産後のリカバリーは骨盤矯正や尿漏れの予防効果があるピラティスで決まり!

産後の女性は、「体系が戻らない!」「体のゆがみが治らない!」「尿漏れをしてしまう!」という悩みを抱えている人が多いです。

そんな産後のリカバリーにおすすめなのが「ピラティス」です。ピラティスは、産後の身体でも安心して行うことができるエクササイズです。

なぜ産後にピラティスが良いのかなど、詳しくご紹介していきたいと思います。

産後の無理なリカバリーはしない

産後のリカバリーをするとき、一般的に食事制限が考えられます。ですが、食事制限をする前に、よく産後の身体のことを知ることが必要です。

産後の身体というのは、とにかく疲労が蓄積されている状態です。赤ちゃんが生まれるまでや生まれてから、育児が落ち着くまでに、心身ともに疲れ切ってしまっています。

その状態で食事制限をしてしまうと、十分に栄養を摂取することができなくて、リカバリーできるどころか、身体が疲れやすくなったり、元気が出ない状態になってしまうことが考えられます。

しっかりと栄養バランスが良い食事制限をすれば問題ありませんが、栄養バランスを毎回考えて食事をするのにも、限界を感じてしまいます。

そういったことが無いよう、健康的に産後のリカバリーができるのがピラティスです。

ピラティスは体に無理な負担をかけることなく、リカバリーにはもってこいのエクササイズです。

ピラティスを行なって、産後のリカバリーとして活用しちゃいましょう!

ピラティスとはインナーマッスルを鍛えること

ピラティスという言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、どんなエクササイズかご存知ですか?

ピラティスというのは、ストレッチを中心としたゆっくりとした動きで、インナーマッスルを鍛えるエクササイズです。腹式呼吸をしながら、ゆっくり動くことでインナーマッスルが鍛えられます。

インナーマッスルというのは、体の筋肉の奥の方にある筋肉で、普通に生活しているだけでは鍛えることができない筋肉です。

このインナーマッスルを鍛えることで、産後に抱えている様々な悩みを解決してくれる道しるべとなってくれます。

ピラティスには様々な予防効果がある

産後の女性にとって、ピラティスをするとどんな効果があるのか一番気になるとこです。

ピラティスは、インナーマッスルを鍛えることで、

・骨盤のゆがみからくる身体の不調を改善する効果

・尿漏れを予防・改善する効果

などに期待ができます。

なぜインナーマッスルを鍛えることで、上記の効果に期待ができるのか、詳しくご説明していきたいと思います。

骨盤矯正で身体全体のゆがみを正す

産後女性の骨盤は、開き気味になってゆがんでいるのがほとんどです。これは赤ちゃんを産むときに、骨盤を開いて出産をすることなので、しょうがないことです。

ただし長期間ゆがんだ状態の骨盤だと、身体全体がゆがんだり、内臓の位置が正しい位置からずれたままになってしまいます。そうなると腰痛や肩こり、冷え性など個人差がありますが、身体に不調が出てきてしまいます。

この骨盤を支えているのが、インナーマッスルです。このインナーマッスルを鍛えてあげることで、骨盤を正しい位置に戻し、骨盤を矯正することができるのです。

骨盤矯正をすることで、身体全体のゆがみも解消されますし、内臓の位置も正しい位置に戻るので、先ほどお伝えした身体の不調が改善される効果に期待ができます。

身体の不調が出ている人は、まずご自身の身体の状態をよく知ることが必要です。

骨盤底筋を鍛えると尿漏れ予防になる

産後の女性の悩みで多いのが、尿漏れをしてしまうことです。どうして尿漏れをしてしまうのかご説明します。

尿漏れに関係しているのが、筋肉ですが筋肉の中でも骨盤の底にある骨盤底筋と呼ばれる筋肉です。

この骨盤底筋というのは、いわゆるインナーマッスルで、内臓を支えている体の奥の方にある筋肉です。子宮や膀胱を支えている筋肉なのですが、これが弱いと尿を止める力が弱くなり、尿漏れを引き起こしてしまうのです。

尿漏れを改善・予防のためにはこのインナーマッスルを鍛えてあげることが必要になります。そのインナーマッスルを鍛えるのに、ピラティスが有効です。

ピラティスを続けることで、骨盤底筋いわゆるインナーマッスルを鍛えることができ、尿漏れの改善・予防になるのです。

誰でも簡単!ピラティスのエクササイズをしてみましょう!

ピラティスはインナーマッスルを鍛えるエクササイズになるので、エクササイズと聞くと「私にできるだろうか…」という不安が生まれてしまう人もいるかと思います。

ですが、今回ご紹介するのは誰でも簡単にできるピラティスの動きをご紹介しますので、安心してくださいね。

骨盤矯正と尿漏れ予防・改善をするピラティスのやり方

1.仰向けになって、リラックスした状態になりましょう。
※このときに、ちょうど脚の付け根くらいの位置に、骨盤があるので確認しときましょう。(グリグリとした突起が骨盤です。)

2.脚を肩幅に開いて、膝が90度になるようにして曲げていきます。

3.手はお尻の横にゆっくりと下ろしてあげます。

4.ゆっくりと息を吐きながら、お尻の穴を閉めるよう意識しながら、お尻を上げていきます。
※このとき、首から膝まで一直線になるように意識していきます。

5.お尻の高さをキープし、呼吸をゆっくり行いながら骨盤を左右交互に10回ずつ、上下していきましょう。
※お尻が下がらないように意識します。

6.ゆっくりと息を吐きながら、身体をもとの状態に戻していきます。

7.ここまでを1セットとして、計3セット行いましょう。

ピラティスは産後のリカバリーにおすすめのエクササイズ

産後のリカバリーとしてピラティスをご紹介しました。ピラティスは誰でも簡単に行うことができますし、ピラティスによってインナーマッスルが鍛えられます。

身体のゆがみや尿漏れの原因であるインナーマッスルを鍛えることができるので、ピラティスによって産後女性の悩みを解消にもつながります。

リラックスしながらピラティスを行うことで、産後女性のリカバリーにもなりますし、心身ともにリラックスすることができます。

ゆっくり焦らずにピラティスを続けていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう