「保活」について徹底調査!「保活」は早めの準備が吉!

自治体は、待機児童問題について解決に向けて様々な対策を行っていますが、いまだ問題は解消されておらず、保育園入園は狭き門となっています。

子どもを保育園に預けて仕事復帰する予定だったママも、保活に苦戦し職場への復帰時期が延期なることや退職せざるを得なくなることも少なくありません。

希望通りの時期に、職場復帰するためには、早めに保活を始めることがおすすめ。
保育園の現状を知って、有利に保活をすすめましょう。

時折、ニュースなどで「保活」についての話題を目にする方も多いのではないでしょうか。
これから、ママになる予定があり、出産後早めに復帰したいと考えているなら、「保活」を避けて通ることはできません。

早い人は、妊娠中から保育園情報を収集するなど「保活」を始めています。出産後も働き続きたいと思っている方へ、「保活」を有利にすすめるための情報をお伝えします!

保活とは?

待機児童が多く、簡単に保育園に入園することができない自治体がほとんどです。

自治体も保育施設を増やしていますが、出産後も働き続けたいママは年々増えていますので、需要が供給に追い付いていません。

少しでも希望どおりに保育園に入園できるよう、住んでいる自治体の保育園情報を集めることや園への見学を行うことを保活といいます。

保育園に入園しやすい時期は?

一般的には、0歳の4月を希望すると保育園へ入園しやすいといわれています。4月は保育園の募集枠が1度リセットされますので、入園できる児童の数が多くなります。0歳の4月から保育園へ入園できるよう計画的に妊娠するママもいます。

保活はどのようなことをすればいいの?

①自分の家から通いやすい保育園をリサーチする

保育園には、認可保育園と無認可保育園があります。一般的には「認可保育園」では、設備や保育士の数など手厚い保育ができるような基準が設定されていますので、認可保育園を希望するママが多くなり、入園が難しくなっています。

無認可保育園のほうが入園させやすいため、一度、無認可保育園に入園させ、認可保育園の空きを待つママも多くいます。仕事復帰後、通園できる認可保育園、無認可保育園ともに情報を集めるようにしましょう。

住まいの近所で探すことが一般的ですが、近所の保育園がいっぱいで入園が難しそうな場合は、勤務先の近所で保育園を探す場合もあります。

②保育園の候補をしぼる

近所にある保育園の情報収集をしたら、自治体に申請するために、通園したい保育園の候補をしぼりましょう。そのためにはどのようなところをチェックすればいいのでしょうか?

自宅から通いやすいかどうか

仕事がある日は毎日、送迎が必要になりますので、できるだけ近所の保育園することをおすすめします。忘れ物をすることや子供が熱を出して、急なお迎えが必要な場合もありますので家から近ければ近いほど、ママの負担を軽くすることができます。

年齢、月齢はいつから預けることができるか

復帰する予定の職場によっては、早い月齢で子供を保育園に預ける必要がある場合もあります。生後何ヶ月から預けることができるか確認しておきましょう。

保育時間、延長保育は何時までか。

残業が必要な場合もあるでしょう。延長保育が何時までできるかを確認しておけば安心です。

保育園までの交通手段をどうするか

ママの交通手段が自転車になるか車になるか、もしくは電車、バスになるかによって通園できる保育園は違ってきます。どの交通手段を使えば保育園に通園できるか確認しておきましょう。

③保育園の見学へ行く

近所にある保育園がリストアップできたら、見学に行きましょう。待機児童が多く、入園できるかどうかも分からないから保育園を見学する必要がないと考えているママもいますが、見学することで子供の性格にあう保育園を見つけることができますし、その保育園のキャンセル待ちをしていれば、子供が入園できる可能性もあります。保育園を見学する際のどのようなところをチェックすればいいのでしょうか?

見学のアポイントをとるときの職員の対応はどうか?

見学のアポイントをとるとき、職員の対応が丁寧で親切であれば、その幼稚園全体がそのような対応を心掛けている可能性が高いです。

在園している子供はいきいきしているか

保育園にいる子供たちがのびのび楽しそうに活動しているのであれば、安心して子供を預けることができますよね。

先生の子供への対応はどうか?

保育園の先生が子供に丁寧な言葉で話し、笑顔で対応しているか。保育園にいる子供達が先生になついているか。楽しそうにのびのびしているかはチェックしておきましょう。

施設の室内の日当たりや風通しはどうか?

大人もそうですが、日当たりや風通しの良い施設であるほうが、居心地がいいです。子供が長時間過ごす場所ですので、それらの環境も整っているほうが望ましいですよね。

子供の病気にしっかりと対応してくれるか?

子供にアレルギーがある場合、食事になどに柔軟に対応してもらう必要があります。そのような場合でも、しっかりと対応してもらえるか確認しておきましょう。

④希望する保育園が決まれば自治体に申請する

保育園の情報収集や見学を行い、入園したい園が決まれば、自治体に申請します。申請時期は自治体によって違いますので、問い合わせするようにしましょう。

4月からの入園を希望している場合は、早めの時期にいっせいに募集することが多いので、その時期を逃さないように注意してください。

保活するなら、早めに情報収集しよう。

いまだ、待機児童問題は解消されておらず、保育園に入園させたくてもできないママがたくさんいます。できるだけ早く仕事に復帰したいと考えているなら、早めに情報収集をはじめましょう。生後すぐに保育園に入園させたいなら、0歳の4月がもっとも保育園に入園させやすい時期です。また、3歳の4月以降も保育園に入園しやすくなります。

希望する保育園に入園させることができない場合は、やむを得ず他の保育園に入園させることになるかもしれませんが、その場合は希望する保育園のキャンセル待ちをすることで、空きがでれば入園させることができます。あきらめずに保活をすることで、入園できる可能性は高くなります!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう