キスしたくなるプルプル唇をキープできる!乾燥の季節に合った対処法

寒い季節は肌も乾燥しやすいですが、唇もガサガサしたり、唇の皮がめくれたりしやすいです。唇の乾燥はなにが原因で起こるのか、寒い季節によくみられる原因とともに、唇を乾燥によるトラブルから守るおすすめの対処法についてご紹介します。

メイクがバッチリ決まっていても、唇がガサガサでは台無しです。

唇には皮脂腺がなく、皮膚のように乾燥を防いでくれる油膜がないため、皮膚よりも乾燥しやすいです。したがって、唇の乾燥を防ぎたいのであれば、スキンケア以上に対策する必要があります。

手軽な唇の乾燥予防にリップがありますが、使い方を間違えると唇を乾燥させてしまうことがあります。

潤った唇を保つ対策法とリップを使うときに注意点などを見ていきましょう。

唇の乾燥の原因

唇がガサガサしてしまう原因は一体なんなのでしょうか。主な原因としては次の4つがあげられます。

乾燥している環境や唇を乾燥させてしまいやすいクセ

寒い季節は湿度が低く、空気が乾燥しています。屋内でも暖房器具を使用することで湿度が低下しやすく、唇の潤いを保つのが難しい環境状態にあります。

唇が乾燥すると唇のカサカサをなんとかしようと思って“唇をなめる”人がいます。

唇をなめると唾液によって一時的に潤った状態になります。しかし、唾液が蒸発するときに唇の水分も一緒に蒸発させてしまうため、唇の乾燥を促してしまう可能性が高いです。

汚れや摩擦による刺激

唇に付着した口紅やリップクリームなどの汚れをしっかりと落としきれていないと、唇へ負担がかかった状態が続き、唇の荒れとなってストレスが表面化することがあります。

また、食事の際に唇に付着した汚れやリップメイクなどを落とすとき、ゴシゴシこすってしまう人が少なくありませんが、こすることで汚れが落ちても唇は摩擦によって唇が荒れてしまうことがあります。

体調不良や食生活の乱れ

唇は、内臓の影響により乾燥しやすいといわれています。

したがって、感冒や胃腸疾患などの体調不良だったり、肌によいとされるタンパク質などの栄養がしっかりと取れていなかったりすると、唇がカサつく原因となることがあります。

リップクリームは使い過ぎに注意

唇の潤いを守るためにリップを塗っているという人も多いですが、“リップを塗ってもカサついている”という人も多いのではないでしょうか。

リップクリームは乾燥を防げるが使用には注意が必要

リップクリームは、唇の乾燥を防ぐため、脂肪で膜を作って水分を閉じ込めて唇の潤いを保つものが一般的です。しかし、潤いをキープするため、さまざまな成分が含まれています。リップクリームを塗ることで乾燥を防ぐ効果は期待できますが、塗りすぎると化学的刺激を受けて唇が荒れてしまうことも少なくないため、使い過ぎには注意が必要です。

リップクリームを使うなら唇によい成分のものを使おう

いろいろなリップクリームがありますが、唇へのストレスを軽減しながら潤いも守りたいのであれば、保湿効果の高い成分を含有するリップクリームを選びましょう。

おすすめの成分は、保湿力が高いといわれている「カカオバター」や「シアバター」です。

唇が荒れ始めているのであれば、抗炎症作用のある「第三類医薬品」などの薬用リップクリームを使用して、唇の荒れを改善してから、保湿力の高いリップクリームに切り替えるようにしましょう。

唇の潤いはリップパックで守る

リップクリームを使いすぎないためにも、唇そのものの潤いを取り戻すことが大切です。唇の潤いをキープするのにおすすめなのが“ハチミツパック”。

ハチミツパックの方法

スプーン1杯程度のハチミツを、唇全体に薄く伸ばし、その上からラップをして5分から10分程度置いておくだけです。

ハチミツには、きれいな唇を保つのに欠かせないビタミンやミネラルといった成分が豊富です。パックすることでしっとり感のある唇を取り戻すことができます。

唇が柔らかくなっているお風呂上りのタイミングにパックするのがベストですが、難しい場合は、蒸しタオルで柔らかくしてもOKです。蒸しタオルは、濡らして絞ったタオルを電子レンジで30秒から1分程度温めるだけでできます。

マスクをつけることで保湿効果がアップ

寒い季節のお出掛けは、空気が乾燥した環境の中にいることが多く、唇は乾燥しやすいです。今すぐに唇の乾燥を防ぎたいというときは、マスクがおすすめです。

マスクをつけるだけで口周りの水分がマスク内に閉じ込められるため、唇の乾燥を防げ、保湿効果もアップします。

リップクリームを塗ってからマスクをつけるだけで、より効果的に唇の潤いをキープすることができるので、お出かけのタイミングやハチミツパックの後などはマスクをつけて効果的に唇をケアしましょう。

乾燥や刺激から唇を守って唇美人になろう

唇のカサつきは、リップパックを習慣化することで予防することができます。しかし、寒い季節は、空気の乾燥から唇を守ることも大切です。唇への刺激、健康に気をつけながら、リップクリームやマスクを使って、キスしたくなるようなうるおいある唇をキープしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう