30代からの転職は失敗しやすいの?成功するために行うポイントとは

転職という機会は、社会人として働いている方ならどなたにでも起こり得るものです。その理由は多岐にわたりますが、一方では年齢がネックになって転職を悩んでいる方も少なくありません。

30代に入ってからの転職。社会人としてそれなりに経験を積んできた年代ともなると、やはり失敗の可能性は無視できません。

リスクが先立ち、転職自体を安易な冒険心と考える方もいらっしゃるでしょう。人生においても1つの契機といえますが、それでも決断しなくてはならない場合があるのも事実です。

そこで、30代からの転職で失敗しないための考え方や具体的な方法をこの記事でご紹介します。準備と行動を怠らなければ、充実した毎日を転職先で過ごせるはずです。

見出し:30代以上の経験値に期待する企業も

転職市場では「35歳転職限界説」という言葉が広まっていたこともあり、30代に入ってからの転職に不安を感じているという方は思いのほか多く存在します。

それは志望する本人の問題だけでなく、応募先の企業も年齢に難色を示すのではという不安につながり、「結局は20代が採用されるのだから」といった諦めに変わっていくケースもあります。

しかし、実際には30代だからといって転職という選択肢が閉ざされるわけではありません。人材を募集する企業としては、もちろん若年層の採用に積極的なケースもあります。

それ以外としてキャリアを積んできた人材に対し、企業のウィークポイントを埋められるような経験者の採用を推進する企業も多数見受けられます。

見出し:経験を生かした転職を希望する場合

ご自身がある業界において一定以上の経験を積んできたのなら、同じ分野の経験者採用を実施している企業は転職先候補としてチェックするべきでしょう。ただし、同じ分野だからという理由だけで応募するのは早計といえます。

改めて確認しておきたいのは、ご自身の経験やスキルがどういうセクションのどのようなプロジェクトにおいて役に立つのか?

その理由はなぜかといった具合に、能力を生かせるフィールドを細かく特定することです。また、その能力はプロジェクトのどこまでをカバーできるのかといった範囲や深度についても具体的に確認しましょう。

それによって、転職先候補からご自身の力を発揮できる求人を絞ることができますし、さらに別の分野でも活躍できそうな求人を発見できる可能性が出てきます。

経験者採用を行う企業が期待すること

各業界において、経験者の採用を実施する企業は少なからず存在します。

そういった企業が求める経験は募集する職種やセクションによっても異なりますが、たいていの場合は高い専門性知識とそれを活用した実践レベルの経験、そして実績です。

専門性知識の蓄積と経験の積み重ねを経て、実績を挙げるまでには相応の時間が必要となります。それを見越したうえで経験者採用を実施する企業は30代以上の方も対象としているのです。

同時に、チームをまとめ牽引するだけのマネジメント能力を重視するケースもあります。

業務スキルが高いスタッフを管理職に抜擢することは、多くの企業で行っています。管理職としてチームにどのような功績を残したか、という点も経験者を採用するうえでポイントになります。

この2点から考えて、経験者採用を実施する企業は対象者が即戦力となれるかを重視しているといえます。そういった企業に応募する際は、ご自身の知識や経験、実績を明示して、他の応募者との差別化を図ることが大切です。

30代でも未経験の転職することは可能?

ここまでは、今まで経験のある仕事で転職を希望する方に向けた内容をお伝えしてきましたが、そうではなく今までとは違った職種にチャレンジしたいという方もいらっしゃるでしょう。ただ、未経験の仕事に転職したい場合、やはり30代という年齢がネックになるという印象は拭えません。

では、未経験の業界や職種への転職は不可能なのでしょうか。結論からお伝えすると可能ではあります。いくつかの条件をクリアできれば、未経験職種の求人でも採用される確率は大きく変わってくるはずです。その条件とはどんなものか、ご紹介していきます。

未経験の職種に転職するための条件その1

未経験の職種に転職を希望する場合、まず考えておきたいのは「自身の知識や経験がその職種にどう役立つのか?」という点です。

社会経験がそれほど多くない若年層と違って、30代の転職では社会人としてどういったテーマを持って、どのように取り組んできたのか?といった具体的背景を伝える必要があります。そういった背景が漠然としているなら、採用する側としては若い人材に食指を動かすでしょう。

30代で未経験の仕事に応募するなら、将来的展望だけで企業を納得させるのは難しいといえます。

募集しているポジションを調査するのと同様に、ご自身の経験値を深掘りして「だからこのポジションに私は適しています」と訴求できるくらいの準備は最低限しておきましょう。

未経験の職種に転職するための条件その2

次の条件は「リーダーとしての経験」です。

先にも触れましたが、30代以上の人材を採用する際、企業が期待する一要素にマネジメント能力があります。これは即戦力としての管理職採用で重視されるのはもちろん、スタッフの採用に応募した場合でも有利に働く経験となり得ます。

管理職の経験がある方なら、ご自身がどのような努力を続けることでそのポジションを与えられたかを知っているはずです。また、管理職の立場から見てどのようなスタッフに評価が集まったかもご存じでしょう。

経験を伝えることで、未経験職種の採用に応募する場合でも企業の印象を高めることができます。

管理職の経験がない方でも、過去に組織をまとめたことがあればそれを訴求することができます。例えば部活動やサークル、ボランティア活動などでチームを支えた経験が該当します。

未経験の職種に転職するための条件その3

未経験職種への転職で考えておきたいもうひとつの条件は、できるだけ早く転職先を決めることです。
これは経験職種への転職にも言えることですが、未経験の仕事で転職を果たすには経験職種以上に学習して準備する必要があります。

転職のタイミングは人それぞれですが、転職先が決まる前に今の職場を退職してしまうケースもあります。転職先が決まるまで、という条件で在籍させてくれる会社は多くありません。

状況によっては無職の期間が長くなるリスクも除外できないのです。

また、一度転職に失敗してしまった方は「次は失敗できない」という思いが強くなり過ぎ、転職活動を慎重にさせてしまう場合もあります。しかし、無職でいる期間が長くなるほどそれまでの経験やスキルは訴求力をなくしてしまいます。

転職時に考えておきたい、女性としての将来像

転職で採用企業との面接時に「どのくらいの期間働こうと思っていますか?」という質問を受けるケースがあります。

これは多くの場合、女性として将来のライフイベントと仕事への考え方を知りたいという意味からくるものです。企業によってはもっと直接的な言い方で質問されることもあります。

結婚を機に仕事へのウエイトを軽減させる女性もいますし、当然ですが出産前後は勤務が難しいでしょう。お子さまが小さいうちはフルタイムで働けないという状況も考えられます。

このような将来のプランに対し、自分はどう考えているのか?今転職を果たすことでライフイベントとの両立をどうする意向なのか?といった事をご自身なりに考えておくのは大切です。

もちろん「そういうことはその時になってみないとわからない」というのもひとつの考え方です。ご自身のライフイベントですから、無理に採用企業が期待するような答えを用意する必要はないのです。

女性からの人気が高い職種と、採用への傾向

女性の転職で候補に挙がりやすい職種に、各種事務や受付、秘書といったものがあります。しかし、これらの職種は統計を見ても求人倍率が高く、各求人を見ても募集人数が少ないため、総体的に見ると採用には経験や適性といったものが重要になってきます。

販売や接客といったサービス職種では、店舗名や取扱いブランドによって人気に差が出る傾向があります。話題のお店へ転職するには、サービス職としての技術や実績以外にコミュニケーション能力など内面の適性も重要度を増すといった形でハードルが高くなっていきます。

医療事務や保育士といった資格が必要な職種、通訳に代表される語学力が必要な職種にも人気が集まります。これらはいわゆる専門職とも言え、資格試験だけでなく普段から情報を集め勉強する姿勢が大切です。採用へは該当職種やその業界に対する知識と、困難を克服してきた経験などが鍵を握るでしょう。

派遣会社やエージェントを利用した転職

求人をご自身で探して応募するという転職活動に並行して、派遣会社や転職エージェントに登録することもおすすめです。求人情報の入手元が増えることで、より条件の良い転職先を見つけられる可能性が高まるほか、転職活動の期間を短くすることにも役立ちます。

派遣会社が扱う求人案件に「紹介予定派遣」があることをご存じでしょうか?これは、一定期間(3ヶ月から半年が多いようです)を派遣社員として働き、ご自身と企業の合意が得られれば直接雇用に切り替わるという就業スタイルです。

紹介予定派遣の案件を多く持つ派遣会社に登録して、ご自身の希望を伝えれば適した案件を紹介してもらえるかもしれません。

転職エージェントはご自身の経験、スキル、適性などをヒアリングし、マッチするであろう求人を紹介してくれるというものです。

求人にあたってはその企業を細かく調査しているので、様々な情報を知ったうえで応募できるという利点があります。

まとめ

30代に入ってからの転職は失敗するとお考えの方も、難しいとお考えの方も、決して不可能ではないということがお分かりいただけたでしょうか?

確かに、20代での転職と比べれば様々なことを考え実行する必要は生じます。しかし、逆に言えばそれだけご自身が社会で活躍してきたということでもあるのです。その活躍内容を応募先に伝えることが大切です。

転職に向けて行うべきことをしっかり整理し、タイムスケジュールを設定して、短期間で転職を果たせるように行動しましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう