美容液の成分って本当に安全?天然由来やパラベンフリーなど

毎日使用している化粧品には様々な成分が含まれていますが、その成分の安全性について考えたことはありますか?毎日肌につけているものだから、理解した上で安心して使用したいですよね。

肌に優しいとされている天然由来成分、パラベンフリーなど、実は肌に危険な場合も…!今回は美容液など化粧品に使われている成分の安全性について解説します。

美容液の役割って何?

美容液は特定の美容成分が多く含まれているので、お肌の悩み、目的に合わせてお手入れができるアイテムです。化粧水をしっかり肌になじませてから使用するとより効果的と言われています。

美容液を選ぶ時の注意点

美容液を選ぶ際には、目的に合わせて選ぶようにしましょう。保湿や美白など、目的別に分けられています。

また、合成ポリマーを使用しているものは肌に悪影響を与える可能性が高いため、天然由来成分やオーガニックコスメなどを選ぶのが良いでしょう。

天然由来成分っていったい何?

天然由来成分とは、自然界にあったものから採れる成分です。自然界にあるもののため、植物とは限らず動物や鉱物から採れるものも天然成分と言われています。

天然由来成分100%=安全ではありません

天然由来の成分を使用していても、成分によっては逆に危険な場合もあります。使用している天然成分がアレルゲンとなってアレルギー症状を起こす危険性がありますし、お肌に合わないこともあります。

また、天然由来100%の場合は防腐剤も含まれていないので劣化が早いです。使用期限を守らないと肌はダメージを受けてしまいます。

安全性のために知っておきたい美容液の成分

基本的に化粧品には安全性の高いものが使われていますが、体質によってアレルギー症状を起こしたり刺激に感じることがあります。安全性を知る上でも、化粧品に含まれている成分を紹介します。

グリセリン

安全性の高い成分です。植物性でパーム油やヤシ油を加水分解して作られますが、精製度が低い場合稀に不純物が混入することがあります。精製度に関わらず表記は「グリセリン」なので、価格で判断するのが良いでしょう。

BG(ブチレングリコール)

保湿効果、抗菌作用があるので防腐剤の目的で配合されることがあります。低刺激の成分で安全性は高いでしょう。

エタノール(アルコール)

揮発性があるために乾燥肌や肌荒れの方は避ける方が良いでしょう。

PG(プロピレングリコール)とDPG(ジプロピレングリコール)

ベース剤として使用されており、他の保湿成分と合わせることで効果を高めたり、伸びをよくするなどの効果があります。

PGは海外にて発がん性が懸念されていることから化粧品に含まれることは少なくなってきています。DPGの方が安全性が高いと言えるでしょう。

天然由来成分100%コスメのメリット

自然の成分を使用しているので、お肌への負担が少ないと言えるでしょう。化学的な成分を使用していないので、少しずつ肌本来の強さを取り戻すことができると言われています。

天然由来成分100%コスメのデメリット

天然由来の成分を使用しているとコスパが悪くなります。また、化学的な成分を使用していないことで効果が一部劣ったり、すぐに結果が出ないこともあります。前に開設したように、防腐剤が含まれているものも少ないため品質管理も大切になってきます。

ただし、天然由来のコスメであれば肌に負担をかけず長い期間続けることができるので、すぐに効果を実感できなくても肌のためを考えると天然由来成分100%のものが良いと言えるでしょう。

『防腐剤の入っていないパラベンフリー化粧品が安全』は、大まちがい!

最近のスキンケアコスメの中には、パラベンフリー(防腐剤無添加)と記載のあるものが多いですよね。お肌にいいものを探している人は、パラベンフリーのものを選ぶことも多いのではないでしょうか。しかし、パラベンは食品や飲料、医薬品に使われるほど低刺激で安全せいの高い防腐剤なのです。

化粧品に防腐剤が入っていると・・・

パラベン_(防腐剤)が入っていれば、容器内に入り込んだ菌の繁殖や酸化などを避けることができ、開封後も安全に使用することができます。逆にパラベンが含まれていないと、菌が繁殖したり酸化して、見た目にはわからなくても食品と同じように腐ってしまいます。

美容液の安全性に関する考え方の基本

化粧品に含まれている成分は、基本的には安全性が高いものです。含まれている成分によって体質に合わなかったり、体調によって刺激になることもあります。また、少量の成分であれば問題なくても濃度によっては刺激に感じることも。

天然由来の成分も、自然に近いものなので(科学的な成分が少なく)安全と思われますが、やはりアレルギー体質の方は注意する必要があります。

正しく選んで健康な美肌を目指そう

お肌に良いと思われていた天然由来成分やパラベンフリーには思わぬ落とし穴がありましたが、アレルギーや使用状況などに気を配れば安全に使うことができます。

成分の安全性だけでなく、自分の肌質や状態に合わせて、化粧品を選択できると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう