季節の変わり目に起こる「ゆらぎ肌」肌がゆらぐ原因と自分でできる簡単な対処法

季節の変わり目は、肌の状態が安定せずにこれまでにはなかったようなトラブルが起こることも多いです。このようなお肌の状態を「ゆらぎ肌」と言います。そんなゆらぎ肌を対処するにはどうすれば良いのか、自宅でできる簡単な対処法についてご紹介します。

夏から秋にかけてや冬から春になる季節の変わり目は、体調を崩しやすいですが、それと同じで肌の調子も悪くなりがちです。季節の境目の時期に肌のトラブルが起こることをゆらぎ肌と言います。

ゆらぎ肌はどうすることもできないと思っている方も多いですが、それぞれのシーズンごどにどのようにダメージを受けやすいのか事前にしっておけば、ダメージを減らすことができる可能性があります。

季節の変わり目のトラブルを防ぐためには、毎日のスキンケアや生活習慣を改善するといった対策があります。そこで今回は、ゆらぎ肌が起こる原因や対策について紹介しますので、できることから始めましょう。

ゆらぎ肌ってどうして起こるの?ゆらぎ肌が起こる原因

ゆらぎ肌というのは、外部環境の変化やストレスなどによって、肌が乾燥したり敏感になったり、急にニキビができたりと肌がゆらいでトラブルが起こることをいいます。思い当たる原因は特にないのに、肌荒れがなかなか治らない…というような場合、環境によるゆらぎ肌かもしれません。では、どうしてゆらぎ肌が起こるのか、主な原因をまとめました。

空気の乾燥

空気が乾燥すると、お肌も乾燥するようになります。乾燥というと冬のイメージがありますが、冬だけでなく春も乾燥の度合いは変わりません。いつの季節でも保温は必須となります。1日の寒暖差が激しいのも乾燥や肌の負担の原因になります。朝と昼間の極端な気温差や晴れた日と雨の日の気温差というのも激しいので、肌への負担が大きくなりトラブルが起こりやすくなってしまいます。

紫外線の増加

紫外線は1年を通してありますが、気温が高い夏の紫外線が1番きついと思っている方も少なくありません。確かに夏の紫外線もきついですが、夏よりも春の方が紫外線がはきつく、どの季節であっても対策を行っているとゆらぎ肌の原因になります。

自律神経やホルモンバランスの乱れ

気温の変化は肌だけでなく、自律神経やホルモンバランスも乱す原因になる可能性があります。寒い冬を越えた肌のダメージは予想以上に強いですし、生理前後のホルモンバランスの乱れもゆらぎ肌の原因の1つです。自律神経やホルモンバランスの乱れは、肌が本来持っているバリア機能を損なって、刺激に弱い状態になってしまいます。

外部刺激からの増加

花粉や大陸からの黄砂、排気ガスなど外に行けば刺激はたくさんあります。そういった刺激によって、肌の表面がアレルギー症状を引き起こしてゆらぎ肌を起こすことがあります。

ゆらぎ肌の症状について

ゆらぎ肌にはいろいろな症状がありますが、ゆらぎ肌によって起こる肌トラブルは敏感肌の症状とよく似ています。ゆらぎ肌は、環境の変化やストレスなどによって起こる一時的なトラブルであることが多いです。敏感肌と間違えないようにするためにも、ゆらぎ肌の症状について知っておきましょう。

お肌の乾燥がひどくなる

肌のバリア機能が低下していると肌の乾燥がひどくなります。肌の水分量が低下してしまうと、乾燥が原因で肌の水分量と脂肪の量も崩れてしまうようになります。例え肌が脂っぽくオイリーになっていても、脂分の量が多くなっているだけで肌の中の水分量は足りていないために、肌の内部ではどんどん乾燥が進んでいきます。

そのため、肌は乾燥して潤いがなくなります。肌のゆらぎが原因で乾燥しているときは、水分量を確保するために保湿成分をきちんと与えることが大切です。

肌が敏感になり肌荒れが起こる

季節の変わり目にかゆみや赤みが出ることがありますが、これはゆらぎ肌の大きな特徴です。春咲きになると、花粉が飛んだり気温が上昇したりすることが原因で肌にストレスがかかりますし、秋から冬になる時期も肌が季節に付いていけず免疫力が落ちて肌荒れが起こりやすいです。肌のバリア機能や免疫力が落ちて肌が敏感になっているときに、外部刺激にさらされると赤みやかゆみなどの肌荒れが起こるようになります。

ニキビができやすくなる

気温の変化やストレスで肌がゆらぐとニキビができやすくなります。急激な気温の差で肌に負担がかかったりストレスで心に負担がかかったりすると、自律神経やホルモンバランスが乱れます。すると、肌のターンオーバーも乱れて贈れるようになるので、古い角質や皮脂が毛穴に詰まりやすくなりニキビができやすくなってしまいます。

ゆらぎ肌の症状を改善するための対処法

ゆらぎ肌によってさまざまな肌トラブルが起こりますが、ゆらぎ肌の症状を緩和するためには早めに対策することが大切でし。症状を和らげるためにはどうすれば良いのでしょうか。以下に症状を改善するために有効な方法をまとめたので、参考にしてください。

きちんと保湿をする

ゆらぎ肌対策として何より大切になるのが「保湿」です。気温の変化や乾燥で引き起こされる肌荒れも、低下した肌のバリア機能を回復させるためにも保湿は欠かせません。保湿がきちんとできていれば、肌のターンオーバーが促されゆらぎ肌が改善しやすくなります。毎日きちんと保湿をして、夜のスキンケアをするときはビタミンを補給することをおすすめします。

洗顔料の見直しをしよう

冬は乾燥気味の肌も夏場になると皮脂がたまりやすくなったりするので、ゆらぎ肌を改善するためにも、洗顔は季節ごとに変えるのが1番良いです。洗顔料は、以下3つのポイントで選ぶようにしてください。

・自分の肌質との相性
・洗い上がりの洗浄力
・使い勝手の良さ

毎日使用する洗顔料は使い勝手がよく、なおかつ肌に合っているものが1番です。洗顔した後に肌がつっぱらないかなどをチェックして、自分のはあDに合うものを選ぶようにしてください。洗顔をするときは、肌のうるおい成分が逃げないように手早く優しく洗いましょう。拭くときも肌への刺激が少なくなるように、ゴシゴシこすらずタオルで軽くおさえるようにするのがポイントです。

しっかり紫外線対策をする

紫外線は年中ありますが、3月~7月にかけて紫外線は急激に上昇します。そのため、春先から日焼け止めをぬったり日傘をさしたりして、きちんと紫外線対策を行う必要があります。

日焼け止めはSPFが高い方が効果的と思いがちですが、あまり高い値のものを選ぶと肌に普段がかかりゆらぎ肌の症状が強くなる可能性があるため、できれば紫外線吸収剤の入っていないものを選ぶことをおすすめします。
できることなら午前と午後で日焼け止めを塗り直すなどして、ケアをすれば肌への負担がを少なくすることができます。

ゆらぎ肌の原因を知り、きちんとした対処法で肌トラブルをなくそう

季節の変わり目に起こりやすいゆらぎ肌の原因は、さまざまであるということが分かって頂けたと思います。ゆらぎ肌の症状は一時的なものであることがほとんどなので、自分でできるケアも多いです。ちょっとした対策によってゆらぎ肌の原因をなくし、肌トラブルをなくすことができるかもしれません。肌のトラブルで悩んでいるのであれば、1度スキンケアを見直してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう