ひとりぼっちにならないで!マリッジブルーは誰かに共感してもらえれば楽になる

結婚を目前に控えている女性が何だか憂鬱そうにしている様子は頻繁に目にしますが、とても胸が痛む光景です。

もしあなたが今、マリッジブルーに陥ってしまっているのならそこから抜け出す方法を一緒に考えていきましょう。

マリッジブルーを隠さないで!誰にでも起こり得る自然なこと

結婚を控えた女性がマリッジブルーに陥ると、周囲に思われている幸せな花嫁のイメージを壊したくないからと誰にも相談出来ずにひとりで思い悩んでしまうことが多いと知っていましたか?

マリッジブルーは決してあなたの性格から生じるものではありません。性格が明るい人も物静かな人も、急に変わる環境に少し驚いているだけで、恥ずかしいからと周りにマリッジブルーになったことを隠さなくても良いのです。

マリッジブルーになってしまう意外な原因と予防方法

マリッジブルーになってしまう原因でよく言われているのが、環境の急激な変化に対応出来ないため、ということです。

結婚するということは、今まで親から受け継いで来た姓を捨て新しい名を持つということです。場合によっては住み慣れた土地を離れ、自分のテリトリー以外の場所にいきなり飛び込むということは当人以外が想像するよりも遥かに勇気のいることなのです。

小さな子供でも大人でも、人が慣れないことをしようとするとそれだけで神経を使い、繊細な人であればストレスが積み重なっていってしまいます。

人は今まで生きて来ただけで、数多くの困難に遭遇してきている筈です。結婚に関してだけマリッジブルーのような拒否するように心が反応するのはどうしてなのでしょう。

それは結婚というものに付き纏う面倒な手続きや付き合いに掛かって来る負担が女性側ばかりという現実が原因の1つなのです。

結婚前は、女性側も男性側も仕事を継続している場合が多いはずですが、男性側は何故か結婚式などの準備を女性側に任せきりにしてしまいがちです。

男性側の親族のことなのに、出欠確認や席の決め方などの話をしようとすると男性は不機嫌になったり面倒だからという態度を取りがちで、結婚の準備を通して仲違いをするカップルは珍しくありません。

男性が良く結婚の準備などに使う台詞に「好きにしていいよ」というものがありますが、これは女性に対して気を使って言ったつもりだとしても何の配慮にもなっていません。

完全に女性側に責任を丸投げして、あたかも結婚をどうでもいいと男性が思っているように聞こえてしまうのです。

自分がマリッジブルーに陥らないためにも、結婚前の男性の態度が気に障っていることを正直に相手に伝えてみましょう。

結婚生活というものは、どうしてもお互いに向き合わなくてはならない大切なことが増えてきます。結婚前の今だからこそ、相手との意見をすり合わすという手間を掛けて2人の仲を築き直す良い機会であるとも言えるでしょう。

マリッジブルーを周囲の人に正直に打ち明けてみれば意外と共感してくれる人は多い

マリッジブルーに陥った際に気を付けるべきなのは、その気分の落ち込みは長くは続かないということです。

気分が落ち込んでネガティブな思考回路になってしまっている時に、正常な判断は中々出来ません。この時期に勢いで婚約を破棄してしまうカップルも残念ながらいるのですが、その場合冒頭でお話した通り花嫁さんは周囲に相談することが出来ずひとりで悩みを抱え込んでいた、ということが多いのです。

全てが上手くいかないような気持ちになった時、励ますような言葉はただの凶器と化して心を抉るだけだと思っていませんか?

結婚はおめでたいものだから、否定的な言葉を口にするものじゃないと年配の両親等から叱責を受けたとしても、聞き流して大丈夫です。

夫になるべく新郎は、働く場所も姓も変わることなく大きな環境の変化はないのに花嫁だけは結婚前の数ヶ月目まぐるしく環境が変わるのです。

両親や姉妹にお世話を頼んで、自分たちで何も準備をせずに結婚した、というような方以外の女性は必ずマリッジブルーに陥った人の気持ちを多かれ少なかれ感じて来ているので共感してくれるはずです。

マリッジブルーから脱するためには、自信を回復させることが大切

マリッジブルーは、自分自身の時間をたっぷり取って、可能な職場であれば有給などで一度しっかり休暇を取ってリフレッシュ出来れば気分の落ち込みも回復するかもしれません。

結婚式だって、新生活の準備だって一度全て放り出してしっかり休んで自分が普段頑張っていることを認めてあげることが大切です

マリッジブルーになるということは、相手のことを真剣に考えているということ

これまでマリッジブルーになってしまう原因と、そこから抜け出す方法についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

もしあなたが、相手の男性に対して誠実ではなく、真剣に向き合っていなければマリッジブルーにはなりません。一生懸命、相手の男性とのこれからの生活のことを考えて悩んでいるから、マリッジブルーになってしまったのです。

これから2人で迎える日々の中で、色々な局面に出会います。その度に真剣に相手に向き合うこと、その気持ちを伝えることを忘れなければ、きっと薔薇色の結婚生活が待っていますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう