モテない女性がやってしまう話し方って?NGな話し方を知ってモテ会話のコツを探ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

同性とのお喋りはとても楽しく軽快に会話が出来る女性も男性を前にすると上手く会話が出来ないことはありませんか?

また男性と話をすること自体は出来るのだけれど、どうやら会話に好感を持たれていないと感じていませんか?

今回は男性と会話する上で、マイナスの印象を与えてしまうNGな話し方の例やモテる女性になるためにポイントの高い仕草などについてお話していきます。

思ったことをそのまま話す女性はモテない上に相手を傷付ける

同性でも異性でも、無神経な話し方をするなと感じたことはありませんか?

意図的に意地悪な気持ちをこちらに向けて来ている訳ではないのにとても嫌な言い方をしてくる女性は、自分自身が話している内容をイマイチ把握しきらないまま言葉にしてしまっているのです。

この場合は本人が自覚していない場合が多いので、自分自身の話し方をまず客観視することが必要です。

頭に浮かんだことを整理しないで話すと、例え本当のことでも言わなくても良いことも口から次々と出て行ってしまいます。

失言した!とその時に自分で分かれば良いのですが、こういった話し方をしてしまう方に多いのが意外と緊張しながら慌てて話してしまっている場合です。

自分で相手の嫌がることをわざと言葉にするような女性は男性にモテる以前に人として難ありなので問題外です。

しかし話すことが本当はあまり得意でなく、普通は心に留めておくべきことを口にしてしまう場合はまず無理に話をし続ける必要はないことを知ると良いでしょう。

沈黙が苦手で、暗いタイプの人だと思われたくなくてひたすら喋り続けると、先程もお話したように不必要な失言がどんどん増えて行ってしまいます。

完全に黙り込んでしまうと、暗いタイプだと思われてしまいあなたの本意ではなくなってしまうでしょうから、相手の話に同調する姿勢から始めてみてはいかがでしょうか。

自分から話題提供出来るようなストックがもしあまりないのなら、批判的な話題からスタートしてしまう結果になることも多いでしょう。他人の悪口や批判は、ある意味で周囲の共通の話題でもあるので大勢の共感を得やすいのでどうしても口からつい飛び出てしまいがちです。

自分から話をスタートしなくても、相手が話し出すのを待ってそこから始めればそこまで多く失言を重ねずに会話が可能です。

何を言っても相槌ばかりでは、主体性がないからモテない女性と認定される!

男性が話してくれる内容を否定してはいけないと、一生懸命相槌を打つ女性は一見好印象で男性にモテると思いがちですはそこには落とし穴があったのです。

人間誰しも、自分の意見を否定されれば良い気はしません。けれども全てを肯定されているだけでは次第に物足りなさを感じてしまう複雑な心の持ち主です。

女性は男性に話を聞いてもらう時に具体的なアドバイスではなく、話を聞いてくれるというその事実、また具体的な解決策ではなく自分の考えに同調してくれることを望んでいます。

けれど男性が落ち込んだ時に必要なのは、多くの場合具体的な解決策もしくは主体的な意見です。あなたならこんな時どう対処するか、どう考えるのか、女性からしたらそんなこと聞かれても、と頭が痛くなるような場合が多いのです。

主体的な意見を述べるまではいかなくても、肯定でも否定でもない曖昧な相槌が男性との会話への返答だとしたら男性は次第に不満を募らせて、あなたと会話することのメリットを感じなくなってしまうでしょう。

モテる女性の話し方に変えて行きたいのであれば、男性が話している内容が例え分からなくても質問を投げかけるなど内容に添った返しが出来るように心掛けてみましょう。

主体的に会話に参加していくことで、自分にとっても関係のあることだという認識が育ち話題に対する意見も自然と湧いてくるはすです。

ずっと喋りっぱなしは品がないと思われる!モテる女性になるためには聞き上手を目指そう

緊張している訳では決してなく、お喋り上手な女性っていますよね。会話すること、親しい人と楽しい会話を共有することで益々絆が深まると考えていて周囲を盛り上げてくれるような女性は同姓からも好印象を持たれます。

その反面、自分が中心になって話過ぎることが必然的に増えてしまい自己中心的に男性の目線には映ってしまう危険性があります。

前述した大人しいタイプの女性の会話の切っ掛けを、話し上手な女性が奪ってしまっているように見えてしまうことがあるのです。

喋ることが得意な人は、本当は決して自己中心的な訳ではなくて周囲に集まる人々が退屈で苦痛な時間を感じてしまうことがないように寧ろ気遣ってくれているとても優しい人です。

もし沈黙の瞬間を作ってしまうのがどうしても気になってしまうのなら、あなたが相手の男性や他のメンバーに疑問形で問いかけてみる形にしてみましょう。

男性も女性も話すのが苦手なタイプでも、具体的に質問を自分にして貰えたらそこから会話の流れに乗ることが出来る場合が多いのです。

一旦他の人が主体の会話の流れを作っていくことで、自分の話したいことや聞きたかったことを整理して次の会話までの準備をすることが出来るのでぜひ試してみて下さいね。

モテない女性が無意識にしている変な癖4つ

モテない女性は話をしている時に、自分では分からずに周囲を不快にする癖が出てしまっている場合があります。どんな癖が周囲に悪い印象を与えるのか、いくつか見てみましょう。

【1】髪の毛を執拗に触る

これは無意識にやってしまっている女性が多いのではないかと思います。

物理的に頭皮が痒くなって掻いてしまう場合もありますし、緊張や苛立ちを抑えられない感情の表れとして頭を掻きむしってしまうような場合は、掻いたと同時に頭皮が剥がれてフケになってしまい不潔な印象を周囲に与えてしまうので要注意です。

頭皮とは別に、長い髪の毛の女性で髪先をクルクルと巻いて遊んでしまう人も注意しましょう。この癖は主に退屈であったり、相手の話に集中していない時に出やすい癖です。はっきりと相手に告げなくても、あなたが真剣に相手の話に耳を傾けていないんことは明白ですので自覚した今から控えましょう。

【2】爪をいじる

爪の手入れをきちんとしていて華やかな装飾をしている場合、小さなパーツが落ちないか、ネイルが剥げていないかを気にし過ぎて常に爪を触ってはいませんか?

誰かと話している時に、自分の爪ばかり気にしている女性と会話していて快く思う男性はそうはいません。

折角綺麗に飾り付けたネイルも、相手にきちんと向かい合う為の障害になるようではあなたを魅力的に見せるという本来の役目を果たすことは出来ません。

またお洒落な指先を気にする訳ではなく、幼い頃から苛立ちが酷い時に爪を噛む癖が治らないという方も少なからずいると思います。

そういうタイプの女性は、きっと神経が細やかで普段から我慢してしまうことが多いのではないでしょうか。

自分でも知らず知らずの内に溜め込んでしまったストレスを軽減させる方法を探して、緊張を軽減して会話を楽しめるようになると良いですね。

【3】オーバーリアクション時のガサツなジェスチャーに要注意

会話が弾み出すとつい楽しくなって、状況や相手を考えず激しいジェスチャーなどをしてしまっていませんか?

軽快な会話の中で生まれたジャスチャーやボディータッチでも、自分と他人の境界線をハッキリと引きたいタイプの男性に配慮の欠けた行動をしてしまうと嫌悪感を抱かれてしまう場合があります。

相手が痛い位に背中を叩いたり、顔を指で指してしまったり、大口を開けて激しく両手を叩いてゲラゲラ笑ってしまったり、こういった行為も注意が必要です。同性同士で楽しくお喋りをする時にやったことのある女性は多いと思います。

けれどこれらのことを男性の前でやってしまうと、ガサツで下品な印象を与えてしまう恐れがあるので気を付けた本が賢明です。

【4】ニキビを潰す

ほぼ無意識で意外とやってしまっているのがこのニキビ潰しです。喋っている時に口元や顔にふとニキビの膨らみを発見すると潰したい衝動に駆られて、プチっとやってしまってはいませんか?

これは男性相手だけではなく女性相手の雑談時にもやってしまいがちですが、このプチっと潰すまで会話に気持ちが行かずニキビが気になって仕方なくなってしまうことがあります。

自分の顔の上のこととは言え、相手の見ている前でニキビを潰す様子を見せるのは気持ちの良いことではありません

どうしても気になって仕方がない時は、お手洗いと断って一旦席を外してこっそり行いましょう。

この癖を持っている女性は、常に周囲からどんな風に見られているのかが気になってしまい、ニキビという異物を発見したが為に抹消したくなってしまうので人が見ている前でもやってしまうのです。

これを防止するためには、朝洗顔する前にもうすぐ膿が弾けそうなニキビはきちんとした清潔な方法で膿だしをしておき、潰せそうにないニキビも確認しておいて、外でやってしまわないように気を付けておくべきです。

モテる女性の秘密は、男性の承認欲求を満たしにかかる所にあった

モテる女性が圧倒的に得意なのは、相手の会話・相手の考え方を尊重することです。

例え男性が話している内容が理に適っていなくても、明らかにその男性に非があっても一旦は全てを受け入れて共感します。

勿論相手に改善すべき点がある時はアドバイスもしますが、一旦相手の言い分を全面的に受け入れることで相手も素直にモテる女性の言葉を受け入れることが出来るのです。

その男性は気持ちよく話している時に、遮って自分の話をするようなことも絶対にしません。話を遮られると、話をしたいと思っていた男性の欲求は満たされず、モヤモヤした気持ちがいつまでも残ってしまい、話を遮ってくるこの女性とはもう話したくないと考えてしまう可能性があるからです。

モテる女性の話し方を目指すのならば、自己主張の気持ちに蓋をして、サポート役に回る心持でいくと上手くいくのかもしれませんね。

モテるためには自分らしさは殺さずに、聞き上手になることが最大のポイント!

モテる女性の話し方は、相手を立てて気持ち良く男性に話をさせてあげること、聞き上手になることが何よりも大切です。

けれどあなたの自分らしさが元気に沢山話すことであるならば、その良さを全て捨ててしまうのでではなく今までよりほんの2割程度おしゃべりを控え目にして、相手が話す隙を与えてあげましょう。

話すのが苦手な女性は、少し意識して相手の意見から引っ張って話が出来るようにするだけでも良いのです。

モテる話し方を意識し過ぎて思うように話せなくなるなんて、悲しいことにはならないように自分らしく出来る良い話し方を探してみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

twenty − 18 =