クリスマスに彼にあげたい!気の利いた女性だと思われるプレゼントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肌寒さと共にだんだんと近付いてくるクリスマスの足音は、どこか俯いた心もウキウキとさせてくれるものです。クリスマスに付き物なのは、美味しいお酒に料理に、恋人同士のプレゼントですよね。

大人の恋愛をするようになった今のあなたは、恋人にどんなものをプレゼントしますか?
今回は沢山の素敵な品々の中から、働き盛りの男性にぴったりなプレゼントをピックアップしてお届けします。

毎年頭を悩ませていたあなたももう安心!何を送って良いか分からなくて困っているあなたにも参考にして頂けると幸いです。

社会人の彼に贈るクリスマスプレゼント、予算は万単位が理想的

学生の頃はお金がない中でも男性が喜ぶ物をと、シンプルな小物や安くても上質に見えるような品物を探してプレゼントをしてきたかと思います。

学生時代は女性のその気持ち自体が男性は嬉しく、例え自分の好みと合致していなくても快く使ってくれる男性が多いのではないでしょうか。

しかし男女ともに社会人ともなれば、本当に値の張る上質なものと安価で上質に見える品の違いは男性本人にも周囲にも伝わります。

余りにも予算を絞ってプレゼントを探してしまうと、プレゼントを選んでくれた気持ちは嬉しいのだけれど、人前で使うのは少し恥ずかしいなとあなたから貰ったプレゼントを負担に男性側が感じてしまう可能性があります。

やはり社会人となったからには、多少頑張って万単位の品物の中からプレゼントを選ぶことが理想的だと言えます。

毎日使う財布は失敗なし!使ってくれているか分かる、贈る側も嬉しいプレゼント

女性でも男性でも、社会に出て生活を送っている以上財布を使わない日なんてほとんどありません。財布は働く人にとってはとても身近な存在です。

女性向けの財布は色や可愛らしいデザインで様々な種類がありますが、男性の財布はシンプルなものが基本的に多いので社会人の彼へのプレゼントを送り慣れていない人は少し戸惑ってしまいますよね。そこでどのポイントに注目してプレゼントの財布を選べば良いのかを見ていきましょう!

【1】長財布はビシッと決める雰囲気の彼に

長財布を男性が持つと、折り畳みの財布よりも何だか出来る印象を周囲に与えます。同じシンプルな財布の中でも成熟した男性の魅力を演出してくれるアイテムではないでしょうか。

長財布もハイブランドのものは、シンプルな中にも伝わってくる重厚感や上質感が他の財布とは違います。ある程度社会的に高い地位や仕事に就いている男性にプレゼントするのであれば、少し頑張ってハイブランドの長財布をプレゼントするのも良いかしれませんね。

【2】荷物が多いのが嫌いな彼にはシンプルな2つ折り財布

両手を開けておいてアクティブに動きたい彼には、シンプルで機能的な2つ折りの財布がピッタリです。シンプルながらにカードの収納量に優れていたり、さり気ないデザインの中にクールさを感じさせるものがあったりとセンスの良さも長財布に引けを取りません。

2つ折りの財布を好む男性は、恐らくポケットに財布を収納してしまいたいのであまり外側の装飾が大きすぎたりして衣類に引っかかってしまうような物は避けた方が良いでしょう。

外側は茶色や黒色でシンプルなデザインながらも、内側のデザインは鮮やかな物もあります。働く男性の邪魔にならない程度の遊び心を加えたデザインの財布をプレゼントするのも喜ばれるでしょう。

【3】気取った物を好まない男性には、機能的なカジュアルな財布を

社会人の男性に送る財布としてはあまりにも機能重視のシンプル過ぎるものは、女性側からしては少し抵抗があると思います。

それでもやはりプレゼントという物は貰う側の好みの方が大切な筈です。彼の好みが機能性に富んでいる財布の方だと言うならば、それに見合う物を探してあげましょう。

機能性重視の財布は革製の財布と違って、女性側にはあまりお洒落な物に見えないかも知れませんが実は男性にとっては心のツボを押すようなデザインが散りばめられているので心配はご無用です。

さり気なく施されたワンポイントのマークにシンプルさを好む男性は充分にお洒落さを感じています。また、このような種類の財布は革財布の2つ折りの財布よりもかなりコンパクトに作られているので、ズボンのポケットが膨らんで座る時に邪魔になってしまったり、鞄の中で幅を取ることも少ないのでストレスなく持つことが出来るでしょう。

学生時代のデジタル時計をまだ使っている彼に、大人として持つべき上質な腕時計を

学生時代などの若い頃は、活動的な男性だとデジタル式のスポーツメーカーなどの腕時計を使っていた方も多いと思います。

若い頃だからこそ映えるデジタル時計は、特にスーツを着用してオフィスワークの仕事をしているビジネスマンに適した時計とは言えません。

時計に回す予算がなくて買い替えていないだけという男性であればクリスマスプレゼントを機会に贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

腕時計の値段にはかなりの幅がありますが、シンプルでそれなりの重厚感がある物を探しても2万円前後でかなりの種類があります。

もちろんもっと値の張るものはいくらでもありますが、この位の予算でも大きな存在感を放つ時計というプレゼントは賢い選択なのではないでしょうか。

ビジネスシーンで恥ずかしくないようにと時計をプレゼントで選んだ際に1つ気を付けて欲しいことは、今男性が使っている時計を気に入っている場合です。好んでその時計を付けていたのに、恋人にその時計はみっともないからと違う時計をとプレゼントされてしまったら良い気持ちはしないでしょう。

他人からはどんなガラクタに見えてもその人にしか分からない愛着がきっとある筈です。時計の所有にいくつか種類があると良いよね、と男性のテリトリーを荒らさないでプレゼントをするように心掛けましょう。

社会人の必需品名刺入れは、他のプレゼントのサブとしても活躍

どのようなタイプの働き方をしていても、多くの男性が社会に出て所有する確率が高いのが名刺です。

名刺入れには安価なタイプから万単位のものまでかなりの種類がありますのでクリスマスプレゼントに適したタイプをご紹介していきます。

【1】余計な飾り付けは無用!スマートに収納できるアルミタイプの名刺入れ

まず、量販店で見られる安価なものはアルミタイプの名刺入れです。アルミタイプの名刺入れはシンプルですが持つ人にどこかスタイリッシュな印象を与え、あまり装飾したものが得意ではない男性には適した品物ではないでしょうか。

ただしこのアルミタイプの名刺入れの場合は値段がかなり可愛らしいものが多いので、他のプレゼントにそっと添える程度が理想的でしょう。

今他のタイプの名刺入れを使用している男性に、破損した時のスペアとして使ってね、と伝えると喜ばれます。

【2】存在感抜群!財布と同じ革タイプの名刺入れ

財布やキーケースなど同じシリーズで販売されていることが多い革タイプの名刺入れは、持つだけで上質な雰囲気を周囲に与え、持つ人を有能なビジネスマンであるという印象を与えることが出来ます。

財布と同様、黒や茶色などのビジネスシーンの邪魔をしないシンプルなデザインであることが多く、高品質なものは使う度にその革に味が付け加わっていくので、安価なものを頻繁に買い替えるよりはもしかしたらお得になるかも知れません。

【3】変化球は木の名刺入れ!お洒落でカッコ良い雰囲気で周囲にも評判に

最近トレンドの木の名刺入れ、実際に使ったことがある人はまだそんなに多くはいないかも知れません。

見た目がとてもシンプルで落ち着いた雰囲気を醸し出す木の名刺入れには様々な種類があります。金具を全く使っていない構造の名刺入れや刻印入りのものなど、他の人と違うものを持っていたい人達に刺さる雰囲気のある商品が多いです。

木の名刺入れとなると、持ち歩く際にスーツ類に引っ掛かったり邪魔になったりするのではないかと心配な方も多いかと思いますが心配ありません。きちんとしたお店のものは角の処理などをしっかりされているので、持ち歩く際にも負担にならないように作られています。

例えばプラスチックやアルミのケースに同じイラストや氏名の刻印をしたとしても、木に刻印したように雰囲気溢れるものには到底なりません。

木の持つ温かみや、シンプルな中に隠れている重厚感は他の物とは代えがたい価値があるのではないでしょうか。

男性自身が名刺入れを選ぶ時に中々思いつかないこの木の名刺入れは、値段は基本的に万に届かない程度とお財布に優しいお値段が一般的です。クリスマスという特別なイベントに良いものを贈りたいけれど、予算が厳しいという方にはピッタリではないでしょうか。

学生時代に贈るのは女性からの真心、社会人になってから贈るのはパートナーとしての気配り

学生時代には、相手のことを大好きで大切に思っていれば贈る品物がどんなにチープだったとしても高価なものよりも価値があったはずです。周囲のしがらみなんかよりも、相手のことをどの位大切に思えるかが、恋人同士が長続きしていくコツでもありました。

相手のことを大切に思う気持ちは社会人になったとしても、もちろん変わることはありませんが必要なものが他に増えてきます。

それは女性にも男性にもついて回る「社会的信用」というしがらみです。毎日職場の中で闘っていく必要のある男性には、愛情だけでは太刀打ち出来ない体裁というものが付きまといます。

あなたが贈ったプレゼントで男性が恥ずかしい思いをしないように気配りをすることも、大人の女性としてのクリスマスプレゼントの内の1つなのではないでしょうか。

プレゼントは相手の喜ぶものを、という気持ちは若い頃もこれからも変わらずに

これまでクリスマスに向けての男性へのプレゼントについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

若かった学生の頃とは違い、持っていて恥ずかしくないものをプレゼントするのが社会に出たカップルとして当然だとお話して来ました。

しかしながら、体裁がいくら整っていてもそれが男性の意思を頭から否定したものであれば意味がありません。

もし彼の好みがビジネスシーンに適さないようなものだとするならば、これはお休みの日に使ってねと一言添えて渡してあげましょう。

そうすれば男性側としても、自分の意思を尊重しながらも仕事に対しても気配りをしてくれている女性だとあなたを益々大切な存在だと分かってくれることでしょう。

学生も社会人も、これから先歩いていく未来も、相手を思いやり考える気持ちを忘れなければあなたからのプレゼントを男性はきっと喜んでくれることと思います。あなたが納得のいくクリスマスプレゼントに出会えることを願っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

one + ten =