歯間ブラシにはどんな効果があるの?使用したほうがいいその理由とは

歯間ブラシは本当に必要?そんな疑問がある方が多くいらっしゃると思います。ちょっとハードルが高いと感じるそんな方へ歯間ブラシにはどんな効果があり、どんな物があるのかなどをご紹介いたします。使いこなして健康な歯と歯茎を手に入れましょう!

オーラルケアで気になってはいるもののなかなかハードルが高いと感じるものの一つに「歯間ブラシ」があります。今やドラックストアや歯医者さんで見かける人は多いのではないでしょうか。歯科検診などでお医者さんは勧めてくれるけど、実際はどのタイミングでどれくらいの頻度使用するものなのかよくわからないのがこの歯間ブラシ。

今回は、歯間ブラシにはどんな効果があり、日常的にした方がよいのか?などの疑問を中心にご紹介いたします。使いこなせばいい事がいっぱいあるのでぜひマスターしてくださいね!

歯間ブラシってどんなもの?

みなさん歯ブラシは普段の歯磨きで使っていると思いますが、「歯間ブラシ」ってどんなものなのでしょう。歯間ブラシとは、歯と歯のすきまの歯垢を取ったり、歯茎のマッサージをしたりするブラシの事。

形状は大体歯ブラシよりも小さく、先の方にシリコンやワイヤーなどの先にブラシ状のものがあり、歯間へ挿入し掃除をするものです。そのサイズも色々で、歯と歯のすきまに合わせて7種類ほどが販売されています。

歯間ブラシにはどんな効果があるの?

歯間ブラシによってどんな効果が期待できるのか?気になりますよね。普通の歯磨きでは届きにくい歯と歯のすきまを掃除する事によって、次の効果が期待できます。

むし歯を予防する

食事後の歯磨きに歯間ブラシを併用することで、むし歯の元となる歯垢を落とす事ができ、むし歯の発生を少なくすることができます。

歯周病を予防する

歯垢が溜まる事によって引き起こされることが多い歯周病。歯周病菌は歯と歯の間にも溜まりやすくそこから歯周病が発生する事が多くあります。歯間ブラシを習慣づけることで歯茎を刺激し、さらには汚れも落とす事で歯周病の改善や予防ができます。

歯周病や虫歯は大切な歯を傷つけるだけじゃなく身体へも影響を及ぼすことも。

直接影響するとはあまり知られてはいませんが、妊婦さんには早産などの危険性や、心筋梗塞や糖尿病などの方にも歯の健康は身体の健康も脅かすことがあります。

歯間ブラシを活用して歯の健康を保つことによって身体の健康にもつながるというのですからやはり利用するのがおすすめです。

どれくらいの頻度で歯間ブラシを使うのが正解?

歯の健康を保つことに一役買ってくれる歯間ブラシ。いったいどのくらいの頻度で使うのがよいのでしょうか?歯医者さんや歯科衛生士さんなどのプロでさえその答えは色々。
一般的には毎日使用するのが望ましいと言われています。

ですが、食事の都度使用するのかというとそうではありません。朝やお昼休みの忙しいときにゴシゴシ使っても歯茎を傷つけてしまうだけなので、ゆっくりと歯間をケアできる夜などに使用するのが良いでしょう。

健康な歯茎を傷つけてしまうかも…使い過ぎには注意が必要

スッキリと汚れを落とし、爽快感のある歯間ブラシですが、使い過ぎは禁物。十分に歯垢は取れている状態なのに使い過ぎてしまうとどうなってしまうのでしょうか?

・かえって歯周病が悪化する

・過去に治療した歯が損傷する可能性

・歯根が削れてしまい歯全体の健康が損なわれる

上記は使い過ぎてしまった例ですが、歯茎への負担が大きい場合は腫れや細菌感染を引き起こす可能性があり、それによって歯周病が悪化する恐れがあります。また、過去に詰め物や被せものをしている歯の場合は破損などを起こしてしまう可能性があります。

さらにゴシゴシ使用することにより、歯根が削れてしまい歯がグラグラになってしまう事も!無理な力を入れて使用せず適切な方法で使用するのが望ましいでしょう。

たくさんある歯間ブラシはどんなものを選べばいいの?

歯間ブラシは歯医者さんだけではなくドラッグストアにもたくさんの種類が置いてありその数はとても多くて迷ってしまいます。では、いったいどんなものを選べばよいのでしょうか?それにはまず「歯科医師に相談する」のが一番でしょう。

その理由として、人それぞれ歯間の幅が違う為、適切な物を選ぶ為には歯科医師の意見が一番の近道だからです。安易に選んでサイズ違いの物を使っていては逆に歯周病などを引き起こしかねない事態になってしまいます。そうならない為にも歯科医師からアドバイスをもらい正しいサイズを教えてもらいましょう。

素材や形も色々なので最初はオススメの物を使い、慣れてきた頃に他の材質や形状のもを使用するとリスクは少なく済みます。

健康な歯や歯茎を守る為には歯間ブラシはおすすめ

歯の健康を守る為に一役買ってくれる歯間ブラシは使い方さえ間違わなければ、むし歯や歯周病から私達を守ってくれる心強い味方です。様々な種類が出回っている為、まずはかかりつけの歯医者さんへ相談し、購入するのが一番の近道です。

歯を大切にするのは、自分の身体をより健康へ導いてくれるといういもの。自分にぴったりの歯間ブラシを選んで健康な歯と長く暮らしてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう