米ぬかバームクレンジングの効果がすごい!くすみなどの肌トラブルが気になる人に

ふとガラスに映った自分の顔を見て、「なんだか肌がくすんでいる」「すごく疲れて見える」などギョッとしてしまった経験、ありませんか?

美肌に近づくためにはまずは正しいクレンジングが大切ですが、普段からしっかりやってもなかなか解決できない…なんてことも少なくありません。

その結果肌トラブルが改善せず、つい化粧が厚塗りになってしまい、メイクが落ちにくくなったり肌がゴワゴワになったり…という悪循環に陥ってしまいがちです。

そんな時の救世主として注目されているのが、ラジカルサイファーの『米ぬかバームクレンジング』。メイクだけでなくなんと肌のくすみまでオフしてくれる優れものなんです。

くすみの原因やクレンジングの方法、そして米ぬかバームクレンジングがどう有効なのかを紹介していくので、肌のくすみが気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

素肌に自信が持てない本当の原因!くすみの原因は何?

年々くすむ肌。

紫外線ケアもマッサージもしているのに改善されないくすみの原因は一体何なのでしょうか。

くすみの原因はメラニンや血行不良だけじゃない!

これまで肌のくすみの原因は、血行不良や紫外線でメラニンが増加することだと言われていました。

血行不良は青くくすんで見え、メラニン増加では黒くくすんで見えるようになります。しかし最近の研究で「ステイン」の蓄積も原因ということが判明したのです。

ステインの蓄積によるくすみは、肌が黄色くくすんで見えるのが特徴です。

ステインで肌がくすむってどういうこと?

テレビCMで放送されていたこともあり、「ステインは歯を黄ばませるもの」として知られていますが、そもそもステインとは何なのでしょうか。

そもそもステインって?

テレビでステインの名前は聞いたことがあるけど、一体何なのか知らないという方は意外とたくさんいます。

ステインとは
紫外線などの影響で黄ばんでしまったたんぱく質のことです。ステインは紫外線のほか、喫煙や過剰なストレスなどによって、細胞を老化させる活性酸素が増えてしまうことが原因とされています。活性酸素が肌を酸化させると、肌はどんどん黄色くくすんでいってしまうのです。

毎日の生活で蓄積され他ステインは肌トラブルの原因に!

ステインの原因は紫外線だけではなく、喫煙やストレスも原因の一つ。

喫煙と紫外線は気を付けることはできても、ストレスは自分ですぐにコントロールするのは難しいですよね。また加齢によって元々体内にある活性酸素を除去する酵素の数が減ってしまうため、ステインは加齢に伴って蓄積されやすくなるのです。

ステインは従来の美白化粧品で解決するのが実は難しく、毎日きちんとステインをリセットしないと、肌が酸化が進んで黄色くくすんでしまいます。

ステインを除去するためには?

それではステインをなくし、憧れの透明感ある素肌に近づくためにはどういったケアが必要なのでしょうか?

メイク汚れをしっかりオフできるクレンジングがマスト!

透明感のある肌になるためには、化粧水や美容液を買い込んでしまいそうですが、実はしっかりとしたクレンジングこそが美肌を作る第一歩なのです。

なぜなら、いくら高い美容液をつけたとしても、油分の多い化粧品がきちんと落ちずに肌に残っていると、美容液はしっかり浸透できないからです。

ステインには専用のケアが必要!

ステイン専用のケアで大切なのは、
1.肌にこびりついたステインを取り除きやすくして洗い流す。
2.ステインが再びできないよう防止する。

このの2つが重要になります。

ステインはたった一日でも蓄積されるので、毎日ケアしてステインを落とす必要がありますが、ステインはとても頑固で、普通の洗顔料や美白化粧品では十分に対処できません。

米ぬかバームクレンジングがステインに効果的?

そこでステインを退治してくれるのが、ラジカルサイファーの「米ぬかバームクレンジング」。特別なケアだとなんだか面倒な印象を受けるかもしれませんが、クレンジングと一緒なら毎日行うものなので手間は増えません。

また、頑固なステインを洗い流すと聞くと、なんだか洗浄力が強くで肌にやさしくないのでは?と思ってしまいそうですが、米ぬかバームクレンジングは肌にやさしい成分にこだわって商品を作っているので、メイクもステインもきれいに落ちるのに、洗い上がりがとてもしっとりなのです。

米ぬかバームクレンジングは、まるで美容液!

それでは米ぬかバームクレンジングがなぜおすすめなのか、成分などを具体的に見ていきましょう。

「米ぬかエキス」がステインをゆるめて洗い流す

ラジカルサイファーに含まれている注目の成分はなんといっても米ぬかです。

米ぬかは玄米を精米するときに出る外皮や胚のことで、掃除やぬか床だけでなく美容にも古くから使われてきました。

米ぬかは栄養の宝庫を言われるほどたくさんの栄養素が詰まっているのですが、美肌に効果があるものとしては、肌の代謝・再生を促すビタミンB1やB2、抗酸化作用をもつフェルラ酸やオレイン酸などが豊富に含まれています。

この米ぬかは肌になじむと、保湿成分が角質層をやわらかくするので、角質にこびりついたステインをゆるめて切り離しやすい状態にし、メイクと一緒に洗い流す力があるのです。

米ぬかのほかに配合されている有効成分

米ぬかバームクレンジングに配合されているのは米ぬかだけではなく、なんと計23種類もの美容液成分が含まれています。その割合は実に92%。

クレンジングなのにまるで美容液のようですね。米ぬか以外の主要成分は次の通りです。

フラーレン

フラーレンは抗酸化作用がとても強く、肌を老化させる活性酸素を除去する力を持っています。ビタミンCやEなども抗酸化成分があるとして知られていますが、フラーレンの特徴は抗酸化作用の強さが別格。さらに、ビタミンCなどは自身と身代わりに活性酸素を除去するのですが、フラーレンは身代わりになるのではなく活性酸素を取り込んで除去するので、ほかの抗酸化作用の持つ成分より長く働くのです。

スクワラン

スクワランは高い保湿作用があります。元々肌の中にある潤い物質なのですが、年齢を重ねるごとにその数は減少してしまい、乾燥や小じわなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。そのため、外から補充してあげる必要があります。

美肌効果はほかにもたっぷり

上記のほかにも、米ぬかバームクレンジングには美肌成分としてよく知られる、ロイヤルゼリーやコラーゲン、スーパーヒアルロン酸がたっぷり入っています。

ロイヤルゼリーはアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富で、肌のたるみやしわの改善に効果があります。コラーゲンは不足すると肌のターンオーバーが乱れますし、ヒアルロン酸の約2倍の吸水力があるといわれるスーパーヒアルロン酸は、肌なじみがよく肌のバリア機能を高める機能があるので、積極的に取りたい成分です。

使い心地はすっきりだけどしっとり!気になる口コミは?

バームって蜜ロウのようなイメージでしたが、こちらはどちらかというと、やや固めなクリームのよう。使ってみると温感が凄く、毛穴が開いて、毛穴の中からじゅわっと溶けだしてくるような印象です。アイメイクも綺麗さっぱり落ちてて、肌への刺激も全くなし。オイルのぬるっとした感覚もありません。使っているうちに目尻や下瞼のあたりがトーンアップしました。
http://ameblo.jp/anoncake/entry-12194838645.html

手に取るだけで、温かくとろけました。素肌の方が肌がワントーン明るく、そしてきれいに見えるような…洗い上がりもしっとりしていて、つっぱることはありませんでした。
http://ameblo.jp/saku-ran-man/entry-12194462580.html

「手に取ったときにあったかいのでびっくり。早くも温感効果を実感。メイクが1度でスッキリ落ちました。落ちの良さに驚き。優しくマッサージしてただけなのに簡単に落せたので、すごく良かったです。こんなに簡単に落とせるクレンジングに今まで出会ったことがないです。しかも洗い上がりしっとりで潤っている」
http://ameblo.jp/atamagawa-rui/entry-12186930810.html

どうやって使うの?

毎日のケアに

1、乾いた手に、バームを500円硬貨ほどの大きさにたっぷりとります。そのまま手のひらでバームを混ぜ合わせていくと、柔らかくなり肌なじみがよくなります。

2、バームがなじんで来たら顔全体に広げます。広げたら、30秒から1分ほど顔の中央から外側へ、また下から上に向かってくるくると円を描くように優しくマッサージし、メイクとなじませます。

3、メイク汚れが浮き上がってきたら、水となじませます。その後ぬるま湯で最低20回はしっかりすすいでください。

まとめ

これまでラジカルサイファーの米ぬかバームクレンジングの効果についてご紹介してきましたがいかがでしたか。

最近発見されたステインによる肌のくすみに、日本に古くから伝わる米ぬかがこんなにも効果があるなんて驚きですが、さらに肌を乾燥させないよう美容成分もたっぷり含まれているので、使い続けるとどんどん肌に透明感が戻ってきそうですね。

老け見えの原因であるステインをメイク汚れと一緒に洗い流して、若々しい肌を取り戻しましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう