3回目のデートで男性の本音が見極められる!あなたは彼にとってキープか本命どっち?

初めてのデートは緊張の連続で終わって、2回目のデートは慣れてきて、3回目のデートで次の展開を期待して…そんな風によくある筋書き通りにあなたのデートは展開してくれていますか?

初めてのデートとは違い、3回目のデートともなると大人の男女としては目に見えた進展が欲しいものです。もし3回目のデートで進展した雰囲気がなかった場合、相手の男性はあなたのことをどう思っているのか気になってしまいますよね。

3回目のデートをきっかけとして、その恋が進展するのかしないのかを見極めるためのポイントをお話していければと思います。

初めてのデートと3回目のデートは持つ意味が全く違う!3回目のデートが今後のあなたの恋の行方を左右する?

まだはっきりとしたお付き合いがあなたと相手の男性の間にない場合の初めてのデートは、男女としてお互いを意識し始める区切りになるもので特別なものです。

ただ相手の男性と2人きりで会えること自体が嬉しく、幸せを感じることが出来るのも初めてのデートならではの気持ちです。

同じ目的で、同じ空間を共有出来る初めてのデートは相手の価値観や自分との相性を図れる良い機会ですので今後のお付き合いに発展させていける相手なのかを見極める良い機会でもあります。

初めてのデートで相手の男性への恋心を再確認して、2回目のデートを経て訪れた3回目のデートにはどんな意味があるのか改めて考えてみましょう。

3回目のデートともなると、きちんと今後のお付き合いをしていけるのか、はっきりとしたサインが必要になって来ると思います。

ただ相手の男性に会えるだけで幸せを感じた初めてのデートとは、女性側の不安の大きさも変わって来ます。
3回目のデートの意味は、今後の2人の男女関係の行末を見極める大切なターニングポイントなのです。

3回目のデートなのに、男性からのアクションなし!男性の本音は途中で恋愛を意識しなくなった?

3回目のデートをしたのに男性から今後のお付き合いを匂わせるようなアクションがないとしたら、女性側としては心中穏やかではいられません。

男女でデートをすると決めた時点で、男性側も女性側も少なからず今後の恋愛を意識しているという点では大きな差はないはずです。

しかしながら男性側はデートを数回重ねたが故に、お付き合いする気持ちが薄れていってしまった可能性も否定出来ないのです。

この女性は恋愛の対象として接していきたいタイプではないなとデートであなたに接する内に認識されてしまっていて、それでも男性側からデートの誘いがある場合、恋人というより同性の仲間との時間を過ごす感覚になられているかもしれません。

あなたのことは好印象だし、一緒にいて楽しいし同じ時間を共有することに全く抵抗はなし、けれども相手の男性にとってあなたはトキめきを覚える対象ではなくなってしまっているのです。

3回目のデートなのに、男性からのアクションなし!実はあなたはキープ扱いされていた?

3回目のデートを経て、恋愛に発展しそうな雰囲気があるのに何も具体的なアクションが男性側からない場合あなたは実はキープ扱いされている危険性があります。

前のコンテンツでお話したように、相手の男性の恋愛対象から既に外されてしまっている場合は彼のあなたへの接し方をよく観察していれば仲間として扱われているのか、恋愛の対象として扱われているのかが分かります。

しかしながら、万が一あなたが相手の男性にとってキープである場合は恋愛の要素を匂わせたまま3回目のデートも重ねてしまうので女性は中々気付くことが出来ずに少々厄介なのです。

初めてのデートから、別に本命の女性がいるけれど脈ありと思われるあなたの存在も失うのが惜しくてあなたをキープにかけている男性の本音にもし気付いてしまったのなら心中穏やかでいることは難しいかと思います。

もしあなたがそれでも、相手の男性との関係を断ち切りたくない場合の対処法としては、次以降のデートを重ねる度にあなたの方が本命の女性よりも魅力的だという事実をアピールしていくことが大切です。

相手の男性があなたをキープ扱いしている、この事実はあなたにとって不服な事実ではあると思います。ですがあなたに何か手放したくない魅力があるから相手の男性はキープ、という行為に至ったということです。

まだまだ本命をキープの立ち位置をひっくり返す余地はあるのですから、このまま自分から身を引かずにあなたからのアプローチを強めていくのも手かも知れません。

3回目のデートの同じアクションなしでも、実はシャイなだけ!男性が発するサイン3つ!

3回目のデートをした後も何も男性側からアプローチがなかった場合、既にお話したように脈がないのかとか、お付き合いに今後発展する望みがないのかとかマイナスの方向に考えてしまいがちだと思います。

けれどちょっと待って下さい。真正面から自分の主張をすることが苦手なシャイなタイプの男性も一定多数増えていて、必ずしも男性側からのアプローチを期待出来るかというとそうではない可能性が高いのではないでしょうか。

3回目のデートやそれ以降のデートの時、彼の様子をよく観察してみて下さい。あなたのことを大切に思っているのにそれが言い出せない時のサインを見付けることが出来れば、充分に脈ありと判断して良いでしょう。

【1】デートの約束を、あなたの都合に合わせてくれる

シャイなタイプの男性は、はっきりと好意を伝えることが苦手でも好きな相手を優先的に扱ってくれるという特徴があります。

デートの日時や場所を決める時も、自分の都合ではなく相手の女性が忙しくない時期、デートの場所に来るまでの道のりに無理はないのか、負担が掛かっていないかなど、女性の立場に立った計画を立ててくれます。

しかしこの気配りは、好意を持っていない女性に対してはシャイな男性ですから積極的に動くことは出来ず不特定多数の女性には彼の良さは伝わっていません。

もしデートの時にこういった気配りがあなたに対してだけ見られるのなら、ただアプローチする勇気が持てないだけです。

こういった男性のタイプの場合、3回目のデートで進展しないからと言って諦めてしまうのは早計です。相手の男性がアプローチしやすい環境を作るのか、もしくは女性側からアプローチしてしまうというのも1つの手段なのではないでしょうか。

【2】あなたの発した意見を否定しない

あなたが仕事やプライベートなどの悩みを相談した時、相手の男性はあなたの意見を尊重してくれますか?それとも叱咤激励して励ましてくれますか?

例えば上手くいかない日常があなたにまとわり付いている時期に、あなたが好意を持っている男性に悩み事の相談を持ち掛けたとします。

辛い思いをしている時に、好きな男性に優しい言葉を貰いたいと思う気持ちは、どの女性も持ち合わせていると思います。

けれど女性はその状況に同調して欲しい気持ちが大きいのですが、男性はそういった状況の時、相手を叱咤してついつい現状を改善するように働き掛けるような言葉を投げかけてしまうものです。

あなたが好意を持っている男性が掛けて来る言葉はどんなものでしたか?もしそれがただ叱咤するだけのものではなく、あなたの気持ちを一生懸命汲もうと努力してくれているようなものであれば3回目のデートで目に見えた進展がなかったとしても相手の男性はあなたへの気持ちがきちんと固まっています。
シャイな男性のアプローチは分かりにくく、ゆっくりかもしれませんが彼のペースを大切にして待ってあげるのも良いかも知れませんね。

【3】3回目のデートでも緊張をしている

初めてのデートで緊張するのは当然ですが、大人の男女としては回数を重ねて行けば緊張は解けていくものです。

3回目のデートを迎えたにも関わらず相手の男性が緊張した様子を見せている場合は、あなたへの好意が大きいためそうさせていると思って良いでしょう。

単純に女性慣れしていないという場合でも、その状況であなたとのデートを重ねているということは進展したい気持ちが相手の男性にあるということです。

あなたとのデートで緊張した様子を相手の男性が見せているのなら、頼りないと切り捨てることはせずに長い目で見守ってみましょう。

3回目のデートで発展しなかった場合、今後の付き合いはどうする?

3回目のデートで発展しなかった時は、ケースによって女性側の今後の対応も考えていく必要があります。

独身時代の女性の時間はあっという間に過ぎ去るもの。いたずらに男性に振り回されて良い時間なんて少しもありません。

もし相手の男性があなたをキープ扱いしていて本命になる見込みがなさそうだったりあなたのことを恋愛対象から外してしまっている場合は次のデートに時間を費やすことを止めにした方が賢明でしょう。

ちゃんとあなたのことを大切に思っていて、相手の男性のアプローチがゆっくりなだけの場合、3回目のデートでの進展の遅さは気に留めないで彼のペースを待ってあげて下さい。

あなたを大切に思うが故に、次の手に進めず男性側が我慢してくれているケースもあり得ます。急いで次の恋を見付けようと切り捨てるのは少し待って、相手の男性の気持ちを感じ取ることが出来るようにしっかり向き合うことも大切です。

3回目のデートを経て、いざ4・5回目のデートへ挑む心構えとは

相手の男性から真剣なあなたへの好意を感じ取ることが出来、今後もデートを重ねていく決心が出来たなら4・5回目のデートへ向けてどういう気持ちで向き合えば良いのかを考えていきましょう。

相手の男性がシャイだったり、あなたを大切に思うあまり早い段階での進展を望んでいなかったとしたらこちらからアプローチを試みてみることも大切です。

シャイであったり、優しい性格の男性は女性の気持ちを大切にしようとするあまり、女性が本当は2人の関係の進展を望んでいるのにそのことに気付くことが出来ない場合があるのです。

本当は女性側だって、もっと深く進展した関係になりたいと思っているのだとさり気なく伝えてみましょう。

どちらかが一歩踏み出すことが出来れば4・5回目のデートで一気に進展出来る可能性も充分に有り得ます。

3回目のデートという言葉に囚われ過ぎず、あくまであなたと彼らしい進展の仕方で大丈夫

3回目のデートは、相手の男性があなたにどういう気持ちを抱いているのかを確かめる節目でもあります。

ですが今までお話してきたように、3回目のデートで少しの進展がないとしても相手の男性との関係を断ち切るには惜しい場合も勿論あるのです。

3回目のデートという言葉だけに振り回されず、相手の男性の気持ちを真っすぐに見詰め受け止めて2人らしくその恋を育てていくことが一番大切なのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう