美容師に話しかけられる理由は?話しかけられた時の対処方法

美容室で美容室に話しかけられて会話を楽しいと感じる人と静かに過ごしたい人がいます。美容師に話しかけられる理由は商売目的の事が多い可能性があります。話しかけられた時に嫌だと感じる人は、雑誌読む、寝たふりをするなどの対処方法を学ぶとよいでしょう。

美容室で美容室に話しかけられた時にどう感じますか?楽しい、ゆっくりしたいのにと思う人もいるでしょう。美容室もサービス業でお客の集客に必死ですから、リピーターになって欲しい気持ちが強いかもしれません。美容室でリラックスしてリフレッシュしたいと思う人も多いでしょうから、美容師との会話を苦痛に感じた時は無理せずに、疲れている事を伝えたほうがよいでしょう。美容師に話しかけられる理由と話しかけられない対処方法をご紹介します。

美容室で美容師に話しかけられるのは商売?会話が苦手な人は話しかけられない工夫を

美容室を利用する頻度は個人差がありますが、散髪してすっきりしたい希望やリフレッシュしたい人もいるでしょう。美容室で話しかけられるのは、どんな理由があるのでしょうか。話しかけられないようにするには、どう対応したほうがよいでしょうか。

美容師に話しかけられる理由

美容室で積極的に話しかけてくる美容師がいますが、目的は何でしょうか。スタイリングをアドバイスする美容師がいますが、ぜひとも参考にしたいなら良いのですが自分なりのスタイリング方法で維持したいなら不必要な会話になるでしょう。美容師が話しかける理由をご紹介します。

お客さんの情報収集

このお客さんはどんな髪型が似合うのか、自宅でのブローはどのように行っているのか、会話をして情報収集しています。普段は髪を結ぶのか聞いてカットの長さも決める場合があります。また、派手な茶髪にできない職業もありますから、今日はお仕事お休みですか?と業種が何か探り、話題を広げようとする美容師がいます。

職業によっては収入が高いお客様だと、高価なサービスを勧められるため、髪に艶を出して髪の補修効果を高めるサービスを提案しています。トリートメンや炭酸シャンプーなど、種類も豊富ですから、サービスの特性を説明するために会話を続けるでしょう。

他のメニューや商品をすすめたい

自宅でのブローの仕方など聞いたり、カラーリングした後はトリートメントの重要性を説明する美容師がいますが、メニューの追加で売上を伸ばしたいのが本音でしょう。また、自宅でもトリートメントの利用を勧めることもあり、美容室に置いてあるトリートメン材などの商品を売りたい気持ちがあるようです。

リピーターになって欲しい

お客さんにリピーターになって欲しいため、美容師は積極的に話かけてきて、楽しい会話ができるように心がけています。雑誌を読んでいても「気になっているんですか?」など会話のきっかけをみつけているようです。お客様の集客に必死の美容室もあります。

お客さんを紹介してもらいたい

美容室で帰り際に「ご紹介カード」をもらうことってありませんか。新規のお客様を増やすためには紹介が手っ取り早く、広告費はゼロで済みますから、美容師はお客様と仲良くなろうと話しかけてきます。お友達を紹介したら紹介者の料金も割引にしてくれてお得です。

美容師に話しかけられないための工夫

おしゃべりしてストレス解消したい人もいますが、疲れを取りたいからゆっくりしたいと思う人もいます。美容室で話しかけられた時に気になる、会話しないで休みたいという方のために、対処方法について参考にしてください。

疲れている素振りで寝たふり

時おり目をつむって寝た振りをしてはどうでしょうか。「お疲れですか?」と聞いてくる美容師がいますが、「最近ちょっと疲れていて」と返事すると、無理に会話を続けようとしないでしょう。話しかけて欲しくない雰囲気で美容師も感じ取って気づくはずです。

雑誌などを読む

美容室に用意されている雑誌など読んで静かに過ごしましょう。それでもきっかけとして、話題を振ってくる美容師がいますが、そっけなく「そうですね」と短めに返事すると、それ以上は会話が続かないでしょう。自分から会話を増やすと美容師も話題を広げて話し続けてしまいます。

美容師や美容室を変える

雑誌を読んでいたり居眠りしても、会話を続ける美容師はお客様の気持ちに気づかないタイプです。美容室の利益ばかりを主張していることがわかったら、美容師や美容室を変える手段もあります。
相性もありますから気に入った美容師がいたら、担当制にするのもよいでしょう。

まとめ

美容室で話しかけられる理由と対処方法についてご紹介してきましたが、会話が好きな人と静かに過ごしたい人がいますから、自分と相性のあう美容師が見つかることが一番です。お客様とのコミュニケーションを大切にするように、店長がスタッフに伝えている場合もありますから、美容室の雰囲気によって過ごし方が変わってくるでしょう。

初めて利用する美容室では、アンケート式の用紙が渡され、美容室では雑誌を見て静かに過ごしたいか、会話を楽しみたいかなどチェック項目が設けられて場合があります。そのようにお客様第一に考えてくれると、気配りができる美容室でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう