シーンによって日焼け止めの選び方が変わる!日焼け止めの正しい使い方とは

30歳を過ぎるとお肌の曲がり角が見えてくるといわれることがあります。実際に10代、20代前半のときの肌よりも肌の衰えが気になってきている女性が多いのではないでしょうか。

特に顔の肌は敏感なため、こまめにケアをしなければ「老け顔」などと呼ばれて年齢不相応な顔に見られてしまうこともあるでしょう。特に夏場は紫外線によるダメージが気になる季節です。紫外線から顔を守りたくて日焼け止めを塗ってケアをする人が増えてきます。日焼け止めによる日焼け対策は、美しい肌を守るためになくてはならない対策方法なので、ぜひ実践すべきです。

しかし残念ながら、日焼け止めを正しく使うことができていない人もいるのです。日焼け止めはただ肌に塗ればいいのではありません。シーンにあわせて適切な日焼け止めを選ぶ必要もあれば、日焼け止めの効果が正しく現れるための塗り方も理解する必要があります。

シーンに合わせた日焼け止めの正しい選び方と塗り方をおさえておけば、大切な肌を守る効果をより高めることができるでしょう。本記事で紹介する要点はとてもシンプルなので実践しやすいものになっています。記事を読んだ後は、ぜひこれまでの日焼け止めの使い方を見直してみましょう。

日焼け止めの誤った使い方をするとどうなる?

日焼け止めを使う一番の目的は「日焼けしないこと」でしょう。つまり、肌を黒くしたくない、白いままを保ちたいということです。肌の白さを維持することは、外見だけでなく肌の健康そのものにとっても重要なことです。

日焼け止めは肌の白い状態を維持するために欠かせないものですが、使い方を誤ると本来の効果を見込めることができません。「日焼け止めを使ったのに、肌が黒くなっている」という残念な結果になってしまいます。

肌が黒くなっているということは、皮膚に変化が及んでいることでもあり、それは肌の健康にダメージを与えていることにつながります。ダメージが蓄積されていくと、下記で紹介する2つの健康被害が起きてしまうかもしれません。

シミやシワなどの皮膚ダメージ

紫外線を浴びるとシミが増えるのは通説になっています。シミの発生の原因はメラニンによるものというのも多くの人々に理解されていることでしょう。

紫外線は人間の皮膚の内側に入りこんで、皮膚内の組織を破壊してしまう力があります。組織が破壊されることによって、後述する健康被害を招いてしまうのです。しかし、私たち人間の体には紫外線から健康を守る力が備わっています。

皮膚内に紫外線が入りこむと、ある細胞が紫外線と戦います。細胞が紫外線を取り組み、大事な組織を守って病気を防ぐことができるのです。しかし、戦いに勝った代償として、紫外線を取り組んだ細胞はメラニンとして残ってしまいます。つまり、メラニン=シミは紫外線から体を守った証ということになります。

また、紫外線を浴びると「活性酸素」が発生し、肌質が悪化します。活性酸素とは体内を老化させる物質で、体内の機能を衰えさせてしまう効果をもっています。顔の皮膚内で活性酸素が発生すると、肌のハリやうるおいが損なわれてしまい、老化の現れであるシワが増えてしまうのです。

悪化すると皮膚ガンを発症する可能性も

活性酸素を生み出す力もあるほどの紫外線です。紫外線を浴び続けることで、体内の組織が破壊されて健康状態が悪化し、皮膚ガンに至るケースもあります。

皮膚ガンの種類はいくつかありますが、発症例が多いのは「基底細胞ガン(きていさいぼうがん)」です。ホクロのような黒い塊が肌に現れ、加齢とともに大きくなるケースです。

皮膚ガンは他にも種類があります。詳しく知りたい場合は、以下のサイトにて詳しい情報を知ることができます。

別府医療センター
http://www.beppu-iryou.jp/kakuka/hifuka/hihugansouki.html

紫外線が皮膚内に入りこむことは、シミの発生だけでなく健康にとっても悪い影響を及ぼします。ですので、皮膚内に侵入する紫外線の量を抑えることで、美しく、健やかな肌を守ることが可能となるのです。皮膚に入りこんでくる紫外線量を減らすために、日焼け止めの使用が重要となってきます。

シーンに合わせた正しい日焼け止めの使い方

日焼け止めを正しく使わないと、皮膚ガンを発症する可能性が生じます。日焼け止めは値段が高いものを選べばいいわけでも、厚く塗ればいいわけでもありません。「シーンに応じて適切な日焼け止めを、正しい方法で塗る」ことが重要です。

シーンに合わせて、SPFとPAを使い分ける

そもそも紫外線は3種類存在しています。UVA、UVB、UVCです。そのうち、UVAとUVBが人間の皮膚に届く紫外線とされているため、対策が必要です。

それぞれの紫外線に対応したタイプの日焼け止めを使うことが理想的です。日焼け止めにはPA++やSPF30などが書かれています。この表記は紫外線の種類に対してどれだけ効果があるかと示したものです。2種類の紫外線に応じた日焼け止めの種類を下記にまとめました。

UVAにはPAタイプを使う

UVAは紫外線の影響が及ぶ範囲が広く、人間の皮膚の奥深くまで入りこみやすい紫外線です。シミや皮膚の病気などはUVAによるものと考えてよいでしょう。

UVAの紫外線にはPA(Protection Grade of UVA)を意識して日焼け止めを選ぶようにします。PAのレベルは+の数で表されています。+から++++まであり、+が多ければ多いほど効果が強くなります。

UVBにはSPFタイプを使う

UVBはUVAに比べて紫外線の長さが短いです。ですので、人間の肌の表面に影響が現れやすい紫外線とされています。外出して肌全体が赤くなったり、こんがりと焼けたりする現象はUVBの影響が大きいです。

UVBにはSPF(Sun Protection Factor)タイプの日焼け止めを使うようにしましょう。SPFには数字が記載されており、数字が高いほど効果が強くなります。SPFの日焼け止めの数字は効果の持続性を示すものです。

人間は紫外線を浴びてから15〜25分後に日焼けをするといわれています。SPFの数字をそこに掛け算することで、日焼け帽子の持続時間を算出することが可能となります。

例えば、紫外線を浴びて20分後に日焼けする人がSPF30の日焼け止めを使用すると、20分×30=600分の日焼け止め効果があるということです。日焼け止めを塗り始めてから10時間も日焼け止めの効果が続きます。

ただし、SPFの日焼け止めは効果が強くなるほど肌への負担も増す傾向にあります。シーンにあわせたSPF値の日焼け止めを選ぶのが得策でしょう。目安は次のとおりになっています。

シーンに合わせた適切な日焼け止めの種類

状況に応じて日焼け止めを使い分ける必要があります。使い分けの目安は下の表のとおりです。

日焼け止めが必要なシーン PA SPF
・買い物など手短な外出
・1時間以内のジョギングや散歩
PA++まで SPF20まで
・サッカーやテニスなどの屋外でのスポーツ
・バーベキューや山登りなどの長時間の屋外アクティビティ
PA++~PA+++ SPF20~30
野外コンサートなど炎天下で1日中過ごす
・ビーチやプールなど夏の屋外リゾート地で過ごす
PA+++~ SPF40~

日差しの強さと外出時間をかけ合わせることで、最適な日焼け止めが決まります。

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めを塗るとき、量は意識せずまんべんに肌に広げて塗ってはいないでしょうか。おそらく、多くの人が正しい日焼け止めの塗り方をできていないことでしょう。日焼け止めは量や塗るタイミングなど、効果を高めるためにおさえておくべきポイントがいくつかあります。

(1)日焼け止めは外出の30分前に塗る

日焼け止めを塗ったら、すぐに日焼け止めの機能が現れるわけではありません。日焼け止めを塗ってから肌になじむまで30分かかります。肌になじんでから、紫外線をブロックする肌ができあがるわけです。

(2)顔に塗るときは500円玉の大きさをとる

高級な日焼け止めを買った場合に多いかもしれませんが、日焼け止めを節約しようと思って少量しか塗らない人もいることでしょう。しかし、量を制約しては日焼け止めの本来の効果を発揮することはできません。

目安として、顔に塗る場合は500円玉大の量を使いましょう。しかし、少々量が多いと感じて、コストがかかると感じるかもしれません。対策方法として、いつも高級で効果が高いといわれているものを使うのではなく、シーンにあわせてコストパフォーマンスのよい日焼け止めを使うことをおすすめします。

(3)ゴシゴシと広げず、トントンと押さえる

日焼け止めを塗るとき、ペンキで塗るように肌に広げて塗るのが正しいと思っている人がいるでしょう。しかし、それは誤った方法です。

肌に乗せた日焼け止めは、肌をトントンと指先でリズリカルに押し込むようにして、肌になじませるようにしましょう。軽く叩きながら塗る範囲も広げていきます。時間はかかりますが、肌に日焼け止めの成分が浸透してより高い効果を得やすくなります。

紫外線ブロックアイテムで日焼け止め効果を高める

日焼け止めだけでは100%日焼け対策をするのは難しいです。また、人によっては日焼け止めが肌に合わず、使用を控えなければならない場合もあるかもしれません。

日焼け対策は日焼け止めを使うことがすべてではありません。紫外線が皮膚に侵入する量を減らすアイテムを使って、さらなる日焼け対策を心がけましょう。

・帽子
・サングラス
・アームカバー
・日傘
・マスク
・リップクリーム

紫外線対策のアイテムには「UVカット」という表記があるものが多いです。紫外線対策アイテムも紫外線によるダメージを受けて老朽化していきます。外出の頻度が高く、アイテムを使う機会も多ければ、紫外線対策効果を維持するために1シーズンごとに新しいものに変えることをおすすめします。

正しい日焼け止めのやり方で肌を白く健康に

いくつかの観点から日焼け止めの正しい使い方について説明をしました。要点をまとめると

・日焼け止めを買うときは、利用するシーンにあわせた種類を選ぶ

・SPF、PAともに数値が上がるほど効果が高く肌への負担も増える

・日焼け止めは広げて塗らず、押しこむようにして肌になじませ、時間をかけて行う

・紫外線対策アイテムを併用して、紫外線を浴びる量をさらに減らす

シーンに合った日焼け止めを選び、正しい使い方によって日焼け止め本来の効果が得られるようになります。まずは日焼け止めの利用頻度や目的などを振り返り、日焼け止めを塗る時間を確保することを意識するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう