生活感を消してシンプルでスタイリッシュな部屋を作ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンプルでスタイリッシュな部屋作りのためには、目障りなモノを視界からなくしてしまうことと、インテリアに統一感を出すこととが重要です。生活感をうまく消して、すっきりと落ち着いた空間にするための工夫を5つまとめました。

スタイリッシュな部屋作りを目指すなら、シンプルにインテリアをまとめるテクニックが必要です。生活感を一掃し、見た目もすっきりとした雰囲気にするために押さえたいポイントを5つまとめました。基本は、引き算の発想です。生活感が漂うような目障りなモノを視界に入れない工夫をすることで、落ち着きのある空間が生まれます。

生活感のないシンプルな部屋5選

1.モノを極力少なくする

シンプルな部屋を作るためには、まずモノを減らすことです。生活に必要なモノをよく見極めて、部屋に置く家具や雑貨は、必要最小限に抑えましょう。

たとえば、リビングルームに必要な家具は、ソファーとテーブルです。この2点があれば、リビングルームとしての機能が果たせるわけですので、それ以外はなくしてしまいましょう。大胆に無駄なモノを切り捨てれば、それだけですっきりとした印象になります。

リビングルームには、インテリアとして、いろいろなモノを飾りたくなることもありますが、あれもこれもと欲張ってしまうと、雑然とした雰囲気になり、インテリアとしては逆効果です。引き算の発想で、壁と床の余白を生かすことで、すっきりと垢抜けた印象が生まれます。

また、家の中でも、キッチンはモノがあふれやすい場所です。食器棚にほとんど使うことがない食器類が押し込まれていませんか。キッチンの収納スペースを、使わないモノで満たしてしまうと、そこに収まらない普段使いの食器や道具がキッチンを侵害し、散らかった印象のキッチンになってしまいがちです。

リビングルームやキッチンだけでなく、家の中全体に、無駄なモノがないかを、時々点検するようにするといいですね。自分の生活に必要かどうかを見極める目を養い、普段から、いらないモノは家の中に持ち込まないようにする心がけも必要です。

2.白をベースにしたインテリア

視覚的に部屋をすっきりと見せるコツは、インテリアの基調色を白にすることです。白い色は、精神的にも落ち着いた印象を与えてくれるので、リラックスした空間を作ることができます。また、どんな色とも調和し、飽きがこないことも重要なポイントです。

部屋の中で最も大きな面積を占めているのが壁です。壁と天井には白い色を選びましょう。白い壁をベースにすれば、どんなインテリアもシンプルにまとまります。窓のカーテンやブラインドも、大きな面積を占めるので、壁の色になじむものを取り入れるようにしましょう。

ソファーやテーブル、キャビネットなどの大きな家具も、淡いトーンでおさえると、部屋全体が明るく落ち着いた雰囲気になります。淡い色だけでは、退屈なイメージになりがちですが、そこにアクセントとなる差し色を、クッションや雑貨で加えると、シンプルさの中にスタイリッシュな雰囲気が生まれます。

3.家具や雑貨に統一感を

部屋のインテリアを整えるときには、家具や雑貨の色調をそろえるようにしましょう。また、素材感も統一感が出るように心がけましょう。

たとえば、リビングルームのキャビネットやテーブルなどの大きい家具を選ぶ際には、同系色や同素材でそろえましょう。ダイニングキッチンも繋がっている場合は、全体のバランスも考えましょう。

シンプルな印象を求めるなら、家具も白を基調にするのが基本です。黒やダークブラウンなど、濃い色取り入れると、重厚感のある印象になりますが、圧迫感も強くなりますので、注意しましょう。

ダイニングセットは、木のぬくもりのあるものが人気ですが、木製ならなんでもいいというわけではありません。床材とのバランスや、ほかの家具との色を合わせるようにするといいですね。頭の中の印象だけで選んでしまうと、実際に組み合わせたときに、しっくりとこないこともありますので、慎重に選びましょう。

部屋をスタイリッシュに演出する雑貨類も、部屋全体に統一感が得られるものを選びましょう。シンプルモダン、カントリー調、レトロクラシックなど、テーマを決めて全体の雰囲気をまとめるようにするといいですね。

4.徹底した隠す収納

家の中に生活感が漂ってしまう原因は、部屋に目障りなモノがあふれていることです。散らかった雰囲気を消すためには、視界から目障りなモノを消してしまうことが、最も効果的です。床の上にモノをおきっぱなしにしたり、テーブルや棚の上にモノを放置したりしない心がけが必要です。

たとえば、部屋をきれいに片付けたつもりでも、テレビのリモコンやティシュの箱、ゴミ箱などがむきだしになっていると、それだけで生活感がにじみ出てしまいます。すぐに手に届くところに置いておきたいモノでも、目に見えない収納の中に収めてしまいましょう。

その収納エリアも、できれば扉がしまる収納棚が理想的です。見せる収納や、収納家具にカゴや箱を組み合わせた収納も、機能面では優れていますが、見た目の印象は美しいとは言えません。

また、収納空間は、モノの定位置をきちんと決めておきましょう。さらに、すきまなく詰め込むことを避け、7〜8割で納めるようにしておくようにすることで、ストレスなく片付けをすることができます。

5.こまめな掃除で清潔感をキープ

インテリアにこだわった部屋は素敵ですが、汚れやほこりが目についたとたん、印象が変わってしまいます。生活感のないおしゃれな部屋をキープするには、こまめな掃除が欠かせません。

床は、毎日掃除機をかけ、時々ワックスをかけてツヤ出しをすれば、清潔感が漂います。テーブルや棚の上はもちろん、インテリア小物などにも、ほこりがたまりがちなので、マイクロファイバーなどの掃除グッズを活用して、ていねいにふき取るようにするといいですね。

また、窓ガラスの掃除も定期的に行うようにしましょう。窓が汚れていると、部屋全体の清潔感が失われ、部屋に差し込む光もぼやけてしまいます。同様に、室内の手垢がついて汚れやすい棚のガラス戸なども、ピカピカに磨いておくようにしたいものです。

無駄なモノがあふれている部屋は、掃除に取り掛かるのも億劫になりがちです。しかし、シンプルな部屋は、掃除もしやすくなるので、こまめに掃除をする習慣も身につきます。いい相乗効果が生まれ、いつもきれいな空間が保てるはずです。

まとめ

生活感のないスタイリッシュな部屋作りは憧れですが、忙しい日常生活の中で、きちんと整えておくのは大変なことです。しかし、ここで紹介したポイントをおさえて、モノを減らし、シンプルなインテリアを心がければ、生活感をおさえたおしゃれな空間も持続可能です。引き算の発想で、雑然とした雰囲気をなくすと、心のやすらぎも生まれます。毎日暮らす家だからこそ、シンプルで居心地のいい空間作りを目指したいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

eighteen − 17 =