夕方の化粧崩れの主な3つの原因と朝できる化粧崩れを防ぐ3つの対処方法

自分では上手くごまかせていると思っていても、周囲に気づかれているのが化粧崩れ。顔がテカテカしているのも残念だけれども、ファンデーションが崩れて地肌が見え隠れしていたらがっかり・・・。地肌が案外汚かったら、周囲からの見る目も変わってしまいそうですね。

特に夕方の化粧崩れは疲れ顔や老け顔にも見られがちなので女性にとっては大きな悩みの種。化粧崩れは化粧の仕方に問題があると思われていますが、それだけではなく他にも根本的な原因があったのです。

ここでは特に夕方になると目立つ化粧崩れを起こしやすい原因と崩れにくい対処方法を紹介します。

化粧崩れの原因は『乾燥・皮脂・汗』です

化粧崩れしやすい原因はそもそも肌の状態にあったのです。肌の乾燥、皮脂の分泌、汗をかく、この3つが化粧崩れの主な原因です。

朝化粧をしてから夕方までの間に、この3つの要因が重なるので夕方になると化粧崩れしやすくなります。

原因1:乾燥

化粧崩れの根本的な原因は乾燥です。盲点と言っても過言ではないほど、意外な理由に驚く人もいるでしょう。

肌そのものの乾燥だけでなく、空調が効いている室内に長時間いる、空気が乾燥している、といった外部からの刺激で想像以上にさらに肌を乾燥させています。

原因2:皮脂

オイリー肌であれば皮脂の分泌が激しいので、化粧崩れしやすいというのも納得できるでしょう。しかし、オイリー肌の人だけが皮脂の分泌が激しいわけではありません。

肌が乾燥してくると、肌を保湿させようと皮脂が分泌してきます。肌の乾燥も皮脂を分泌させる要因なのです。

原因3:汗

夏以外はそれほど汗をかかないと思っている人も多いですが、寒暖差の変化を感じて汗ばむことも案外多いです。

特に、冬になると寒いところから急激に暖かい部屋に入った時、室内の空調が強い時には気づかぬうちにジワジワと汗ばんでいることもあります。

夕方の化粧崩れを防ぐための朝できる3つの対処方法

肌の状態だけでなく、朝のスキンケアやメイクの仕方で化粧崩れするタイミングが早い、崩れ方がドロドロと酷くなる場合もあります。

洗顔するときの水温やメイクするタイミングを見直すだけでも化粧崩れが軽減する場合もあります。

対処方法1:洗顔するときの水温を見直す

体温よりも高い温度の水で洗顔をすると肌に必要な油分も取り除いてしまうので肌が乾燥しやすくなります。肌の乾燥を防ぐためには、水か体温よりも低い30度程度のお湯で洗顔をすることがおすすめです。

対処方法2:顔の表面温度が高いまま化粧を始めない

お風呂に入った後やシャワーを浴びた後、または体がとても温まっている状態では顔も汗をかきやすく、皮脂も分泌されやすいです。この状態のまま化粧し始めると、一気に顔に汗をかきやすくなります。

下地をしても、下地が崩れかけている状態で化粧しているので、夕方の化粧崩れはかなり酷い状態になります。顔の表面温度だけ下げるように、顔を冷やすなど、クールダウンさせてから化粧を始めましょう。

対処方法3:保湿を十分行なう

肌が乾燥していると、防御反応として肌を保湿させようと皮脂が分泌されてきます。そして分泌された皮脂が化粧崩れを酷くします。

そもそも皮脂を必要以上に分泌させないためには、肌の保湿を日頃から十分に行なっておく意識が大切です。

化粧崩れを防ぐにはスキンケアと化粧選びが重要

肌のコンディションや朝のスキンケア、化粧し始めるタイミングの見直しなどの効果を高めるためにも日頃からのスキンケアが大切なことは言うまでもありません。

また、化粧品1つをとってみても化粧崩れしやすいか、化粧崩れしにくいかの違いが出てきます。

日頃のスキンケアで肌の調子を整えておく

化粧崩れの根本原因は肌の乾燥や皮脂でした。皮脂の分泌が激しいオイリー肌も肌の内部が乾燥しているインナードライの可能性が大きいことがわかっています。

日頃から肌の保湿を意識したスキンケアを行なうように心がけましょう。

化粧品選びは肌質に合わせたものをチョイスする

スキンケア用品だけでなく、化粧崩れを防ぐためには下地やファンデーションの役割も大きいです。

皮脂が分泌しやすい肌質であれば、油分を多く含んだ化粧品を避ける、乾燥が酷い場合は保湿効果のある化粧品を選ぶなど、肌質に合ったものを使うようにしましょう。

肌の調子を整えて化粧崩れをできるだけ防ごう

化粧崩れの根本的な原因は肌の乾燥でした。どんなに崩れにくい化粧品を選んでみても、朝の洗顔やメイクのタイミングを見直してみたところで、根本的な原因を解決しなければ夕方の化粧崩れの悩みからはなかなか解放されません。

それどころか、化粧崩れが酷くなる場合もあります。夕方の化粧崩れを防ぐためには、多少時間がかかったとしても日頃からのスキンケアが重要です。

まずは、ご自身の肌質をしっかり把握して、肌質に合ったスキンケアから始めるようにしてみましょう。

合わせて読みたい記事

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう