ポイントメイクもするんと落ちる!クリニークのテイクザデイオフ クレンジングバームの人気が凄い

クレンジングにはオイルタイプのものからクリームタイプ、ふき取りタイプのものまで様々ありますが、最近はメイクをしっかり落としながら保湿効果もあるとして、バームタイプのものが人気を呼んでいます。

一方でバームタイプはコストパフォーマンスが悪かったり、細かいポイントメイクまで落としきれなかったり…というデメリットを抱える商品もあります。

そこでおすすめなのが、クリニークの『テイク ザ デイ オフ クレンジングバーム』。一度に使う量がほかのものより少なく済むのでコスパがいいですし、肌の上でバームからオイルに変わるので、しっかりアイメイクもキチンと落とすことができます。

今回はこのクリニークのテイク ザ デイ オフ クレンジングバームの人気の秘訣に迫りたいと思います。

テイク ザ デイ オフ クレンジングバームの特徴

最近では数が増えてきたクレンジングバームですが、クリニークのテイク ザ デイ オフ クレンジングバームが人気の理由は一体何なのでしょうか。

クリニークは全世界で愛されている

いまやクリニークはスキンケアブランドとして広く知られていますが、もともとは1968年に皮膚科医の指導のもと、アメリカで生まれたコスメブランドです。そのため肌に必要なもの・必要ないものを考え、商品はすべて100%無香料にこだわっています。

商品化する際には膨大なアレルギーテストを繰り返して行っていて、敏感肌の人も安心して使えるブランドとして、世界中からあつい支持を受けているのです。

バームクレンジングはどういう商品?

クリニークのテイク ザ デイ オフ クレンジングバームは、肌に伸ばした瞬間、なめらかなオイルへと変身するクレンジングです。

体温によってオイルに変わるので、ウオータープルーフタイプのメイクや日焼け止めはもちろん、別途ポイントメイクリムーバーが必要な目元や口元のメイクや毛穴汚れまでも優しくすっきり落としてくれます。

代表的な成分、副作用はない?

100%無香料とはいうものの、どういった成分を使っているのか、また副作用はないのか気になるところです。ここでは主成分3つについて検証してみます。

パルミチン酸オクチル

パーム油から作られます。粘度が低く安定性に優れていて、また皮膚への刺激も少ないため、一般的にクリームや乳液、クレンジングなどに使われ、保湿や肌を滑らかにするのに役立ちます。

ハイブリッドサフラワー油

ベニバナの種子から作られる脂肪油で、ビタミンEがとても多く、抗酸化作用に優れています。また保湿成分として、肌や紙を滑らかで柔らかい状態に整え、乾燥を防ぎます。使い心地はさらっとしています。

トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル

ヤシなどから取れる油を改良したもの。酸化しにくい油脂で天然の油より安定性がとても高く、使いやすいという特徴があります。また粘性が低くよく伸びる性質があるので、保湿効果がありながら軽い仕上がりになります。化粧品や軟膏に幅広く使われています。

以上3つの成分は調べたところ、毒性は副作用はありませんでした。成分が気になる方も安心して使えそうですね。

試す前に知りたい!気になる口コミは?

成分に副作用がないと分かったところで、気になるのは実際に使った人の口コミ。いい評価と悪い評価の両方を覗いてみましょう。

いい評価

(20代女性)
かなりいいです。この前は別メーカーのクレンジングオイルを使っていたのですが、こっちに変えてから肌表面のざらざら感が消えました。肌に乗せるとスっと伸びるのですが,オイルすぎないので適度にひっかかりマッサージがしやすいです。非常に使いやすいです。

(30代女性)
どのクレンジングを使っても肌に合わなくてニキビや乾燥に悩んでいたんですがこのクレンジングバームを使ってみたら、メイクを落とすだけではなく肌も綺麗になりました。それから3年間ずーっとクレンジングはこれと決めてます。クレンジングで肌荒れしやすい人にはオススメだと思います。

(40代女性)
オイル系はよく落ちる分潤いまでなくなりますが、このバームはしっかりメイクも簡単におちて潤いも残ります。クレンジング商品大好きな私のお気に入りです。掌で温めてお肌にのせるだけでも化粧が落ちます。ゴシゴシは禁物です!お肌に優しい商品ですね。

悪い評価

(30代女性)
本当に少量でもがっつりメイクが落ちます!ただ私のようにがっつりメイクをしていない人にはがっつり落ちすぎて乾燥してしまいました。普段使いには私には洗浄力が強すぎるようです。

(30代女性)
メイク落ちは抜群に優秀でした。オイル化させるまでにアイメイクもみるみる剥がれ落ちます。ただロウソクを思い出す匂いが苦手なのと、肌が毛羽立つような洗い上がりに感じたので私には合わなかったようです。季節柄、WPの日焼け止めを使った時やメイクを一気に落としたい場合はよいかと思います。

正しい使い方

1、アーモンド粒1~1.5個分程度を手にとり、乾いた肌にのばしてメークや汚れとよくなじませます。なじませるときは肌を傷めないよう優しくマッサージするようにしてください。

2、ぬるま湯を加えて乳化させ、水またはぬるま湯で充分に洗い流します。洗い残しは肌トラブルの原因になるので、最低でも20回は洗い流すようにしましょう。

こんな人におすすめ!

口コミや使い方、成分を踏まえた上でおすすめなのはこんな人です!

かなりしっかりメイクをする人・一度できちんとメイクを落としたい人

バームタイプのクレンジングは、オイルクレンジングのように洗浄力が強いのが特徴ですが、口コミを見ると「少量しか使ってないのに、メイクがしっかり落ちすぎて乾燥してしまった」という人が何人かいました。

普段は薄いメイクの人の中には合わない方がいる可能性があります。なので日ごろしっかりメイクをする方や、一度でメイクを落としたい人に特におすすめです。

バームタイプのクレンジングは気になるけど、コスパが気になる人

一般的なバームタイプクレンジングでは、マスカット粒大程度の量が必要。そのため、コスパの悪さを感じる人も少なくありません。しかしクリニークのテイクザデイオフクレンジングバームはアーモンド粒程度と1度に使う量が少なくて済むので、長く使えてコスパがいいと口コミでも評価されています。

まとめ

クリニークのテイク ザ デイ オフ クレンジングバームについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

バームからオイル状に変わるので、ポイントメイクリムーバーが必要なしっかりメイクにも、これ1つでさっぱりオフすることができる優れものだということが分かりましたね。

100%無香料にこだわるクリニークの商品ですし、主要成分にも副作用がなくしっかり保湿してくれるので、成分が気になる人や乾燥肌の人にもおすすめです。

一度に使う量も少ないのでコスパもよさそうですし、気になる方はぜひ一度試してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう