美容オイルを使うなら知っておきたい!肌トラブルの原因となる油焼け

乾燥肌、オイリー肌、敏感肌…どんな肌質であっても使えると、スキンケアやボディケア、そしてヘアケアにまで幅広く取り入れられている美容オイル。最近では美容アイテムの1つとして美容オイルを愛用する人が増えています。良かれと思って日々のケアに取り入れた美容オイルが肌トラブルの原因だったとしたら…がっかりですよね。

美容オイルは肌を綺麗にしてくれる強い味方だと思っていますよね。ところが美容オイルも使い方を間違えると肌トラブルを起こす原因となる油焼けを起こしてしまうことを知っていましたか?

ここでは美容オイルを使うときに起こることもある油焼けについて、油焼けを起こしやすい具体的な美容オイルの種類、そして美容オイルを選ぶ時と使う際の注意点を紹介します。

油焼けとは肌につけた美容オイルが錆びるようなもの

油焼けとは肌につけた美容オイルが紫外線や太陽からの放射熱によって酸化されることをいいます。酸化とは外に放置しておいた鉄が徐々に茶色に変色していく錆びる過程で見られる反応です。

美容オイルによる油焼けの原因はオイルの中に含まれる不純物

油焼けが起きる主な原因はオイル中に含まれている不純物です。

精製技術が進んだ現代では不純物の含まれているオイルは大分少なくなりましたが、精製の過程でどうしても避けられない不純物を含んでいるオイルもまだありますので注意が必要です。

美容オイルによる油焼けは肌トラブルのもと

美容オイルの油焼けはいわば鉄が錆びるようなものでした。美容オイルをつけた肌の上でこの鉄錆び反応が起きることを想像してみれば、肌トラブルを引き起こすことも容易に想像できるでしょう。

油焼けは肌トラブルを招くことを知っておきたいです。

肌がくすむ

肌がくすむ原因は酸化した化粧品を肌につけていることでも起きます。

長時間肌に密着した状態の美容オイルが紫外線や太陽からの放射熱でじわじわと酸化していき茶色に変色していきます。まるで焦げたオイルを肌に密着させているようなもの。

クレンジングで落としきれない焦げや汚れが肌のくすみとなります。

色素沈着が起きる

さらに、間違った美容オイルの使い方をしていると肌がくすむだけでなく、汚れや角質が落ちにくくなります。

クレンジングの時に、一生懸命に肌に残ってしまった汚れや角質を落とそうと刺激することで皮膚を守ろうとする防御反応が働きます。

その結果、角質が少しずつ厚くなって色素沈着を起こしてしまいます。

美容オイル全てがダメなわけではない

美容オイルで油焼けをすることもあると聞くと「やっぱりオイルだから油焼けの心配があったのだ…」と思う人もいるでしょう。美容オイルの全てに油焼けの心配があるわけではありませんのでご安心ください。

美容オイルの油焼けには酸化しやすさが関係している

美容オイルは油焼けするオイル、油焼けしないオイルに区別できます。それはオイルそのものが酸化しやすいか、酸化しにくいかにもよります。

健康に良いといわれて人気を集めているオイルも含めてさまざまなオイルを見ていきましょう。

酸化しやすいオイル

健康に良いといわれるグレープシードオイル、化粧品や香水にも使われているローズウッドオイル、高保湿効果のある馬油、オメガ3が豊富なことで知られる亜麻仁油は酸化しやすいオイルです。

夜にスキンケアで使用した場合は、朝しっかり落としておきましょう。

酸化しにくいオイル

以前から、ヘアケアに使われる椿油、医療用としても利用されている純度の高いワセリンは酸化しにくいオイルです。

また、最近では注目を集めているココナッツオイル、手作り石鹸に使われるホホバオイル、アルガンオイル、スキンケア用品に含まれているシアバターなども酸化しにくいオイルです。

そのため、日中使い続けていても油焼けを気にする心配はないので、朝のスキンケアで安心して愛用していても問題ありません。

日焼け予防効果のあるオイル

酸化しにくいオイルでもあるココナッツオイルやホホバオイル、そしてアルガンオイルには抗酸化作用があることもわかっています。私たちの肌から出る皮脂も残念ながら酸化する油分の1つです。

ココナッツオイルやホホバオイル、そしてアルガンオイルはこの皮脂の酸化と日焼けの予防効果も期待できるオイルです。

美容オイルを選ぶ時と使う際に注意したいこと

美容オイルを使う時には肌トラブルの原因となる油焼けの心配があることがわかりました。では、美容オイルを選ぶ時にどんなことに注意を払い、使う際にどんな注意が必要かを紹介しましょう。

美容オイルを選ぶ時に注意したいこと

まず、オイルそのものが酸化しやすいもの、酸化しにくいものがあることを理解しましょう。そして、なるべく酸化しにくいオイルを使った美容オイルを選ぶようにしましょう。

もし、純度に違いがあるのであれば、なるべく純度の高いタイプの美容オイルを選びましょう。

美容オイルを使う際に注意したいこと

美容オイルの酸化しやすさは油焼けのしやすさでした。酸化しにくいオイルを使った美容オイルを使う事が最善ですが、気に入った美容オイルが酸化しやすい場合もあるでしょう。

酸化しやすいものは夜だけのケアに使用し、朝しっかり落とす、酸化しにくいものを朝や日中に使うといったように使い分けをしましょう。

美容オイルを使う時には美容オイルで起きる油焼けについて知っておこう!

肌も髪も体も綺麗にしてくれる女性には嬉しい美容効果の高い美容オイル。美容オイルを愛用する人なら知っておきたいのは酸化されやすいオイルは油焼けを起こし、肌トラブルを招く原因となることです。

しかし、美容オイルの全てが油焼けを起こすわけではありませんので、美容オイルの効果を最大限に生かすためにも普段使っている美容オイルが酸化されやすいかどうかをチェックしましょう。

そして、美容オイルを正しく選び、正しい使い方で日々のケアに取り入れていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう