初めてのベビーカー。選ぶときのポイントとは?

ベビーカーにはたくさん種類があり、商品によって機能が違いますので、どのようなベビーカーを選べばいいかとても迷ってしまいますよね。

使いやすいベビーカーを選べば、赤ちゃんとの外出がさらに楽しいものになりますよ。ベビーカーを選ぶポイントについてお伝えします!

店頭には、たくさんの種類のベビーカーが売られていますので、いざ購入しようとすると、いろいろと目移りして迷ってしまいます。
ベビーカーはライフスタイルに合ったものを購入するようにしましょう。
使い勝手のいいベビーカーを選べば、子供との外出がぐんと楽しくなります!

ベビーカーの種類は?

A型ベビーカー

もっとも需要があるのがA型ベビーカーです。A型ベビーカーは生後1カ月頃から使用でき、2歳~4歳まで乗れるものなどがあります。作りがしっかりしていますので重いのがデメリットですが、安定感があり、安全に移動できます。

B型ベビーカー

生後7カ月頃から使用できます。軽量でコンパクトですので、持ち運びに便利です。
1人で座ることができる乳幼児を対象としたもので生後7か月以降使用できます。

バギー

B型ベビーカーよりも軽くコンパクトで、折りたたむととても小さくなります。3歳ころまで使用できます。自立しないものが多いので注意しましょう。

輪バギー

最近、日本で人気なのが海外製のベビーカー。形がダイナミックでかっこいいです。ただ、海外製品ですので、折り畳みしづらいものが多いです。場所もとりますので、電車やバスをよく利用する方には使用しづらい商品です。
改札が通れないほど大きなサイズもありますので、事前によく確認してから購入するようにしましょう

ライフスタイルに合ったベビーカーを選ぶためには?

移動手段が何であるか、次の出産を考えているかなどによって購入すべきベビーカーは変わってきます。おすすめのベビーカーは?

移動手段は電車やバス、2、3年以内に次の出産を考えている

移動手段が電車やバスの場合、ベビーカーは4歳頃まで使用すると考えた方がいいでしょう。歩くことが大好きで、ベビーカーにあまり乗りたがらない子供もいますが、4歳頃までは外出時に疲れて電車などで寝てしまうこともよくあります。そんなときにベビーカーを持っておけば、寝かせたまま移動できますので非常に便利です。
また、2,3歳差で第2子も考えているのであれば生後1か月頃から4歳まで使用できるA型ベビーカーがおすすめです。
2、3歳差で子供を産むと上の子が幼稚園のころまでは兄弟2人とも目が離せません。軽量のバギーも移動しやすくてとても便利なのですが、軽い分不安定です。
4歳ころまで使用できるA型ベビーカーであれば作りがしっかりしていますので、ちょっとやそっとでは倒れることはありません。未就学児2人を連れて外出することは本当に大変です。
どうしても片方の子供を集中的に見ておかないといけない場面がでてきます。そのときに、A型ベビーカーの安全ベルトをしっかりしめて乗せておけば、ある程度安全性を保たれることはすごく助かります。

移動段は電車、バス。次の出産を予定していない

移動手段は公共機関で、次の出産を予定していないのであれば、生後半年まではだっこ紐で、それ以降はバギーかB型ベビーカーを使用することがおすすめです。
電車やバスが混雑している場合に軽量のバギーやB型ベビーカーであれば、赤ちゃんを片手で抱いて、もう片方の手で折りたたみして持つことができます。
A型ベビーカーは価格が高めですので、経済的なメリットもあります。

移動手段が車

移動手段が車の場合は、ベビーカーを使用しないまま子育てをする方もいます。子供との遊び場所がショッピングモールのキッズスペースや児童館であれば、ベビーカーがなくても大丈夫ですよね。
ただ、移動手段が車でも大きな公園に行くことや旅行が好きな方であればベビーカーがあるととても便利です。使用頻度がそれほど多くありませんので、バギーやB型ベビーカーの購入がおすすめです。

その他の注意点

折りたたみした場合、自立できるか

外出時、レストランや友人宅などのおでかけ先で、ベビーカーを折りたたむ機会はよくあります。その場合、自立してくれるもののほうがあまり場所をとりませんので便利です。
ベビーカーを使う頻度が多い方は自立できるものがおすすめです。

汚れが目立ちにくい色

長期間使用するものですので、あまり汚れが目立たないカラーのほうが安心して使用できます。

予算にあったベビーカーを選ぶ

大切な赤ちゃんを乗せるベビーカーですので、奮発してしまいたいところですが、価格が高いから良いというものでもありません。価格が安いものでも、品質の良いベビーカーはたくさんあります。

全性を確保することが第一条件!

さまざまなタイプのベビーカーがありますので、使い勝手の良い気に入ったベビーカーを選ぶことが大切ですが、それよりも大切なことは安全性です。
赤ちゃんの体は本当にやわらかく、ベビーカーが原因で頭部骨折した例もあります。安全性が保障されていて月齢にあったものを必ず使用するようにしてください。
安全性を満たしたうえで、ライフスタイルにあったベビーカーを選ぶようにしましょう。気に入ったベビーカーが見つかれば、赤ちゃんといろいろな場所へお出かけしたくなりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう