もう「いい人」で終わりたくない!「いい人」を脱してたった1人の恋人になるために

気配りも出来て周囲の評判はとても良いのに、何故か目当ての男性と恋人関係まで発展することが出来ないと悩んではいませんか?

実は男性にとって「いい人」で終わってしまう女性にはある決まった特徴があるのです。これからは「いい人」で終わってしまわずに、男性にあなたを選んでもらうことが出来るようにどうしたら良いのかをこれからお話していきます。

恋人になるためにはイエスウーマンでいてはいけない!

男性と仲良くなってきても、君って良い人だねと言われてそれでおしまいになってしまう女性は、相手の都合を無意識に優先しようという気持ちが強く働いてしまいがちです。

話す内容が仕事でも、例えば好きな食べ物の話でも構いません。男性側からあなたはこれについてどう思う?と問い掛けられた時、どんな風に答えていますか?

「相手の男性はAを好きだと言っているのだから、本当は好きではないと言うと失礼かもしれない、私もAを好きなことにしておこう。」

このような気遣いが出来る女性は、とても思慮深く周囲を良く見ることが出来ていて誇っても良い長所です。しかしながら反対に自己主張に欠けるというイメージが相手の男性には伝わってしまいます。

全てにおいて男性の意見を優先する女性は自己主張が激しいワガママな女性よりも男性に好まれるのではないかと考える女性は多いかも知れませんが、全てにおいて従順な女性は一緒にいて楽しくないと男性は感じてしまうのです。

もちろんワガママが過ぎる非常識な女性は問題外ですが、恋人になるということはどちらかが上に立ったり、へりくだったりすることのない対等な男女の関係を持つということです。

男性側の思う通りにして良いよ、という女性側の意見は相手の男性の気持ちを尊重してあげたいという気持ちの表れかも知れませんが、男性からしたらこれからお互いの関係性を深めていきたいという気持ちがあなたにないように感じてしまうのです。

ただ男性と親しくなっただけの関係で終わりたくないのなら、たまには自分の意見をはっきりと主張することが男女の関係が育っていくために必要なことの1つなのではないでしょうか。

「いい人」と周囲から認識されてしまうなら、世話焼き母さんキャラになっていないかをチェックしよう!

女性は男性の少し頼りない部分を目にしてしまうと、どうしても母性本能が働き頼るべき男性に対しても庇護欲が湧き上がってきて、色々と忙しく男性の世話を焼き出してしまう性質があります。

甲斐甲斐しく世話を焼いていると気の利く素敵な女性だという印象を与えられていると思っていませんか?

実はこれ、かなり気を付けた方が良いパターンです。男性は、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる女性に対して悪印象を持つことは少ないですが、母親の存在を無意識に連想してしまいどんどんあなたに対して子供のような甘え方をしてくる可能性があります。

その甘え方のままお付き合いに発展していけば問題ないのですが、未来の結婚生活もまだピンと来ない独身時代の男性にとっては、良く世話を焼いてくれる女性は恋愛対象外になってしまう危険性が否めないのです。

恋愛時代においてこのキャラを定着してしまうと、合コンなどに出掛けても忙しく食事の給仕をしているあなたの傍で他の男女が寛いでいるという状態になりかねません。

世話焼き母さんのキャラから脱する為には、男性を甘えさせるよりも自分が甘えるキャラに意識してシフトチェンジすることも検討しましょう。

清廉潔白・真面目過ぎても恋愛には発展しない!正し過ぎる「いい人」も要注意

「いい人」種類の中でも、特に恋愛関係に発展しにくい女性のタイプは真面目過ぎるタイプの「いい人」です。何事にも全力で取り組み、時として自分以外の担当の仕事まで引き受けたり、決して人の悪口を言わずどんなことにも前向きで非の打ちどころがない女性になっていませんか?

とても優秀で、人を妬まず真面目で一生懸命、とても素晴らしい生き方だと思います。けれどもあまりに完璧過ぎて男性側はそんなあなたに人間味を感じることが出来なくなっている可能性があります。

悪口を言わないのは、女性特有のステイタスに嫉妬し合う良くない関係を男性に感じさせることなく良いことだと感じられるかも知れません。しかし、実はこの女性特有のあまり良くないと思われる性質も男性が無意識の内に女性らしさを感じる一因になっているのです。

確かに度が過ぎる悪口は、自分の品位を貶めるだけで積極的にする必要のないことではあります。けれど例えば周囲が特定の人物に対する批判をする時に、どんな場合においても自分の本音をさらけ出さない姿は男性に近寄りがたい印象を与えてしまいます。

他人の悪口を言うこと自体は誰かを傷付けることであり、自分の精神的レベルを下げる良くないことであるのには違いがないのですが、周囲に染まらない一貫した態度を貫き通すことにも弊害はあるのだと覚えておいた方が良いでしょう。

もしこの状態から脱して恋人候補へのステップを踏みたいのなら、正しい自分ばかりを周囲に見せる頻度を少しだけ緩めてみましょう

悪口を言うことは褒められたことではありませんし、人を傷付ける良くない行為です。本音を見せる場面は吟味して、自分の納得出来る方法を探すと良いでしょう。

「いい人」=「どうでもいい人」にならないためにあえて空気を読まない

「いい人」と呼ばれる女性の中には、あの人は一緒にいたいと思わない人だよね、という認識をされてしまっているタイプの女性もいます。

周囲の空気を読んでグループからはみ出さないようにといつも気を使っているあなたはこのタイプなのかもしれません。
このタイプの女性は気遣い上手で、優しくて、人を押しのけるようなことは絶対にしない学生時代を思い浮かべるとクラスに1人はいた物静かな大人しい女の子の属性です。

性格が良く、自分が損しても他の人が喜んでくれるのならそれで良いと争いを好まず、常に他人を優先していて、周囲から見るとかなりと損をしているなという印象を覚えます。

人と争うことなくゆったりと生きていけるその姿は、普通の女性には中々真似が出来ないので同性から羨ましがられることもあります。

しかし恋愛というものは、ある種の争いであることは否定出来ません。親しい友人と恋路を競う可能性もありますし、名も知らない女性との攻防が必要になって来る可能性もあります。

もし女性にモテる男性を好きになってしまったのならば、争わずにして恋人になることは決して出来ないのです。

周囲の空気を読み過ぎて一歩彼の前に出ることを止めてしまったら、彼にとってのあなたの良い印象が育つ可能性はなくなってしまいます。

結果いてもいなくても変わらない人になってしまい、あなたの存在はないに等しくなってしまう可能性があります。

奥ゆかしい女性も図々しいタイプの女性と比べたらとても素敵なあなたの要素でもありますし、寧ろ好む男性も多いはずです。

しかしながら多くの他の女性達の波を掻き分けてまず好意を持っている男性にあなたのことを見付けてもらうにはあなたの存在を見付けて貰わなければ始まりません。

一歩勇気を出して、控え目だけだった自分にほんの少しだけ積極性を足してあげることが出来ればあなたを恋人にしたいと思う男性は沢山いるはずです。

「いい人」過ぎることがアダに!社会奉仕活動もやり過ぎは要注意

言葉そのままの「いい人」である代表が、社会奉仕活動・ボランティアに精を出す女性達です。
自然保護活動、動物保護活動、福祉や地域起こしのボランティアなどインターネットで最近は様々な情報が溢れています。人と関わるのが好きな方、社会的に賞賛されたいと思っている女子にとっては社会奉仕活動に精を出すことはとても向いていて良いことです。

しかしながら、あまりにこういった活動に一生懸命になり過ぎるこの種の活動が苦手な男性にとってはあなたを恋愛対象から外す一因となってしまう可能性があるので注意が必要です。

様々な人と関わり、自分も周囲も成長し中々出来ない体験をする素晴らしい社会奉仕活動は団体行動が苦手なタイプの人には苦痛なこともあるのです。

自分と数人の親しい人達・家族を大事に出来ればそれで良いと感じている男性の前では、あなたが一生懸命行っているその活動が相手にとってはプレッシャーになってしまいます。

デートも奉仕活動があるからとしないのかとか、もしあなたと結婚したら、奉仕活動に精を出し過ぎて休日家にいてくれないのではないかと男性側が不安に思ってしまうのです。

もしこのことが原因で意中の男性から距離を置かれてしまうと感じることがあった時は、結婚出来た後は活動を続けるのか続けないのか、自分の子供が出来た時はどうするつもりなのか、彼と恋人同士になった時に活動を継続するのか、彼に一緒に活動して欲しいとお願いするつもりなのかなど一度自分の中で整理をした方が良いでしょう。

他の人や、他のものの助けに入りながら自分の周囲の人を守らないなんて結果にならないように予め考えを固めておくことが大切です。

そして意中の男性と恋人同士になりたいのであれば、あまりこの奉仕活動をしていることを自分のイメージとして主張し過ぎないことをお勧めします。

さり気ないタイミングで、周囲に奉仕活動をしていることが伝わる位にしておけば、彼がそのことを知ったとしても圧迫感なく伝わるのではないでしょうか。

「いい人」でいることはあなたのアピールポイントでもある!あなたらしさを活かしたアプローチを

これまで「いい人」で終わって恋人になれないパターンと状況を変えるためのアドバイスをしてきましたがまだ1つ伝えていないことがあります。

「いい人」でいる為に逃してしまうチャンスは勿体ないので、主張することや少しコミュニケーションの角度を変えていった方良いのではないか、と言う点は変わりません。

しかしながら「いい人」はあなたの持ち味であり魅力であることを決して忘れてはいけません。

自分が周囲に気遣って、一生懸命作って来た今までの道は決して間違ってはいないのです。必ずあなたのさり気ない優しさに癒され、励まされ、勇気づけられた人が数多くいるはずです。

その優しさを周囲に埋もらせてしまうことがあまりにも勿体ないので、「いい人」なあなたを男性に見付けて貰う為にも、ほんの少し今の状況を変える勇気が出ると良いですね。

合わせて読みたい記事

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう