大人だからこそ夢中になる!「登山」を趣味にするための準備

登山は今、大人を魅了する趣味として注目を集めています。登山を始めるなら、持ち物や服装の準備を徹底しましょう。また、事前に地図を見てルートをシュミレーションしたり、ウォーミングアップをすることも大切です。

大人の趣味として注目をあつめつつある「登山」。大自然の山を登っていくわけですから、しっかりとした準備が必要になります。でないと怪我をしたり、最悪命にかかわる危険が及ぶことも。

準備さえ整っていれば、登山は心身のリフレッシュに偉大な効果を発揮してくれます。いつでも万全な状態で自然を満喫できるように、服装や持ち物など、しっかり準備を整えていきましょう。

どんなものを持っていく?登山準備用の持ち物リスト

初心者にとって、登山は意外に厳しいものです。急に天気が変わることもありますし、慣れない道を歩くことで疲れも溜まります。

事前に持ち物を準備しておくと、登山中にどんなことがあっても対処できます。

登山用リュックの選び方

快適に山を登りやすいように、登山用のリュックは軽くて頑丈、尚且つ利便性に優れたものを選ぶ必要があります。

登山用リュックは通販などで買うよりも、できれば専門店に直接見に行って選んでください。背負ってみて、しっかり身体とフィットするのか、背負ったまま歩けるのか…登山のサポートになってくれる相棒を探してくださいね。

リュックによっては、登山中の腰や肩の疲れが大きく変わりますよ。

必要な持ち物リスト

リュックを用意したら、その中に必要なものを詰めていきましょう。登山にぜひ持って行って欲しいものは次の通りです。

レインウェア

急な雨天時に備えて必須になります。上下に分かれたレインコートがおすすめ。

リュックカバー

急な雨天時に、リュックを雨から守るためのものです。ゴミ袋などでも代用できます。

水筒

1リットル以上は飲み物の入る水筒を用意してください。手に持ちやすく飲みやすい形状が理想的。

行動食

登山中にエネルギー補給をするおやつのことです。

昼食

登頂などで食べる予定のお弁当のことです。

非常食

日持ちしやすい携帯食料などを用意しておきましょう。

コンパス

方向確認のために必須です。安物で構いません。

腕時計

防水のものにしましょう。デジタルが見やすくて良いですね。

携帯電話

GPSなどを使って地図確認をするのにとても便利です。

モバイルバッテリー

携帯電話で地図確認をする際には必須。

地図

登山のガイドブックなど…ルートの載っているものです。該当のページだけをコピーしてもOK。

大きさの違うビニール袋

緊急時に役に立ちます。大・中・小のビニール袋を何枚か持っておきましょう。

トイレットペーパー

ティッシュペーパーよりもトイレットペーパーの方が、量が多く取り出しやすくておすすめです。

薬類

怪我をしたときようの消毒薬や絆創膏、それから鎮痛剤などの常備薬を用意してください。

タオルや手ぬぐいを何枚か

濡れたときや怪我をしたときなどに便利です。

日焼け止めやかゆみ止め

紫外線対策や虫よけ対策、虫刺されなどに備えておきましょう。

予備のインナー

汗をかいたときなどに便利です。

ライト

懐中電灯でも良いですが、できれば両手が塞がらないヘッドランプがおすすめ。

持っておくと便利なものリスト

強制ではありませんが、次のものを用意しておくと登山が楽に進みます。

トレッキングポール

登山用の杖です。足場の悪い道で支えになってくれます。

ナイフ

非常用に便利です。料理などにも使えます。

ウエストポーチ

リュックとは別に、薬や行動食、薬類を入れておくとすぐ取り出せるため便利です。

身軽で安全な格好で!登山に行く服装をチェックしよう

山登りには少なからず危険が伴います。歩きやすく身動きの取りやすい格好で臨みましょう。

登山靴の選び方

足場の悪い山道を歩くとき、大切な存在になります。必ず試し履きをして、歩きやすそうなものを選びましょう。できれば専門店でトレッキングシューズを探してください。

新品の靴は登山の前日までにしっかり履きならしておきましょう。

登山に向かう基本の服装

登山に向かう日は、インナーからアウターまで登山用に揃えておきましょう。インナーは長袖で、速乾性の高い化学繊維のものがおすすめです。スポーツタイツを履いておくと足腰のサポーターになってくれますよ。

パンツは必ずズボン。できれば長ズボンが一般的です。インナーの上は、シャツやフリース、ダウンなどがおすすめ。

アウターにはレインウェアやダウンジャケット、マウンテンパーカーを用意してください。アウターは気温が低いときなど、外気から身体を守るときに使います。

サングラスや帽子があると心強い

サングラスは日差しだけではなく、雪の照り返しなどからも目を守ってくれます。帽子は風よけに便利ですね。暑い季節には紫外線対策にもなってくれますよ。

身に着けて行かなくても、帽子やサングラスは荷物の中に準備しておきましょう。

ルート確認など…登山の前日までにやっておくべきこと

持ち物や服装などのアイテムを準備したら、登山前日までに次のことをしておきましょう。

ルートを確認してシュミレーション

登る山やルートを決めたら、地図を見ながら一度しっかり脳内でシュミレーションしましょう。

どこに何があって、どのくらいの時間で着くのか…。シュミレーションするだけで当日の登山がスムーズになりますよ。

身体のウォーミングアップ

登山の日に急に体を動かしたせいで筋肉痛…なんてことにならないよう、前日までにウォーミングアップをしておきましょう。

登山の1週間~10日前にはウォーキングやランニング、身体のストレッチを習慣にしてみてください。

自然の中でストレスリセット!登山は心の整理に最適な大人の趣味

登山にはたくさんの準備が必要ですが、山を登ってみると「準備の甲斐があった」と必ず思えます。

大自然に囲まれながらのんびりと歩くことで、心が穏やかに落ち着くのが感じられます。そして目標地点にたどり着いたときには、達成感や爽快感で胸がいっぱいになるのです。

登山は抱えているストレスやモヤモヤをリセットする手段の一つです。大人の趣味として、ぜひ登山で気分転換をしてみてはいかがでしょうか?最初は小さくて緩やかな山を登るだけでも、気分がとっても良くなりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう