に面倒なもの。手っ取り早くふき取りクレンジングで落としたくても、アイメイクや口紅はポイントメイクリムーバーを使わないと残りがちですし、肌が乾燥するという人も少なくありません。

RMKのモイストクレンジングバームなら、一度でさっぱりメイクを落とせるのに、肌の潤いはしっかり守ってくれます。

肌の調子がいまいちな時は、スペシャルケアとしてコットンケアもできるので、これ一つで美肌に近づくことができます。気になる人はぜひ試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう