人生をポジティブに生きるための「自己肯定感情」を手にする方法

自分のことが嫌い、でもいつか自分を好きになって自分に自信を持って輝いて生きて生きたいと日々頑張る女性たちへ、そのヒントをお届けします。

貴女は自分のことが好きですか?日本人は自分のアラ捜しは得意と言われています。たとえば「あなたの欠点を挙げてみて」と言われるといくらでも挙げることが出来るという人は多いです。

一方で長所は?と尋ねられると・・・出てこない。一見謙虚で慎み深いようですが、内心はもっと自分に自信を持って生きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。自分に自信を持ってポジティブに生きるためにはあるものが必要です。それは自己肯定感というものです。

自分を輝かせる「自己肯定感」を手にする方法

自己肯定感情とは自分で自分を認められる感情のこと。これがあるかないかでは人生の充実度がぜんぜん違います。その自己肯定感情を手にする方法をご紹介します。

1時間くらい時間をとってください。これからとことん自分に向き合いますので邪魔が入らないようにスマホの電源は切ってもいいでしょう。3枚ほどの紙とペンを用意します。少し手間がかかりますが、今すぐにでも自分を好きになって輝いて生きていくための大事なステップです。

STEP1 最近、感情が大きくマイナスに揺れ動いたことを書き出してみよう。

静かに目を閉じて呼吸を3回。静かに目を開けて、最近自分の怒りや悲しみ、苛立ちなどのネガティブな感情を抱いた出来事を書き出していきます。20個くらいあればいいです。だんだん気分が高ぶってくるかもしれませんがかまいません。紙に思いをぶつけるくらいの気持ちでやってみてください。

STEP2 ネガティブな出来事が起こったとき貴女は?

その出来事が起こったとき、どのような感情が湧いたでしょうか。それも細かく書いていきましょう。ネガティブな感情とは、怒りや悲しみ、苛立ちなど、その感情が湧くと不愉快になる感情のことです。

STEP3共通点を探してみる

STEP1.2の作業を三日ほど続けてみてください。ちょっと手間隙かかりますが、根気よく続けていくとある共通点が見えてきます。自分がどんなときに感情がネガティブに傾くのか。その原因が見えてきます。それは貴女の「思考グセ」です。

STEP4 自分の行動を振り返って書き出していく

次にそのような感情が湧いた後、どのような行動を起こしているのかを振り返ってみましょう。たとえば「苛立ち」を感じた後、コンビニでデザートを大量に買い込んだ、などです。

STEP5 そしてどうなった!?

先ほどの例で考えると、「コンビニでデザートを大量に買い込んだ」後、最終的にどこにたどり着いたのか考えてみることです。この例ではたとえば、「また太って理想体重から遠のいた」などです。

STEP6 自分の行動パターンを見つける

もうここまで来ると自分の行動パターンが見えてくるのではないでしょうか。感情なんてコントロールできないと思うかもしれませんが、人の脳は同じ行動パターンを繰り返す傾向があり、それは感情も同じなのです。このプロセスで自分の感情の癖を理解すれば「自分の取扱説明書」を手に入れたも同然です。どのような時にネガティブな感情を抱くのか分かるようになります。

このプロセスの意味

さて、ここまでのステップを踏んでみていかがですか?ものすごく集中して取り組んだ、スッキリしたという人も多いのではないでしょうか。日本人はネガティブな感情を抱くとそのまま放置してどんどん蓄積していってしまうことがほとんどです。

このステップの「紙に書く」という行為は見える化するということです。貴女が今まで抱え込んだ様々な感情はあなたの中にしか存在しません。しかしそのもやもやした感情に言葉を与えることで存在を明確に認めることになり、整理されていきます。わけも分からずモヤモヤと存在したものが整理されると、全体像がわかって「私、こんなことでずっとモヤモヤしていたの?」と気づきます。すると感情が落ち着き、冷静に自分を見つめられるようになり、自己肯定感情に繋がっていきます。

どうしたらいいのか分からない時は占い?スピリチュアル?いえいえそれはちょっとお金がかかります。このステップはタダですしいつでも手軽に出来るので定期的にやってみることで自己メンテナンスなりますよ。

ネガティブとポジティブは表裏一体

あなたが抱く感情には理由があります。その理由を理解することでネガティブをポジティブに変換することができるのです。

貴女は今、自分のことが好きですか?その度合いが今もっている自己肯定感と同じです。このステップで自己肯定感を手に入れ、どんな時も誰とも比較せず、自分の長所も短所も丸ごと認めて「自分は自分!」と自信を持って、自分らしく輝いて生きる人生を手にしませんか?

この世にたった一人しかいない貴女を輝かせられるのは貴女だけです。

合わせて読みたい記事

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう