紫外線以外にもこんなにあった!シミの意外な原因とそれぞれの対策

紫外線対策をしているのに、シミができてしまうことがあります。実はシミの原因は紫外線だけではありませんでした。日常生活でシミが出来る原因は、他にもたくさんあったのです。

シミができると老けて見えるので、自分のシミの原因を突き止めてケアしていく必要があります。そこで今回はシミのできる原因とそれぞれの対策をご紹介していきます。

まずはシミ発生のメカニズムから

シミの発生にはメラニンが関係しています。皮膚内にあるメラノサイトが何らかの刺激を受けると、このメラニンが生成されるよう指令が出ます。これは細胞内の核の中にあるDNAが、破壊されたり変異したりしないように守るためのシステムです。

本来なら肌を守るためのシステムですが、長引くとメラニンが過剰に作られることになります。大量のメラニン色素はターンオーバーでの排出では間に合わず、そのまま沈着しシミとして残ってしまいます。

紫外線だけじゃないシミの原因 ①肌への摩擦や刺激

肌はデリケートなので、摩擦や刺激を受けると炎症を起こします。すると体は炎症によるダメージを回復するため、新しい細胞を次々に作り出そうとします。この時にメラノサイトも一緒に活性化してしまい、メラニンの過剰生成が起こるのです。

ナイロンタオルでの摩擦や怪我、ヤケド、虫さされなどの刺激でも、シミの原因となってしまいます。見ただけでは気付かない小さな炎症でも、続くとシミになるので注意が必要です。

対策は刺激を与えないようにすること

肌への摩擦や刺激によるシミの対策は、日常生活での習慣や癖を見直すことが一番です。肌に刺激になりそうな習慣を改め、肌への刺激に気を配っていきましょう。

紫外線だけじゃないシミの原因 ②活性酸素

活性酸素は本来、体内に入ってきた細菌などを攻撃して体を守る役割があります。しかし過剰に増えてしまうと、細胞を破壊してしまうのです。肌はこの活性酸素の増加による影響を受けやすいと言われています。

増えすぎた活性酸素がコラーゲンを破壊すると、肌のターンオーバーの乱れにつながります。するとメラニンの排出が上手くいかなくなるので、シミが残りやすくなります。

また活性酸素はニキビなどの炎症を悪化させるので、色素沈着によるシミも残りやすくなります。

活性酸素が増加する原因は?

活性酸素は紫外線を浴びることで発生します。その他にも、食生活の乱れやストレス、喫煙、飲酒などでも発生するので注意が必要です。

抗酸化作用をもつ成分を取り入れて

活性酸素によるシミ対策は、スキンケア化粧品に抗酸化作用のあるものを取り入れましょう。特にビタミンC誘導体は優れた抗酸化作用があり、美白対策におすすめです。

活性酸素を抑える作用以外にも、肌のターンオーバーを促す作用やコラーゲン生成の促進作用なども期待できます。

紫外線だけじゃないシミの原因 ③ストレス

ストレスを受けると体内の活性酸素が過剰発生し、正常な細胞まで攻撃を受けます。体は細胞を守ろうとメラニン色素を多く生成するのでシミができやすくなります。

またストレスを感じると、女性ホルモンが減少し男性ホルモンが増加します。このホルモンバランスの乱れに伴い肌のターンオーバーに乱れが生じることでも、シミができやすくなります。

また男性ホルモンにはメラニンを生成する働きがあるので要注意です。

自分なりのストレス発散法を見つけること

ストレスの対策は、できるだけストレスの原因を遠ざけるようにしてください。それが難しい場合は、ストレスを発散できるようなスポーツなどの趣味を見つけるようにしましょう。

紫外線だけじゃないシミの原因 ④食べ物

顔にできるシミは、毎日の食べ物が原因となる場合もあります。炭水化物など糖質の高いものばかりを摂っていると、糖化が進むことが分かっています。

糖化とは血液中の糖質がたんぱく質と結合することで老化物質が生成され、老化が進む現象です。この糖化により、メラニンの生成を促す物質が増えることが分かっています。

日々の食事を見直してみよう

ご飯やパン、パスタなどの炭水化物は糖質の代表格です。また糖度の高いフルーツや糖質の多い芋などの野菜にも注意が必要です。

これらの食材は量を減らして控えるようにしましょう。

やっぱり1番の原因は紫外線

シミの一番の原因は紫外線です。特に刺激の強い紫外線B波を浴び続けると、メラノサイトが活性化しメラニンの大量生成につながります。

紫外線により肌がダメージを受けるとターンオーバーが乱れがちになるため、さらにシミが残りやすくなります。

紫外線対策は1年中必要

紫外線は1年を通じて降り注いでいるので、日焼け対策を怠らないことが大切です。外出するときは帽子や日傘で日差しをカットするだけではなく、日焼け止めクリームの使用をおすすめします。

自分のシミの原因をつきとめ、これ以上できないように対策を

シミの原因は紫外線と思われがちでしたが、他にもたくさんの原因があることが分かりました。どのシミも紫外線を浴びることで濃くなっていくので侮れません。さらにシミは一度できると、なかなか消えないのです。

シミは最初から作らないことが一番ですね。今回ご紹介したシミの原因に当てはまるものがある方は、さっそく対策をとってくださいね。あなたもシミを予防して、若々しい素肌をキープしましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう