子ども部屋には、片付け習慣が身につく収納アイディアを取り入れよう!

子ども部屋は、たくさんのおもちゃで散らかりやすい場所ですが、収納しやすいしくみを取り入れることで、見た目がすっきりし、居心地のいい子ども部屋になります。また、子どもの成長に合わせて、自分で片付けがしやすい子ども部屋を用意してあげましょう。

@eriii.smileがシェアした投稿

子ども部屋は、たくさんのおもちゃで散らかりやすい場所です。お気に入りのおもちゃを上手に収納するスペースを確保して、子どもが楽しく過ごせる空間を作ってあげましょう。自分のおもちゃや衣類、学用品などを、自分で片付けができるような工夫を取り入れれば、さらに良い習慣も身につきます。子どもの成長段階に合わせた、楽しい子ども部屋づくりに参考になるアイディアを紹介します。

おもちゃ箱は、自分で片付けやすい工夫を

@s_5026がシェアした投稿

蓋つきのおもちゃ箱のメリットは、たくさん重ねて置けることです。不透明のものは、中身がわかりにくいというデメリットもありますが、箱の外側に、文字でなく、こんなイラストを貼り付けておきましょう。子どもでも一目で中身がわかり、使いやすくなりますね。

子どものコレクションは見せる収納で

yu-riさん(@yu_ri.h_3)がシェアした投稿

男の子はミニカーを集めるのが大好きですね。そんなカーマニアのために、ミニカーを美しくディスプレイできる棚を用意してあげましょう。サイズの違うものや、電車などの種類の違う乗り物も、見栄え良く並べることが楽しい遊びになりそうですね。

@kiyojiro3がシェアした投稿

子どもによって、おもちゃのコレクションもいろいろです。ウルトラマンや怪獣などのフィギュアは、壁に取り付けた棚にかっこよく飾ってあげましょう。眺めているだけでも、楽しくなりますね。大切なおもちゃも傷みにくくなりますよ。

本に親しみやすい収納方法を工夫

moeさん(@moks___dwe)がシェアした投稿

読書好きの子どもを育てるには、たくさんの本をいつでも手の届くところに置いてあげることが大切です。子どもの本棚は、取り出しやすいことが一番。目線の高さに見やすく並べましょう。仕切りを細かくつけておくと、本が倒れにくく、本の整理もしやすくなります。

あかねさん(@nagicyun)がシェアした投稿

子どもの絵本は、表紙もカラフルで、インテリアとしても楽しめるので、表紙を見せながらディスプレイするのがおすすめです。釘なしで壁に設置できるディアウォールなどのつっぱり柱を使えば、壁一面に絵本を並べることができますよ。

ぬいぐるみにも、居心地のいい場所を確保して

ikumi aokiさん(@ikutan193)がシェアした投稿

大小さまざまなぬいぐるみの収納も、悩みの種ですね。箱の中にぎゅうぎゅうに押し込めてしまうと、ちょっとかわいそうですが、ハンモックを利用して、仲良く並べてあげたら、部屋もすっきりと片付きます。ぬいぐるみたちもうれしそうですね。

@akane576がシェアした投稿

園芸用のワイヤーバスケットも、ぬいぐるみの収納にピッタリです。子どもの手の届く高さに取り付けてあげたら、自分で片付けることもできますね。ぬいぐるみだけでなく、かさばりがちで軽いおもちゃの収納は、壁面を上手に利用しましょう。

片付けにくい小学生のランドセルも、アィデア次第でスッキリ!

小学生になったら、大きなランドセルの収納スペースを確保してあげましょう。こちらは、ランドセルのサイズに合わせて作った収納ラックです。学校に持っていくサブバッグや体操着入れなども一緒にまとめて片付けられるので、自分の持ち物をしっかり管理する習慣が身につきます。

IKEAのコンパクトなワゴンがランドセルの収納にピッタリです。学用品などもまとめておくことができます。キャスター付きで、置く場所も選ばないので、子ども部屋を共有して使っている場合にも、使いやすそうですね。

子ども服収納の工夫で、毎日の服選びも自分で楽しく

【上と同じ】
https://www.instagram.com/p/BY_7olfn7Ol/

子ども服の収納プロセスで、なるべく省きたいのは、洗濯物をたたむ手間です。洗濯物が乾いたら、ハンガーごと収納ラックに掛け替えるシステムにすれば、家事のストレスが大きく軽減されます。子どもが自分で服を選ぶのも楽しくなります。こちらも、ディアウォールを使っているので、子どもの成長に合わせて、設置も、撤去も簡単にできます。

osaさん(@osamon.03)がシェアした投稿

限られた収納スペースに、子ども服をしまう場合は、コンパクトにたたんで、立てて収納するテクニックを取り入れましょう。重ねて収納すると、下になったものが見えなくなってしまい、袖を通す機会も減ってしまいますが、立てて収納すれば、すべての衣類に目が届き、全体を把握しやすくなります。

集中できる学習スペースもしっかり確保

Liebe.a.iさん(@a.s.h_ai)がシェアした投稿

兄弟で子ども部屋を共有する場合は、みんなで仲良く勉強できる学習スペースを作ってあげましょう。こちらは、それぞれの収納スペースも十分で、自分の空間を大切にしたくなりますね。ランドセルを椅子の下にしまう方法も、ぜひ取り入れたいアイディアです。

ayさん(@ayy.abs)がシェアした投稿

こちらの作り付けの机と棚は、十分なスペースが確保されていて、成長してからも、機能的に使えそうですね。机の正面と下部には、あえて何も設置していないので、すっきりした印象になっています。

居心地のいい子ども部屋づくりには、片付けやすい収納のしくみが必須です

@kiyo.1980がシェアした投稿

子ども部屋には、子どもが自分で片付けを楽しめるような工夫を取り入れることが大切です。機能的な収納空間があれば、自分のおもちゃや所有物を大切に扱い、管理する能力も身についていくはずです。子ども部屋が子どもの城となるように、子どもと一緒に、居心地のいい空間づくりを楽しみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう