ソファのお掃除ってどうすればいい?素材別ソファのお手入れ方法

ゆったりくつろぐための大切なアイテムであるソファですが、使っているうちにどうしても汚れが出てきてしまうもの。ところがソファのお手入れや掃除方法って、ぱっと思い浮かばないという人が多いのではないでしょうか。素材別にソファのお手入れ方法をお伝えします。

ソファのお手入れは素材によって全く違う!

ソファは布製や革製、合皮製などいろいろな種類があります。種類によってお手入れ方法が違うため、複数の違う種類のソファを持っている人は、それぞれ違うお手入れが必要です。

布製ソファのお手入れはホコリを取ることを意識しよう

布製ソファの日常のお手入れ方法はブラッシングと掃除機が基本となります。布なのでホコリが出やすく、また空気中のホコリも付着しやすいため、ホコリを吸い取る必要があります。

まずはブラシをかけながら表面を優しく叩いてホコリを浮かせましょう。浮かせたホコリは掃除機で吸い取ります。掃除機のノズル部分にブラシのパーツを付けて吸い取ると、布を傷めずに効果的にホコリを吸い取ることができます。

飲み物などをこぼした場合は乾いた布で拭きとる

ジュースなどをこぼしてしまったら、すぐに乾いた布で水分を拭き取ります。次に中性洗剤を水で薄めた液体を作り、タオルに洗剤液を含ませてしっかりと絞ります。絞った部分でトントンと優しく汚れを叩いて、汚れをタオルに吸い取らせます。

こすると汚れが広がるほか、色落ちしてしまう場合があるので注意しましょう。

革製ソファのお手入れは乾拭きを続けよう

革製ソファの日常のお手入れ方法は乾いた柔らかい布での乾拭きです。乾拭きをすることでホコリや手垢などの汚れを取り去ります。また乾拭きを続けると皮に光沢が出て、革製品ならではの良さを感じることができます。

飲み物などをこぼした場合も乾いた布で

ジュースなどをこぼしてしまったら、すぐに乾いた布で汚れを拭き取ります。革製品に水拭きは禁物です。必ず乾いた布を使いましょう。汚れは擦らず、優しく叩いて拭き取ります。

合皮製ソファのお手入れはとても簡単

合皮や塩化ビニール素材は汚れが付きにくく、汚れがついても落としやすい素材です。日常のお手入れは乾いた布で乾拭きをします。

飲み物などをこぼした場合は中性洗剤を使う

中性洗剤を含ませた布で汚れを拭き取ります。汚れを拭いた後は、洗剤成分がソファに残らないよう、濡らして絞ったタオルで水拭きします。

ソファについたにおいを消す方法をチェック

生活空間に鎮座しているソファには、生活をしている中でさまざまなにおいがついてしまいがちです。ソファについたにおいを消す方法をチェックしましょう。お手入れと同じく、におい消しもソファの材質によって違う方法を用います。

布製ソファのにおいを消すには重曹

重曹を使います。重曹はドラッグストアで低価格で買える粉で、磨き粉としても使えますしにおいを吸い取って消す作用もあります。また人体に無害なので赤ちゃんやペットがいても安心して使うことができます。

ソファに重曹をパラパラと巻いて掃除機で吸い取ります。これだけでも良いですし、スプレーボトルに水と重曹を入れて重曹水を作り、ソファ全体にスプレーする方法でもにおいを防げます。

革ソファについたにおいを消すには脱臭剤がおすすめ

吹きつけるスプレータイプではなく置き型の脱臭剤を置いてにおいを吸い取らせるか、ぬるま湯で硬く絞った布で、丁寧にソファの全面を拭きあげます。拭きあげたあとは換気をして空気を入れ替えると、日数が経つごとににおいが薄まります。

合皮ソファについたにおいは洗剤で対策

合皮ソファは濡れ拭きや洗剤を使っても大丈夫なので、中性洗剤を薄めた水で絞ったタオルで全体を拭きましょう。次に水で絞ったタオルで洗剤がソファの表面に残らないように拭きあげます。

どんなソファでも大丈夫、においを消す裏技

重曹や炭は湿気やにおいを吸い取る力があり、脱臭剤として使うことができます。ソファの近くに置いておくと、ソファのにおいも部屋のにおいも一緒に吸い取ってくれます。

炭の使い方をチェックしよう

ソファのにおいが特に気になる場合は、炭を布の袋に入れてソファの上に置き、その上からカバーでソファ全体を覆うと炭がソファのにおいを吸い取ってくれます。

炭には黒い炭と白い炭があります。黒い炭はアルカリ性のにおいを吸い取りやすく、尿や汗などのアンモニア系のにおいに威力を発揮します。

白い炭は酸性のにおいを吸い取ります。食べ物やたばこのにおいは酸性とアルカリ性が混じりあっていることが多いので、両方の炭を使うのがおすすめです。

炭の脱臭効果は数か月間持続します。においを吸い取らなくなってきたら、沸騰したお湯の中で10分ほど煮て数日乾燥させると吸い取る力が戻り、何度でも使うことができます。

プラスアルファの重曹の使い方で心地よい空間に

重曹自体にはにおいが無いので、重曹をお皿などに移し、その上に好みの精油などを振りかけておくと、脱臭させつつ手軽にルームアロマを楽しむこともできます。

重曹はそのまま捨ててしまわず、最後はシンクを磨くのに使ったり、鍋の焦げ付きを落としたりするのに使えます。使い終えたらそのまま排水溝に流してしまえばOKです。

ソファのお手入れ方法は素材によって違う

ソファの素材によってお手入れ方法がまったく違うので、自宅のソファの基本的な手入れ方法とやってはいけないことを覚えておきましょう。またソファのにおい取りには炭か重曹を使うと、ソファだけでなくお部屋全体のにおいも取ることができます。

合わせて読みたい記事

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう