目元のシワやたるみは女性の大敵!老けて見られる最大の原因をアイクリームで解消

いつまでも若々しくいたいというのは多くの女性の願いです。そんな女性の敵が目元のシワやたるみです。目元にシワやたるみは老け顔の大きな原因になってしまいます。そんな老け顔の原因となる目元のシワができる理由や改善方法をご紹介します。

老けて見られる原因のほとんどは、目元のシワやたるみと言われています。目元は人のイメージを大きく変えるので、目元にシワやたるみが多いと実年齢よりも老けて見えるようになってしまいます。皮膚が薄い目元は肌のトラブルが起こりやすいと言われていますが、どのような要因が原因で起こるのか知ってください。また、アイクリームを活用したシワやたるみの改善方法をご紹介していきます。

目元が年齢を表して老け顔にする要因

人間は目元に年齢が現れるといいます。しかし、どうして目元に注目されるのでしょうか。目元にシワやたるみ、くすみなどが出るとどうしても老けて見えるようになってしまいますが、もっと別の理由もあります。目元が年齢を表し、老け顔にしてしまう原因を説明するので見ていきましょう。

まぶたのたるみ

上まぶたがたるむと、まぶたが目にかぶさって目が下に落ちたように見えて老けてみえるようになります。まぶたがたるんで目の開きが小さくなることで、余計に老けてみえるようになってしまうのです。年齢を重ねるごとにたるみやすくなりますが、年齢が若くてもまぶたがたるめば老けてしまいます。どれだけアイメイクをしても、上まぶたがたれ下がっていると、アイメイクの効果は発揮されません。

目元のシワ

目元のシワが目立つようになると、見た目の年齢をあげるようになります。ですが、目元のシワによる影響はそれだけではありません。目元に細かいシワがたくさんできると、目元に受ける光を反射しなくなってしまいます。そうすると、目がキラキラする光が妨害されることになります。キラキラの光が妨害されると、目元だけでなく顔全体の印象が暗くなってしまい、よけいに老けてみえるようになってしまうのです。

目の周辺がよく動くことの影響

顔の中でも目の周辺というのは、まばたきをしたり、笑ったり泣いたりと、特に動きが多い部分になります。動かしていると筋肉を鍛えられそうなイメージがありますが、皮膚や筋肉を常に動かし続けていると、目に負担がかかります。そうなると、目の周辺の皮膚の老化が加速してしまい、どこよりも目の老化が早く進むことになります。

目元にシワやたるみができる原因とは

年齢とともに、目元にはさまざまな悩みが出てくるようになります。

・目尻のシワ
・目のしたのたるみ
・色素沈着によるくすみ

など目に関する悩みはさまざまで、細かい悩みを見れば悩みはもっと出てくるでしょう。目元は見た目の印象を左右する部分でとても目立つ部分なので、目元のトラブルが1番の悩みという人も少なくありません。では、どうして目元にばかりシワやたるみなどの肌トラブルが起こるのか、その原因について見ていきましょう。

保湿不足からくる目元の乾燥

皮膚というのは、皮脂を分泌して肌が乾燥するのを防いでいるのですが、目元には皮脂腺が存在しません。目元がよく乾燥するという人が多いのは、そのためです。シワの初期段階といわれているのは、浅く細かいシワですが、第一段階と呼べるシワは保湿不足による乾燥が原因であることがほとんどです。

つまり、保湿不足からくる目元の乾燥によってシワができるので、しっかりと潤いを与えることで回復します。乾燥によってシワができているかどうかを知るためには、お風呂上がりにシワがあるかどうか鏡でチェックしてみてください。水分で肌がふやけているお風呂上がりにシワがない場合、乾燥によって目元にシワができているということになります。

目元付近にあたる紫外線

目元付近は皮膚が薄く、とてもデリケートです。そんな目元付近に紫外線は大敵です。紫外線は、肌の奥まで届いて細胞を傷つけてしま作用があるので、目元に紫外線があたると肌の奥にある潤い成分で構成されている真皮層の細胞を傷つけてしまうことになります。

そうなると、目元のシワやしみが進行することになってしまいます。きちんと紫外線対策をしているかで、目元の年齢が大きく変わってくるので、普段から意識しておくことが大切です。

表情筋の衰え

先ほど説明したとおり、シワの1番の原因は乾燥と言われていますが、表情筋の衰えも目元のシワやたるみの原因になります。表情筋をあまり使っていない人には以下のような特徴があります。

・あまり感情を表に出さないため表情が乏しい

・デスクワークでずっと同じ場所を同じ表情で見ている

・スマホを長時間同じ体制で使うことが多い

思い当たることはないでしょうか?表情筋が衰えると、肌を支えることができなくなるためハリがなくなってシワがよりやすくなったり、肌を支えることができずにたるんでしまうようになります。現代人ならではの原因である目の疲れはパソコンの見過ぎやスマホの使いすぎなどによって起こります。ブルーライトによる眼球疲労は、シワやたるみを作る大きな要因のひとつであると言えます。

過剰なアイメイク

アイメイクをすることで、目をぱっちり大きく見せることができるので、アイメイクは多くの女性にとって欠かせないものです。目元がはっきりしていると華やかで可愛らしい印象を与えることができるため、出かける時などのアイメイクをする女性も多いでしょう。

しかし、過剰なアイメイクがシワやたるみの原因になってしまうことがあります。アイライナーやマスカラなどのアイメイクをきちんと落としきることができず、そのままにしていることで皮膚に負担がかかりシワやたるみができてしまいます。また、メイクを落とす時にクレンジングでこすり過ぎたり、洗い過ぎることで皮膚に必要な潤いまで取ってしまうことも原因です。

少しでも若く見られるためには目元のケアから

人の顔の印象は目元で大きく変わることから、目元にシミやたるみがあると老けている印象を与えてしまうことになります。しかし、目元をきちんとケアしておけば、若々しく見せることができるということです。少しでも若く見られるためには、目元のケアから始めることが大切です。目元をピンポイントでケアして、シミやたるみを改善するためにはどのようにすれば良いのでしょう。

目元のシワやたるみ解決のポイントはアイクリーム

目元のシワやたるみを改善するのに1番おすすめの方法は、アイクリームを使用することです。目元専用のクリームをぬることで、目元の悩みを解決することができます。目の周りは皮膚が薄く潤いも逃げやすいので、通常のお手入れだけでは潤いが足りないことが多いです。そこでデリケートな目元に合わせて作られたアイクリームが効果的になるわけです。

目元の悩みを本気で改善したいのであれば、アイクリームの活用がおすすめです。それに加えて洗顔するときに目元をこすり過ぎない、紫外線から目元を守る、スマホの見過ぎを控えるなど生活習慣上で気をつけなければならないことも大切です。

通常の美容クリームではなく目元専用のアイクリームが重要

潤いを与えるのであれば、美容クリームでも良いのでは?と思うかもしれませんが、美容クリームではなく「目元専用」ということが重要になります。目元専用のアイクリームは目の皮膚に合わせて作られているので、ぬることによって目元のハリを取り戻して下がった皮膚を再び支えることができるようになります。

ハリが戻れば、たるみだけでなくシワも自然と目立たなくなっていきます。これらはアイクリームだからこそ得られる効果です。目元のシワやたるみが気になるのであれば、まず目元の皮膚を厚くしてハリを取り戻すために、アイクリームをぬることから始めましょう。

アイクリームに含まれる成分も大切

目元専用のアイクリームをぬることで、シワやたるみの改善が期待できますが、きちんとした効果を得るために、アイクリームに含まれている成分をしっかりチェックするようにしてください。表面のシワであれば、保湿することで改善できますが、真皮にまで到達した深いシワやたるみの場合保湿するだけでは改善が難しいです。

そこで役立つのが目元専用のアイクリームですが、使用するときは有効な成分が含まれているものにしましょう。有効な成分としては

・ビタミンC誘導体
・レチノール
・フラーレン
・セラミド

などがあげられます。これらの成分が配合されているアイクリームを使用することで、さらに効果を高めることができます。

目元のシワやたるみを改善するためには、アイクリームが必要不可欠!

目元のシミやたるみは、見た目を老けさせる大きな原因になるということが分かって頂けたかと思います。若々しくいるためには、目元のケアが欠かせません。目元のハリを取り戻してシワやたるみを改善するためには、アイクリームが必要になるので、目元の肌トラブルに悩んでいるのであれば、1つは持っておくようにしましょう。年齢とともに深刻になってしまう目元の悩みをアイクリームで早めに改善しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう