難しく考えない!シンプルに考えれば人生はうまくいく!シンプルシンキングのコツ

「よく考えて行動しなさい!」と子供のころ、よく言われませんでしたか?でもよく考えて行動した結果はどうだったでしょう?目の前で起こったことをじっくりあれこれ考えて、大丈夫だと確信が持ててから動いてみたら…。結果的にチャンスを逃してしまったり、タイミングが合わなくなってしまったり。「あの時行動していれば…」と後悔することはなかったでしょうか。チャンスをつかむ、難しく考えないシンプル思考のコツをご紹介します。

よく考えることは大切なことですが、考えすぎると不安が積み重なって動けなくなってしまうということはありませんか?そんな状態になってしまっては元も子もありません。自分を追い詰める思考ではなく、シンプルに考えるコツをご紹介します。

シンプルに考えるなら直感を磨こう

シンプル思考にするためには、いろいろな方法があります。中でも最もお手軽でお金のかからない方法があります。それは自分の直感を活用することです。直感なんて何の根拠もないものを当てにするのはちょっと…と思うかもしれませんね。確かに直感な何の根拠もない、根も葉もない、得体のしれないものかもしれません。でも私たちは誰もが直感をフル活用して生きていた頃がありました。それは子供時代です。

「よく考えて行動しなさい」の罠

「難しく考えない」の反対は「よく考えること」です。「よく考えること」は思慮深いことでもありますので、良いことです。でも子供のころ、だれもが親や先生にに「よく考えて行動しなさい」と言われていたと思います。子供って深く考えずにやってみてから失敗したりしますよね。そんな失敗をしたとき、叱るタイプの親と、挑戦したことをほめる親がいます。大抵の親は失敗させたくないから先回りしてあれこれやってあげたり、「よく考えて行動しなさい」と言い聞かせます。この言いつけを守る子は用心深く、思慮深いので親や先生の印象はとてもいいです。いつもよく考えてから行動できるので、自分の行動にも理由をつけて説明することができますし、うまく人生を生きていくことができるでしょう。しかし、予想外のことが起こった場合、このタイプはパニックになりがち。柔軟性がなかったりします。それで一生懸命考えて考えて、無理やり結論を出します。

直感は子供の頃がいちばん冴えてる

よく考えない人はどうやって考えて決めているのでしょうか。よく考えて行動しないで育ったタイプは、基本的に直感やフィーリングで考えて決めていきます。レストランなどでも数秒でメニューを決めます。学校では先生に怒られやすかったかもしれませんね。しかし子供のころにこの感覚をフルに使って生きていると、どういう感覚の時にうまくいくか子供のころに学習していることになります。大人になる頃には自分の思考に確固たるものになっており、ますますシンプルな思考経路になっています。よく考えているように見えないけど、いつも最善の決断をできるようになるのです。だから本当はあまり子供に「よく考えなさい」を言いすぎるとこの感覚を押し殺してしまうことになります。

私たちは大人になるにつけ、「よく考えること」が当たり前になり、直感を使う感覚を忘れていくのです。しかし、直感は誰もが平等に持ち合わせているのです。そして大人になった今、その感覚はどこに行ってしまったのでしょうか。もう消えてしまったのでしょうか。いいえ、ただ眠っているのです。使っていないだけで、今もあなたの中にあります。埃をかぶったままずっとすぐそこにあるのです。ではその直感をまた昔のように使うようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。

大人がこれから直感を磨くためには

直感はこれからも磨けます。直感を磨いてシンプル思考を手に入れましょう。

シンプル思考のために“直感を磨くセミナー”を受ける?

世間を見渡してみればどこかの“直感を磨くセミナー”やスピリチュアルな講座を受けて直観力を開花させる…などというモノもあります。でもそれらは効果は未知数、かつ返金はありません。しかも大概のものがかなり高額なのです。お金と時間に余裕がある方は良いかもしれませんが、そうでない方にはおススメできません。

直感を磨く方法は基本的に筋トレと同じ。

何か決めなければいけない時、自分の意見を言わなければいけない時、いろんな場面で自分の感覚に耳を澄ますのです。不快な感じがするのか、良い感じがするのかだけを感じることに集中してみるのです。最初はその方法すらわからないかもしれません。でもいいのです。ひたすら挑戦してみることです。そしてその結果がどうだったのかまで見ることを忘れずに。どのような感覚の時は合っているのか、望む結果が得られたのかを記録していくのです。少し手間がかかるかもしれませんが、この直感を再び手にすることはあなたの人生をより生きやすくしてくれます。手間をかける価値のあることです。肝心なのはあきらめないこと。トライ&エラーを重ねながら自分の直感を取り戻すのです。他ならない自分自身のことに精一杯手をかけてあげましょう。

欲しい結果を鮮明にイメージする

もう一つおすすめなのは、自分が心から満足する欲しいものを鮮明にイメージすることです。そしてその状態があたかも現実になったかのように感じてみることです。そのあとは「やってみたいな」と思ったこと、「これはいいな」と感じたことをどんどん行動してくことです。この過程でも直感を磨くことになります。やってみた結果をちゃんと観察するのです。これ目に見えない世界の話になりますが、顕在意識で目標を明確に決めたら後は潜在意識が必要なものをどんどん運んでくるので、それを迷わず受け取って行動し続けるといいという話もあります。

終わりに~トライ&エラーで直感を磨いてシンプルシンキング

誰もが持つ直観を磨くためにはトライ&エラーを繰り返すことがおすすめです。時間はかかりますが、高額なお金もりません。それに短時間で簡単に手に入れたものは、使えなくなるのもまた早いのです。着実に練習を積み重ねて自分だけの直感を手に入れてシンプル思考を手にしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう