胸を大きく!注目される美乳へステップアップする美バストアップ術

胸を大きくしたいと考えるならどんな方法が良いのでしょうか?様々な方法がある中で自分の身体を知り、シーン別に効果的な事を実行することが大切です。今回は、比較的安価に実行できるバストアップ方法をご紹介いたします。

「胸を大きくしたい。」女性ならだれでも一度は考えるのではないでしょうか。女性の象徴とも言える「胸」で悩んでいる女性は結構多いですよね。世の中にはバストアップの為の方法が溢れています。でも、実際どれから試してみればよいのかわかりませんよね。

今回は、胸を大きくする為にはどうしたら良いのか。一体何がいいのかをご紹介いたします。自分好みの美バストを手に入れて女性らしいラインを手に入れてみませんか?

胸は一体どうすれば大きくなる?まずは自分の胸の構造を知る事が大切

胸に対してコンプレックスを抱いている人が本当に多くいますが、実際胸の構造を知っている人は少ないのでは?でも、胸の構造を知る事は胸が大きくできる事を知るという事に繋がっていくんです!

女性の胸の90%近くは脂肪で出来ている!

胸は一体どんな物で出来ているのでしょうか?実は胸というのは大胸筋、脂肪(乳腺)、クーパーじん帯というもので出来ています。この中で一番重要なのは女性ホルモンを活性化させて乳腺を増殖、発達させるという事。それが胸を大きくする基本的な方法です。

胸を大きくする方法って一体どれくらいの種類があるの?

「胸を大きく…」と思ってはみたものの実際にはどれだけの種類があるのでしょうか。あなたはどれだけの種類を知っていますか?

世の中に溢れている胸に効果的とされる種類を集めてみました。試してみたい方法はありますか?

・ピンポイントで効かせたい!サプリメントや食品で胸を大きく

・上を向いたバストが理想!胸に効果的なエクササイズ

・胸を大きくする成分が配合された美バストを目指せるクリーム

・寝ている間に定着させるバストアップが狙えるナイトブラ

・高額だけれど確実(?)な豊胸手術

じつに色々な種類の方法がありますね。みなさんが手軽にやりやすい比較的安価にできるバストアップの方法をご紹介いたします。

胸が小さいのは遺伝のせい?それだけじゃないヒミツとは?

「お母さんや親せきがみんな胸が小さいから私も胸が小さい。」まず身近の人を見て思う事がありますよね。ですが、本当に「遺伝だから」で諦めて良いのでしょうか?
答えはNO。胸というのは遺伝の他にも様々な理由があって小さいのかもしれませんよ。
その理由をいくつかご紹介いたします。

若いときの過剰なダイエット

成長期(およそ学生時代)は、子どもから大人への成長を遂げる大切な時期。でも、「ダイエット」にも目覚める時期でもあります。「食べなければ痩せる」や「〇〇だけ食べていればいい」など栄養バランスが崩れるような食生活をしていると女性ホルモンの分泌が上手にされず結果、胸の成長に支障をきたすこともあります。

乱れた生活習慣は女性の敵!

特に睡眠不足や不規則な生活はホルモンバランスが乱れ、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌を少なくしてしまうこともあります。この大切なホルモンが分泌されるのが22時~2時の間と言われていてそれが欠ける事によって胸だけじゃなく肌などにも影響してきます。

寝る姿勢も考える

胸は非常にやわらかい脂肪で出来ているのですが、練る時にブラを外してうつぶせ寝をしてしまうととんでもないことに!せっかく美しい胸に育ててもうつぶせ寝をする事で背中や肩へ脂肪が流れてしまう事があります。美しい形を保ちたいと願うならうつぶせ寝で寝るのは控えた方が良いでしょう。

憧れの大きな胸にしたいなら、生活のリズムに合わせて取り入れる

様々なバストアップ法がある中で注意して頂きたいのは、一つだけやっていれば美しいバストが手に入るという事。それならそもそも世の中にこんなにたくさんの方法は必要ありませんよね。ではどうしたら良いのでしょうか。

シーンに合わせたバストケアで集中してバストを成長させよう!

胸を大きくしたいなら、その方法を生活をする中で取り込んでいくのが賢い方法。では、どんな方法がいいのか?人によって様々ですが、シーン別でオススメの方法をご紹介いたします。

・一日3度の食事には、サプリメントやバストアップに効果があるとされる食物のものを取り入れる。

・エクササイズ(トレーニング時)には胸が垂れないように大胸筋などを鍛えるエクササイズやバストを刺激する動きを取り入れる。

・入浴時には胸を刺激するマッサージを取り入れ、バストアップに効果があるとされるクリームなどでケアをする。

・就寝時にはナイトブラを利用し、胸の靭帯を保護。寝る姿勢を考え早めに就寝する。

どこまで大きくしたいかはあなた次第

胸を大きくしたいサイズは個人によって様々。ほんの2~3カップという人も居れば、どこまでも大きくしたい人までそれぞれ目標は違います。ですが、あまり大きくしてもブラのサイズが無かったり、着たい服が着れなかったりとせっかく胸を大きくしても後悔する事になるかもしれません。

一度鏡の前に立ち、自分がどれくらいバストを増やせば良いのかを考える事が重要になってきます。一般的には、かわいい下着などが揃っているサイズというのはCカップ~Eカップくらいまで。それ以上大きくしたい方は服を買い替えなくてはならない危険が潜んでいる事を注意してくださいね。

自分好みに大きくしたらあとはひたすら維持を心掛けよう!

いかがでしたでしょうか。胸を大きくするには胸にある脂肪を増やす事が重要ですが、それ以外にもそれを維持する為の努力が最低限は必要という事がお分かりいただけたかと思います。

自分好みの胸を育てたらあとは維持するのみ!ぜひステキな美バストを育ててみてはいかがでしょうか。さらに自分に自信がもてるようになりますよ!

合わせて読みたい記事

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう