結婚相手はこの人が良い!そう思ったのはどんな条件があったから?

結婚するということは、女性の人生にとってゴールでありスタートです。長く続く人生を共に過ごしたいと思う相手をどうやって結婚した女性は決めたのか、経済力や容姿以外にも決めてあるのか、じっくり探っていきましょう。

結婚は女性にとって人生の最大の転機と言っても過言ではありません。今まで過ごして来た環境がガラッと変わり、決別しなくてはならないことも増えてでも自分の人生を預ける相手をそんなに簡単には決められないですよね。

結婚する相手を決めるポイントや、きっかけは一体どんなものがあるのでしょう?これから結婚したいと願っている女性の参考になりそうなポイントを解説していきます。

結婚の最大の決め手はズバリ経済力!愛がなくても金があればどうにかなる

結婚する前は例え社会経験をたっぷり積んできた女性であっても、結婚さえしてしまえばその先の全ての幸せは約束されたも同然というイメージをしている方が大半です。

恋愛は結婚というゴールまでの過程であって、結婚すること自体を目標にしている女性も多くいることでしょう。しかしその考えで相手の男性の経済力を充分に把握せずに結婚してしまうと、経済的に困窮した時に結婚前の愛情は極限まで減少してしまいます。

愛情のない結婚生活も確かに問題はありますが、苦楽を共にすることを結婚する時に誓ったとはいえ経済的な「苦」の部分はやはりない方がありがたいのが女性としての率直な気持ちです。

また、男性が経済力が高いということはそれを得るために本人が充分に努力してきた今までの過去があるということです。経済力が高い男性自体にどこかしら抵抗を覚えている女性は、一度その視点を持って男性のことを見詰め直してみてはいかがでしょうか。

例外として本人の努力なしで、家庭環境によって経済力が優れている男性もいますが、その恵まれた家庭環境で育ってきたことこそがその男性の財産でもあるのです。むやみに経済力が高い男性を嫌煙するのは得策とは言えません。充分にその男性の人間性を見極めた上での経済力であればむしろ受け入れるべきでしょう。

結婚イコール生活!価値観が合うことを結婚の条件にするべき!

経済力も大切だと先程の項目でも述べましたが、それと匹敵する位に大切なのは物事に対する価値観の相違です。

結婚生活が新鮮で、毎日パートナーと一緒にいられる喜びをただただ感じることが出来るのは最初の数ヶ月から1年程で終わってしまいます。次第にお互いの存在が当たり前になっていくのです。

結婚生活が日常へと変化していった時に大切なのは物事への判断基準です。例えば食事の仕方、生活の時間の捉え方、買い物や外出の仕方、休日の過ごし方、子供が出来た時の教育方針、周囲の人との付き合い方など、それぞれはちょっとしたことでも判断基準があまりにも夫婦で合わないと段々とお互いに不満が積もり積もってしまい、次第にお互いの間に大きな隔たりが出来てしまいます。

恋人時代や、お見合いなどであれば結婚前のお付き合いの段階で出来るだけ2人で色々な経験を重ねて価値観のすり合わせを行っておきましょう。そうすることで、結婚後に現れる価値観のズレから来るいさかいを回避することが出来るはずです。

結婚生活に容姿は不要かと思いきや、思いがけない時にプラスに働く!

恋人時代において容姿は重要な基準でしたが、結婚生活に整った容姿は必要ないと考えている女性が多いです。しかしながら、やはり容姿が良いことは悪いことではありません。

例えば夫側に非のある喧嘩をしたいと顔も見たくないような状態になったとしても、夫の容姿が整っていて良い年の重ね方をしていた場合怒りは意外とすぐに鎮火していきます。好みのタイプの夫であるなら尚更、そうでない夫よりも生理的に嫌悪感が湧くということは少なくなります。

いくら容姿が良いイケメンの夫でも、性格があまりにも悪くDVや借金など最低最悪のタイプでは許容範囲は超えてしまいます。しかし少しの喧嘩や価値観の相違くらいであれば、まあ良いかと夫を許す気持ちになることが出来るので、容姿の良い夫もそう嫌悪しなくても良いでしょう。

ただし、容姿が整っている上に社交的な夫の場合、すぐに不倫など不誠実な行動に走ってしまう可能性も否めませんのでその点は常に注意が必要です。

結婚生活は若い頃には想定しきれないことが盛沢山!自分で納得した後悔のない選択を

結婚相手を決めるにあたり、お互いの両親や周囲の友人、職場の上司や先輩など様々な人が好き放題結婚を控えた女性にあれこれアドバイスをしてくると思います。

しかし実際に結婚をするのはあなた自身であり、まだ未知数の世界が結婚の先には待っているのです。条件に合う男性を選ぶと同時に、結婚というこれから先に続くどんな苦難も共に乗り越えようと思える相手を選ぶことが結婚相手にはどんなポイントよりも大切かもしれません。

どの選択をするにしても、自分自身で答えを出せば後悔は少ない結婚生活を歩めるはずです。目の前にいる男性と、結婚後の生活をイメージして良い選択が出来ることを願っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう