美肌は下準備が重要!クレンジングの正しい使い方をマスターしよう!

食事やサプリメントなどで身体の内側から美肌を目指していても、間違ったクレンジングの使い方をしていると肌トラブルにつながってしまいます。美肌を目指すなら、クレンジングの正しい使い方は最重要!クレンジングの正しい使い方を再確認していきましょう。

メイクを落とすとき、洗顔料だけですませていませんか?クレンジングは、洗顔料では落とせない汚れを落とすのに欠かせないスキンケアアイテムです。

クレンジングと洗顔料違いやクレンジングでやってしまいがちな間違った使い方と正しい使い方について見ていきましょう。

クレンジングの種類別のポイントについてもご紹介しているので、自分にあったクレンジング選びの参考にしてみてくださいね。

“油性”の汚れを落とすのがクレンジングの役割

メイクをした日はきちんとクレンジングでメイクを落としていますか?中には、「ナチュラルメイクで薄っすらしかメイクをしていないから…」という理由でクレンジングを使用せず、洗顔を入念にしているだけという人がいます。しかし、一般的な洗顔料とクレンジングは同じ汚れを落とすことが目的ですが“役割”が異なります。

洗顔料の役割は水性の汚れを落とすこと

比較的落としやすい汗やほこりなどの汚れが水性の汚れです。汗やほこりは、洗顔料で優しく顔を洗うだけで落とせます。しかし、油分が多い皮脂やメイク汚れは、水性の要素が強い洗顔料では落としきれません。汚れが落とせないとゴシゴシ洗いに繋がり、肌への摩擦によって肌荒れやシミといった肌トラブルを引き起こすきっかけとなってしまいます。

クレンジングの役割は油性の汚れを落とすこと

メイクや日焼け止めなどの汚れや皮脂、毛穴の汚れなどが油性の汚れです。特に、メイクアップ料には油分量が多く含まれています。水性の汚れを落とす役割の洗顔料では油性のメイク汚れが落としきれず、汚れが残った状態の肌の上に化粧水や乳液を塗っていくことになります。

汚れが肌に残った状態でスキンケアを行っても、美肌に有効とされる成分が十分に浸透されません。それどころか、肌に残ったままの油分が酸化してしまい、肌の老化のきっかけになってしまいます。

肌に有効な成分を浸透させたい人や肌の老化を防いで美肌をキープしたいのであれば、クレンジングで油性の汚れを落とすことが大事といえるでしょう。

クレンジングでやってしまいがちなことと正しい使い方

メイクや皮脂汚れなどの油性の汚れを落とすためにもクレンジングは欠かせないスキンケアのひとつです。しかし、使い方を間違えると肌トラブルの原因になってしまいます。

クレンジング時のマッサージはNG

クレンジングを肌になじませるとき、クルクルとマッサージをしながら塗っていませんか?油性の汚れを落とす力が強いクレンジングを使っているときに、マッサージをしてしまうと摩擦によってシミや黒ずみを誘発してしまう可能性があります。

マッサージをしていなくても、時間をかけてメイクを落としていると、肌の保護に必要な油分まで奪ってしまうことも…。クレンジング時は、マッサージや時間をかけたメイク落としは避けるのがベストです。

クレンジングの正しい使い方

「顔全体にクレンジングを塗って馴染ませ、汚れを浮かせて洗い流す」がクレンジングの正しい使い方で、時間をかけすぎず手早くクレンジングをなじませていくのがポイントです。

すすぎは、人肌程度の湯温のお湯で行います。水よりもお湯の方が油分を落としやすいためです。すすぎでは、なるべく回数は少なめにするのがポイント。オイルが残っている感じがすると、何度もすすぎをしてしまいがちですが、クレンジング後に洗顔をするのであれば、多少残っていても洗顔で落とせるため、すすぎのし過ぎで肌を痛めないよう心がけることも大切です。

クレンジングの種類と使うときのポイント

一口にクレンジングといっても、さまざまなタイプがあります。そこで、クレンジングの種類と使用時のポイントをご紹介します。

簡単にオフしやすいオイルタイプ

メイクにしっかりと馴染んでくれるオイルタイプ。両手を使って顔全体に塗っていきますが、垂れやすいタイプの場合は、顔全体の2分の1程度の量を手に取り、2回に分けてなじませていくのがポイントです。

ただ、オイルタイプは数多くあるクレンジングの中でも汚れを落とす力が強いため、乾燥肌や混合肌、敏感肌の人が使用する場合は週1~2回程度にするか、使用を控えるのが望ましいです。

肌あたりなめらかなジェルタイプ

クレンジング後にさっぱり感を感じやすいジェルタイプは、普通肌の人が使いやすいクレンジングです。指がスムーズに肌の上をすべるくらいの量が適量の目安です。

中指と薬指の腹を使い、優しく伸ばしていくのがきれいになじませるコツで、ジェルの色がメイクアップ料の色に変化したらジェルがなじんでいるといえるでしょう。

汚れがなじみやすいクリームタイプ

肌あたりはソフトなクリームタイプは、メイクなどの汚れにしっかり馴染んで落とすことができるため、乾燥肌や混合肌の肌質の人におすすめ。皮脂汚れがたまりやすい小鼻などは、ゆっくりと塗ってなじませるのがポイントです。

ふきとるタイプのクレンジングクリームは、ティッシュペーパーなどで押さえるようにしてふきましょう。ふくよりも吸い取るイメージです。

ナチュラルメイクにはローションタイプ

さっぱりとした感触のローションタイプ。コットンなどにクレンジングローションをしみこませて使用しますが、クレンジングローションが少ないとふき取るときに摩擦が起こりやすく、肌にストレスを与えてしまう可能性があります。

コットンの裏までしっかりとクレンジングローションがしみこんでいるのを確認してから使用するようにしましょう。

手軽さNo.1のシートタイプ

専用のコットンやシートにクレンジングローションをしみこませているシートタイプは、場所を選ばず、手軽にメイク汚れなどを落とすことができます。ゴシゴシとこすりながら拭かないことがポイントです。

スキンケアの基礎は正しいクレンジングから

高級な化粧水や乳液などを使っていても、肌に汚れが残っている状態では有効成分をしっかりと浸透させることができず、思ったほどの効果が期待できない可能性があります。

美肌のためのスキンケアを無駄にしたいためにも、クレンジングの目的を理解し、間違いを反面教師にしながら、クレンジングのタイプ別の使い方をマスターして美肌を目指しましょう。

合わせて読みたい記事

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう