プロポーズされたいあなたへ!彼氏に普段から結婚を意識させるには「○○」が重要!?

大好きな男性からプロポーズしてもらうのは、女性の憧れでもあります。でも、それをダイレクトに彼に伝えるのは恥ずかしいし、何だか言わせたみたいで憚られる…そんなあなたに、普段から彼氏に結婚を意識させるのに必要なポイントをご紹介していきます。

自分は彼と結婚したいと思っていても、彼がどう思っているかなかなか分からなくて困っている女性はいませんか。

もしかしたら、彼も「いつかは結婚も…」とは思っているかもしれませんが、プロポーズという具体的な行動に起こすにはなかなか勇気がいるものです。

プロポーズしてもらうには、あなたへの恋愛感情は勿論ですが、「この人と結婚しても大丈夫」という安心感を抱かせることが大切です。普段からこのことを意識して彼に接してみましょう。

胃袋を掴んで結婚後の食事面を安心させる

結婚すると、家事から逃れることはできません。その中でも、特に生活の満足度に関わってくるのは「ご飯(料理)」です。料理が下手なお嫁さんというのは、「メシマズ嫁」と、インターネット上で揶揄され、離婚問題にも発展するほどのものです。よほどの変わり者でなければ、「料理が上手な女性は嫌だ」と思う男性はいないはず。いくら容姿や性格が良くても、料理があまりにまずければ、「おや?」と男性は不安になってしまうかもしれません。

疲れて帰ってきたら、美味しい手料理が用意されていた。これだけでもホッとするものです。付き合っている期間や同棲しているかどうかにもよりますが、機会があれば積極的に手料理を振る舞い、「この人と結婚したら、ご飯には困らないな」と思わせることが結婚を意識させることにもつながるでしょう。

どうしても料理が苦手。どうすれば良い?

実家暮らしで料理をしたことがない。どうしても料理が苦手。そんな人は、一品でも良いから得意料理を作ってみませんか。最近では、「つくりおき」「時短」のレシピがはやっており、電子レンジだけで作れる料理もあります。難しそうに見える料理も案外簡単に作れますし、忙しい女性でも練習する時間が取れます。苦手意識にとらわれず、また最初から難しい料理を作ろうと欲張らずに、自分に作れそうな料理から覚えて彼に振る舞ってみましょう。

また、すでに自分の料理下手を彼が知っている場合、料理を勉強していることをそれとなくアピールしても良いでしょう。そして、彼に試食してもらうのも良いかもしれません。成長して料理が上手になっていく姿を見れば、それはそれで「自分のために頑張ってくれている」と感じて安心するのではないでしょうか。

「自分を分かってくれている」という気持ちを持たせる

結婚すると、毎日一緒に暮らすため、「相手がいても安らげるか」ということも大切になってきます。
あなたはついつい、自分の話や行動に夢中になって相手の話を聞いていない、ズケズケと相手にダメ出しするなんてことはありませんか。

一般的に、人間は自分の話を聞いてくれる人を悪く思いません。中には話を聞く方が好きであったり、口下手であったり、詮索されるのを好まない男性もいますが、いずれにせよ、発言や行動の一つ一つをくみ取り、「この人は自分を分かってくれる」という安心感を持たせることがポイントです。
日常生活での些細な会話も大事にし、彼の話に耳を傾けること、「あなたの話を聞きますよ。あなたのことを分かっていますよ」という姿勢が、安心感につながります。

彼の価値観を探りつつ、時には喧嘩も恐れない

「自分を分かってくれている」という気持ちの中には、「価値観を受け入れてもらえる」というのも含まれます。生きてきた環境が違うため、価値観が全て同じという訳にはいきません。彼の価値観を頭ごなしに否定してしまうと、結婚は結婚生活に不安を覚えてしまいます。そのためには、彼の価値観を知り、受け入れることも大切です。

彼がどんな人間なのか、どんなことが好き、あるいは嫌いなのか、どういうことをすれば喜んでくれるのかを知りましょう。

彼の価値観が分かれば、彼の喜ぶことができますし、嫌がることを回避できます。すると、「この人は自分のことを分かってくれている」という気持ちになります。そして、一緒にいることが心地よく、結婚しても良いかな、と思う判断材料になるでしょう。

逆にもし、彼の価値観を知るうちに、あなた自身がどうしても受け入れられないな、と思う部分が多かったり、苦痛に感じることが多ければ、本当に「好き」という気持ちだけで結婚して良いか立ち止まって考えましょう。

そして、必要であれば、一度本気で喧嘩して価値観をぶつけ合うことも必要ではないでしょうか。それで別れるようであればそれまでの関係だったのです。でも、もし、それを乗り越えることができれば、以前よりも絆が深まり、お互いを理解することができるはず。

うわべだけでなく、本気で向き合うことが「この人とは喧嘩しても、きっと大丈夫」という気持ちになり、結婚をより真剣に考えてくれるでしょう。

彼氏に普段から結婚を意識させるには「安心感」が重要

彼に普段から結婚を意識させるには、「この人と結婚しても大丈夫」という安心感を持たせることです。指輪を見に行くなどというアピールもありますが、彼がもしまだその気でなかったらかえって重く感じてしまうかもしれません。

上記に挙げたのは一例ではありますが、「手料理を食べてホッとする」「自分のことを分かってくれる」「喧嘩しても乗り越えられる」などの安心感を付き合っていく中ですり込んでいくことが、彼をプロポーズという具体的な行動に移させるきっかけになるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう