大きな模様替えはできなくても、小さいインテリアでお部屋をおしゃれに!

お部屋の模様替えをしたくても、予算、時間、環境の制約があると、気軽にできるものではありません。そんなときでも、小さなインテリアの工夫を取り入れることで、お部屋の雰囲気をセンスよく変えることができます。誰にでもできそうな実践例を紹介します。

インテリアの模様替えで、気分を一新したいと思っても、予算や時間が足りなくて、断念している人はいませんか。さまざまな制約があっても、アイディア次第で、センスのいいお部屋作りをすることができますよ。人気のアイテムをうまく取り入れたり、古いものを上手に活用したり、小さくても大きな効果をもたらすおしゃれなインテリアのアイディアを紹介しましょう。

壁に絵や写真をおしゃれに飾ろう

お部屋の壁をどんな風に演出するかは、インテリアの腕の見せどころです。まずは、お気に入りのアートを壁にディスプレイしましょう。小さなポストカードなどは、そのまま貼るのではなく、フレームに入れて飾ると存在感が出ます。フレームの色をそろえれば、さらに統一感も出ますね。

こちらは、大きさも色もバラバラの小さなアートですが、配置のしかたが絶妙で、素敵なインテリアになっています。壁の余白も上手に活かしていますね。住む人のセンスが伝わってきます。

ウォールステッカーで遊び心を演出

殺風景な白い壁に、大きなシャンデリアのウォールステッカーを貼っています。本物のシャンデリアは設置できなくても、十分ゴージャスな雰囲気が伝わります。ウォールステッカーは、貼ったり、はがしたりも簡単なので、手軽に模様替えができるのもうれしいですね。

ウォールステッカーは、たくさん貼りすぎると、ごちゃごちゃした雰囲気になり、逆効果です。このような小さなサイズでも、壁の一角にワンポイントとして使うと、目を引きますよ。こちらは、電気のスイッチとも、よくマッチしていて、センスの良さが伝わります。

小さなグリーンの存在で、爽やかなイメージに

フレッシュなグリーンも、インテリアには欠かせないアイテムです。最近大人気の、多肉植物をお部屋に飾ってみましょう。ぷっくりとした葉がかわいらしいので。数種類を組み合わせて寄せ植えにしたり、おしゃれなポットに植え替えたりすれば、オリジナリティも広がります。手入れも簡単なのがうれしいですね。

23さん(@fmkuemt)がシェアした投稿

海外でも人気の苔玉は、コロンとしたまん丸の形がかわいらしく、インテリアにも取り入れやすいグリーンです。和風のテイストですが、洋風のインテリアにも合いますよ。どことなく癒しが感じられ、空間が和やかな雰囲気になりますね。

Eri Koikeさん(@cocoschna)がシェアした投稿

シンプルな空き瓶を利用して、窓辺に小さなグリーンを並べましょう。アイビーの枝を挿しておくと、根が伸びてきて、水耕栽培が楽しめますよ。同じものを複数並べるのがポイントですね。キッチンには、ハーブを挿しておけば、お料理にも使えます。

ガラスの容器の中に、小さな世界を作るテラリウムも人気です。大きな庭がなくても、お部屋の中に憩いのオアシスが生まれます。テラリウムのガラス容器も、いろいろなデザインがあり、ガラスの透明感が、明るい空気を作ります。

お花もさりげなく飾って、華やかさをプラス

可憐なピンクのコスモス3本で、流れるラインを作っているアレンジです。シンプルな銀の花瓶は、1輪挿しとして重宝します。季節ごとに野に咲く小さな花を、さりげなく飾って、インテリアに季節感を取り入れましょう。

리유さん(@liu_art108)がシェアした投稿

おしゃれなデザインのガラスの空き瓶も、花瓶として活用しましょう。窓辺に飾ると、お花と一緒に花瓶も映えますね。お花が1 種類しかなくても、グリーンを添えれば、ボリューム感が出て、窓辺を華やかにしてくれます。

間接照明を上手に使って、リラックス効果を

インテリアに間接照明を取り入れると、お部屋全体がリラックス空間に変身します。ぼんやりとした光が、気持ちを鎮めて、疲れた心を癒してくれますよ。スリムな和紙のルームランプは、和室にも洋室にもマッチします。

フローリングの床に、ボールのような球状の間接照明を置いています。低い位置に光があると、さらに落ち着いた雰囲気になります。照明の穴から丸い光が漏れて、柔らかい陰影が広がり、幻想的なムードが楽しめますね。

クリップ式のスポットライトは、テーブルのふち、ベッドのフレーム、カーテンのレールなど、好きなところに簡単に取り付けることができます。角度も自由自在なので、多方向から、効果的にスポットを当てることができます。

アンティークのいすで、洗練された印象のお部屋に

雰囲気のいい家具を買いそろえたくても、予算が足りない!そんなときには、アンティークのいすを手に入れましょう。中古なら、リーズナブルで存在感のあるものが見つかります。部屋に1脚あるだけでも、個性的な雰囲気が生まれます。

いすは座るだけのものではありません。いすの上に本や雑誌をディスプレイしたり、帽子やストールなどをかけたり、洗練された雰囲気を演出するのも楽しいですね。こちらのいすは、籐編みの座面や、脚のデザインなど、ディテールも素敵ですね。

こちらは、フランス製の白いスツールです。ペンキの剥げかかった状態に、趣が感じられます。スツールといっても、高さはあまりないないので、お花を飾ったり、踏み台にしたり、もちろん、座って一休みしたり、いろいろな使い方ができて、とても実用的です。

大きなお金や時間をかけなくても、センスの良いインテリア空間はつくれます

A💫さん(@ansh007)がシェアした投稿

大がかりな模様替えには憧れますが、忙しい日常の中で計画・実施するのは、なかなか難しいことです。そんなときには、部分的な模様替えを取り入れるだけでも、お部屋の雰囲気はずいぶん変わります。ここで紹介した実践例は、手軽に挑戦できるものばかりですから、自分にできそうなところから取り入れて、素敵なインテリアをつくりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう