乾燥知らずの美肌に近づける加湿器がなくても部屋が潤う6つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肌の乾燥は秋冬だけの悩みだと思っていたら、エアコンを頻繁に使う夏にも肌の乾燥トラブルを抱えている人が急増しています。とはいっても、真夏に加湿器は使うのはちょっと抵抗があるという人におすすめの手頃にできる加湿方法を紹介します。

美肌に乾燥は大敵。乾燥は冬場だけのものだと思いがちですが、エアコンをつける夏場でも部屋の中は乾燥しがちになるのです。エアコンをつけてからしばらく経って、何だか「肌寒いなぁ」と感じたときが乾燥のサイン。

エアコンのつけっぱなしで風邪をひくのも乾燥が原因なこともあります。夏も冬も肌の乾燥を防ぐためには部屋の湿度も快適にしておかなくてはなりません。ここでは、加湿器を使わなくてもできる乾燥対策について紹介します。

部屋が潤うと肌も潤う

スキンケアに気をつけているのなら、長い時間過ごす部屋の保湿も気にしてみましょう。部屋に適度な湿度があると肌の調子がいいことを実感できるでしょう。

普段の日常生活からできる部屋の加湿対策3選

加湿のためにあえて何かを買って部屋に置かなくても、日常的に行っていることを少しかえることで加湿ができる方法もあります。普段の生活を少し工夫するだけでも十分な加湿効果が期待できます。

洗濯物を部屋干しする

多くの人が毎日洗濯をします。洗濯物干し、これを部屋に干す「部屋干し」することで部屋を加湿することができます。洗濯物を窓辺に干せば、加湿の様子を見ながら窓を開けて風通しができ、加湿具合を調整することもできます。

部屋干しすると「部屋干し臭」という不快な臭いが気になるという人がいるかもしれません。部屋干しするときは洗濯物の間隔をいつもよりあけて、空調の近くにおいて風の通りをよくすれば防げます。また最近では部屋干し用の洗剤も市販されていますので活用するのも良いでしょう。

部屋を水拭きする

部屋掃除もやり方1つで加湿効果があります。それは水拭き掃除です。たまには部屋中を雑巾で水拭きしてはいかがでしょう。かたく絞った雑巾で部屋中を拭き掃除すれば、加湿効果だけでなく、軽いエクササイズにもなりますので、一石二鳥です。

また、いつものモップや掃除機を使った掃除の後とは違ったサッパリ感が得られますので、新鮮です。加湿効果を期待するからと水気の多すぎる拭き掃除は家具や床を傷めることになります。くれぐれも雑巾はかたく絞って拭き掃除しましょう。

湯気の出る料理をする

料理も多くの人が毎日行うことです。調理中に湯気が出る料理を調理することで、部屋中が湯気の蒸気で加湿されます。冬であれば、鍋物やおでんといった湯気が出やすい定番のコトコト煮込む料理がたくさんあります。

しかし、夏となるとなかなか湯気が出る料理をしようという気になれないのが一般的。そんな時はお湯を沸かすだけでも違います。冷たいモノばかり摂取しがちな夏こそ、たまにはコーヒーや紅茶といった温かい飲み物を飲むのにお湯を沸かしましょう。

部屋のインテリアも兼ねた加湿対策3選

加湿器を使わずに、インテリアの1つとして使えるモノで加湿対策をしたいのであれば、いくつかおすすめのモノがあります。

観葉植物を部屋に置く

植物は吸収した水分を葉っぱから蒸発させるので、部屋の中に観葉植物をおいて育てることで加湿効果があります。観葉植物なら何でも天然の加湿器になりますが、なるべく葉っぱの大きな観葉植物を選べば十分な加湿効果が期待できます。

また、植物は二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すので、部屋が新鮮な酸素でみたされます。さらに、観葉植物は癒やし効果もあるので、加湿効果と同時に疲労回復も期待できます。

濡れたタオルを部屋に掛けておく

濡れたタオルを部屋に掛けておく方法もあります。ホテルに泊まるときに部屋の乾燥からのどを傷めないようにと寝る前にする乾燥対策の1つとして知られています。

最近では、タオルのデザインも豊富なので、一見タオルに見えないものもあります。インテリアの1つとして濡らして絞ったタオルを部屋に掛けておくのもよいでしょう。

手作りペーパー加湿器を置く

ペーパーナプキンで作るお手製の加湿器もおすすめです。作り方は、お好みのペーパーナプキンを水の入ったグラスに入れるだけ。たったこれだけなのに、ペーパーが吸収した水が蒸発して、部屋を加湿してくれます。

グラスに水を入れて部屋に置いておく加湿方法もありますが、余程の乾燥した環境でない限りは水の蒸発に時間がかかります。ペーパーナプキンを加えるだけで、水の蒸発時間がぐっと短くなるのです。ただし、毎日同じペーパーナプキンを使うのは細菌発生の原因となります。毎日ペーパーナプキンは交換しましょう。

乾燥を避けるためには部屋の適度な湿度も必要です

肌の乾燥が気になり、スキンケアに余念がない人も多いです、しかし、一生懸命にスキンケアをしても肝心な部屋が乾燥していたら意味がありませんね。

私もここで紹介した手作り加湿器の愛用者です。ペーパーナプキンもデザインや色が豊富で、比較的安価に購入できますので、いくつか用意してあります。その日の気分に合わせたペーパーナプキンで作った加湿器もなかなか楽しいです。

身近なものを使って、適度な加湿を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

two × 4 =