体に良いはずのヨーグルトが妊活には不向き?オススメ?どっちなの!

健康のためにヨーグルトを毎日の習慣にしている人も多いと思います。腸内環境を整えることで免疫力をアップさせたり生活習慣病の予防にもなるといわれ、牛乳が原料ですからカルシウムも豊富、妊活にも効果がありそうですよね。

ところが、妊活中はヨーグルトを食べてはダメという意見もあるようです。妊活中はヨーグルトを食べた方が良いのでしょうか、それとも避けた方が良いのでしょうか?双方の意見を見てみましょう。

おいしくヘルシーで、整腸作用があるヨーグルト。お通じが快調だと気分がすっきりしますし、免疫力もアップして体調もよくなります。美容や健康のために毎日の習慣として食べている方も多いのではないでしょうか。また牛乳が原料ですからカルシウムなども豊富で、不足しがちな栄養素を補ってくれる食材として妊活にも効果がありそうなイメージです。

しかし意外にも、妊活中はヨーグルトを控えたほうがいいという意見もあるのです。その理由は原料の牛乳に含まれる、ある要素が不妊をもたらすため―というもの。

栄養満点なのに妊活中は食べてはいけないのか混乱してしまいそうですが、今回は双方の意見を見ながら、どうしたらいいか考えていきましょう。

そもそも乳製品が不妊の原因になるという理由

体に良いイメージのあるヨーグルトは、なぜ妊活には不向きと言われているのでしょうか。ここではその原因について探ってみます。

原料となる牛乳に女性ホルモンが豊富に含まれている可能性が

牛乳は妊娠した牛から絞ったものです。そのため牛乳には高濃度の卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」が含まれています。実はこのエストロゲンとプロゲステロンは、人間の女性ホルモンとよく似ているのです。

エストロゲンは生理終盤から排卵までの間に特に多く分泌され、排卵を促したり、受精卵の着床を助けるために子宮内膜を厚くしたりする大事なホルモンです。そして妊娠すると、プロゲステロンとともにさらに増え、乳腺を発達させるなど出産に備えるのです。

そのため牛乳を大量に飲むとエストロゲンやプロゲステロンの分泌が増え、脳が妊娠中と勘違いする場合もあるのだそう。結果、排卵しにくくなったり基礎体温が乱れたりしてしまう可能性があるのです。

不妊症で治療を受ける女性の中には乳製品を止めるよう指示されたケースも

上記の理由から、医療機関の中には「生殖機能に異常はなく、規則正しい生活を送っているのに妊娠できない」といった原因不明の不妊への対策に、乳製品の摂取をストップしたり、なるべく控えるよう指導する事もあるようです。

乳製品はヨーグルトそのものだけでなく料理やお菓子などいろんなものに使われているので、絶つのはなかなか難しいですし、大好物という人にとっては過酷ですよね。

ヨーグルトを食べることでこんなメリットが

ここまでのご説明だけでは「やっぱり控えた方がいいのかな…」と思ってしまいそうですが、ヨーグルトは妊活中にぜひ摂りたい栄養が豊富に含まれているのです。

妊活にも必要な栄養素「カルシウム」「タンパク質」が豊富

ヨーグルトには、妊活時にとても大切なカルシウムとたんぱく質がたっぷり入っています。

カルシウムには正常な排卵を促すといった生殖器の健康維持や、赤ちゃんの骨の元となる働きがあります。赤ちゃんの骨はママの骨に蓄積されたカルシウムから作られます。

現代人はカルシウムがとても不足しているので、妊活時から積極的にカルシウムを摂って溜めておく必要があります。1日当たりの成人女性のカルシウム必要量650mgに対し、ヨーグルトは100gあたり約120mg含まれています。

たんぱく質は、健康な卵子や精子の育生にも不可欠。同様に赤ちゃんの脳や細胞を作るとても大切な役割をになっています。

たんぱく質の必要量は40mgで、ヨーグルトは100gあたり3~4mg。意外とそれほど豊富ではありませんが、ヨーグルトに含まれるたんぱく質の一部は乳酸発酵でアミノ酸まで分解されているので、実は吸収力が高いのです。

含まれている乳酸菌が腸内環境を整えることで妊活にも効果が

体の免疫システムの大部分を担うのは、実は大腸だということをご存知でしょうか。

便秘で大腸に老廃物がたまると、血行不良による冷え性を引き起こします。その結果、心臓などのように直接生命維持に関係しない子宮や卵巣は血流が後回しにされるため、ホルモンバランスの乱れといった悪影響が及ぶ可能性があるのです。そのため妊活時は体を温めるよう言われているのです。

乳酸菌は善玉菌の増加を助けたり、増えると便秘の原因となる悪玉菌を退治して体外に排出し、腸内をスッキリしてくれる働きがあります。そのため乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べることで腸内環境が向上し、免疫力アップや生活習慣病の防止も期待できるのです。

ここに注意すればヨーグルトは食べてもOK

やっぱりヨーグルトは健康にとても効果的。以下の点に注意すれば、妊活中も安心して食べられるので、ぜひ参考にしてください。

栄養バランスの良い食事にプラスし、過剰に摂取しないことが大切

ヨーグルトに限ったことではありませんが、体にいいからと言って特定の食品や栄養素を過剰摂取するのは体にとって逆効果です。例えばたんぱく質は過剰に摂ると、脂肪が蓄積し、分解する腎臓に負担をかけてしまいます。

ヨーグルトを大量に食べると、前半でお話しした原料の牛乳に含まれるホルモンが増加し、不妊に繋がる可能性もあるのです。一番大切なのは1日3食の規則正しいバランスの取れた食生活だということを忘れず、そこにプラスしてヨーグルトから栄養を補給する程度がベストなのです。

砂糖が入っているヨーグルトは体を冷やすので避ける

ヨーグルトは商品によって、砂糖が多く入っているものもあります。

糖分は体内で分解される時、ビタミンBやミネラルを消費するうえ、体温を下げる働きがあります。また糖分が高い食べ物を毎日のように食べると、高血糖状態になりホルモンバランスが乱れてしまう可能性もあるのです。

なのでヨーグルトを食べる際は、なるべくプレーンタイプのものを選ぶようにしましょう。

冷えが気になるならホットヨーグルトにして食べる

特に平熱が低い冷え性の方におススメな食べ方が、「ホットヨーグルト」にして食べる方法です。作り方はとても簡単なのでぜひ挑戦してみてくださいね。

<材料>
プレーンヨーグルト150g
お好みのドライフルーツ3、4粒
お好みでレモン汁

①耐熱皿にヨーグルトを入れて、トロトロになるまでスプーンでかき混ぜます。(このとき、お好みでレモン汁を数滴入れてください)

②ドライフルーツを少し細かくなるように包丁で刻み、ヨーグルトに入れます。

③600ワットの電子レンジで30~60秒チンします。

④電子レンジから出してドライフルーツを軽くつぶすようにしてかき混ぜて、完成です。

乳製品に不安があるならサプリメントを利用しても

乳酸菌、カルシウムを摂取したいならサプリを利用しても

乳酸菌は乳製品だけではなく、味噌や醤油、納豆、漬物にも豊富に含まれています。またカルシウムは、小松菜や小魚、納豆、ごまなどにもたっぷり入っています。

しかし体調不良や多忙でバランスの良いご飯が食べられないこともありますし、毎日一定量の発酵食品を摂るのはなかなか大変ですよね。そんなときはサプリメントを活用してみてください。最近では妊活中や妊婦中でも摂れるサプリメントもあるので安心して飲むことができます。

まとめ

これまで妊活中にヨーグルトを食べることに関する反対と賛成両方の意見をご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

1つ注意していただきたいのが、「ヨーグルトは食べると不妊になるんだ」と誤解しないことです。中には乳製品絶ちを進める産婦人科医もいますが、毎日ヨーグルトなどの乳製品を毎日食べていても、自然と赤ちゃんを授かるママもたくさんいるのです。

少しでも心配があるのなら、妊活中はきっぱり絶つというようにできればいいかもしれませんが、ヨーグルトが好きな方はたくさんいるはず。それをいやいや我慢するのはストレスになって余計体の毒になります。

あくまでも摂りすぎなければ問題ないので、今回この記事でご紹介した調理法や選び方をご参考にしていただいて、ストレスの少ない快適な妊活ライフが送れることを願っています。

このページ内容と関連した記事:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう