下半身太りが気になる人必見!自宅で簡単にできるダイエット方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さあ、ダイエットをしよう!と思っても、ダイエットの成果が目に見えて早く出る若いころとは違い、年齢を重ねるにつれ痩せるまでに時間がかかってしまいませんか。今回は、なぜ下半身だけ太ってしまうのか、年齢を重ねるとダイエットの成果が遅いのかなどの原因や、ご自宅で簡単にできるダイエット方法など細かくご紹介していきたいと思います。

【30代の悩み】下半身太りの原因

まず初めに、下半身太りを引き起こしてしまう原因として、むくみ、セルライト、骨盤のゆがみなど様々です。様々な原因を詳しくご説明していきたいと思いますので、当てはまる原因があったら、しっかりと把握してダイエットを成功に導きましょう!

むくみが血行不良を引き起こす!?

女性にとってむくみは、長年の悩みとして抱えている人も少なくありません。気になる脚のむくみに関しては、人間の身体を循環している血液が関係しています。この血液の循環が重要で、血液の流れが悪くなってしまう部分があると、脚のむくみに繋がります。

血液の流れが悪くなってしまうと、血管から水分が染み出て、通常であれば静脈を通して吸い上げられるのですが、血液の流れが悪い場合、水分が静脈に吸い上げられずに、滞ってしまうのです。これがむくみの原因となります。

体の中でもむくみやすい部分が決まっており、それは心臓から一番遠い脚なのです。重力に逆らいながら血液を循環させるには、筋肉が必要です。しかし、女性は筋力が弱いので重力に逆らいながら血液を循環させることが難しく、むくみやすくなってしまうのです。毎日のむくみを取らずに放ってしまうことで、下半身太り、血行不良、冷え性などに繋がります。

セルライトでさらに血行不良に!

むくみを放っておくことで、このむくみの成分である水分が脚の皮下脂肪に入り込み、代謝を悪くさせます。そうすると脂肪がたまりやすくなり、セルライトというボコボコした脂肪の塊に変質します。セルライトは、脚のリンパ管や血管を圧迫してしまい、老廃物の排出を抑止したり、血液の循環の邪魔をするので、余計に血行不良になってしまうのです。

むくみを放っておくことで脂肪が増え、セルライトが増え、それが蓄積されることで、下半身太りに繋がってしまうのです。ひどくなってしまうと、下半身の肌の表面にボコボコとしたセルライトが目に見えてきます。このセルライトは、リンパ管や血管を絡めながら蓄積していくので、食事制限のダイエットや簡単な運動だけでは綺麗に取り除くことが難しいのです。

骨盤のゆがみが下半身を太く見せている!

下半身太りの原因として、骨盤のゆがみが考えられます。体重は変わっていないのに、下半身が太く見えるという人は骨盤の広がりが原因かもしれません。

骨盤が開いてしまう原因として、脚を組んだりするクセがある、体重を体の片方にかけることが多いなど、日常生活で無意識のうちに行っていることがほとんどです。少しずつ骨盤が広がってしまい、目に見えてわかるわけではないので、気づかないうちにかなり広がってしまい、徐々に体系にも変化を引き起こしてしまうことが考えられます。

その他にも骨盤がゆがんだことで、体のバランスが取れなくなってしまうと、人間の身体は無意識のうちにその部分をカバーしようと、余計な筋肉がつき、より体を太くしてしまいます。そして骨盤がゆがむと、太ももの付け根にあるリンパ管を圧迫し、リンパの流れがわるくなります。

そうすることで、下半身の血行不良に繋がったり冷え性に繋がったりしますし、むくみやすくセルライトがつきやすく、下半身太りを引き起こしてしまいます。

水分不足はむくみを進行させる!

水分が滞ってむくみに繋がるからと言って、水分を取らない女性が多いのですが、逆に下半身太りを進行させてしまう原因になります。なぜ水分を取らないとむくみに繋がるかというと、人間の体は不足しているものを離さない性質があります。なので、水分不足になってしまうと体は余計に水分を離さなくなるので、むくみがさらに酷くなってしまう可能性があります。

例えて言うと、脂肪のついていない人がダイエットをしても痩せにくいのは、体が必要な脂肪を離さないからというわけです。水分を取らないと、脚にたまった水分を体が離そうとしないので、むくみが改善せずに下半身がさらに進行してしまうのです。

年齢を重ねるとダイエット成果が出るのに遅い理由とは!?

年を重ねるにつれ痩せにくく感じたり、同じ食事内容で太ってしまったりしていませんか?実は年齢を重ねるごとに痩せづらくなってくるのが原因なんですよ。その理由として、基礎代謝が関係してきますが、今回は基礎代謝の変化についてお伝えします。

年齢とともに基礎代謝は低下する

基礎代謝というのは、人間が生活しているうえで最低限必要なエネルギーのことを言います。どんなエネルギーのことかというと、体温を保つエネルギーだったり、内臓を動かすエネルギー、特に何も行動していなくても勝手に消費するエネルギーのことを言います。

この基礎代謝はなんとなく軽く考えがちですが、実は1日の消費エネルギーの内の約70%以上を占めているので侮れません。女性の基礎代謝は、15歳をピークにどんどん低下していきます。なので、年齢を重ねるにつれ基礎代謝が低下しても食事量を変えないと太ってしまうのは、当たり前ということなんですね。

基礎代謝を低下させないようにする方法としては、筋肉量を増やすことと言えます。筋肉量を増やす=運動することで、心臓や肝臓などの臓器がほんの少し大きくなり、それに伴って基礎代謝が少しずつあがっていくのです。そうすると、ダイエットに成功しやすい身体へと変化していきます。

自宅で簡単ダイエット方法~食事編~

女性の中に運動が本当に苦手!三日坊主になってしまう!という人は多いと思います。そこで下半身太りになってしまう人の原因として、血行不良などがあげられましたが、血行を促進させる食べ物を積極的に摂取すのがおすすめです。

血液をサラサラにする効果の高い、ビタミンCや、そのサラサラになった血液の状態を保つとされているビタミンEを積極的にとるのがおすすめです。血行促進作用のある食材と言えば、生姜が代表的です。冷え性の人なども生姜を使った料理や、生姜ティーなどを積極的にとることで、血行促進が期待できますよ。

その他にも、白米から玄米に変えたり、ネギや根菜などもおすすめですよ。少し体が冷たいと感じた時は、血行促進作用の高いものを摂取することを心がけましょう。これからの季節、暑くなってきますが体を冷やす食材ばかり食べていると、冷え性が進行してしまう可能性があります。なので、血行促進作用のある食材を、ある程度摂取した方が、日ごろからの冷え性対策となります。

血行不良が改善してくると、血液の循環が良くなり、痩せやすく太りにくい身体になっていきますよ。

自宅で簡単ダイエット方法~運動編~

手足ぶらぶら

運動が苦手な女性が多いと思いますが、今回ご紹介する運動は、比較的簡単で誰でもできるダイエット運動になります。帰宅して寝る前の身体は、一日の中でピークにむくんでいる状態になります。この状態をそのままにしておくのは、禁物です。なので、寝る前に簡単なむくみをとる運動を取り入れましょう。

1.布団の上にあおむけで寝ます。
(全身の力を抜いてリラックスしましょう)

2.手足の指先を天井に向けてあげましょう。
(あげたら再度力を抜いてリラックスします)

3.その状態で、手足をぶらぶらと振っていきます。
(大げさに振らずに、小刻みに振ります)

4.約1分ほど、ぶらぶさせましょう。
(滞っていた血液が重力によって心臓に戻るのを意識します)

ながら運動

歯を磨くときや髪を乾かす時に、ながら運動をするだけでも、ふくらはぎの筋肉や太ももの筋肉を使うので、毎日続けると筋肉量を増やしていくことができますよ。

1.つま先で立つ
(内股や外股にならないように意識しましょう)

2.ゆっくりと上げ下げをしていきましょう。
(かかとが着くか着かないか程度まで下げて、限界まで上げるのを繰り返します)

先ほどもお伝えしましたが、筋肉量を増やすことで、基礎代謝をあげやすくなります。なので、痩せやすい身体づくりを行なうことができるんですよ。

ワイドスクワット

ダイエットの効果を早く出したいと思っている人にはピッタリの運動です。ワイドスクワットという運動ですが、その名の通り足を少し広めに開けて、スクワットをします。

1.肩幅の約1.5倍くらいに足を広げます。
(つま先は自然と外側に向くはずです)

2.姿勢はしっかりと胸を張って、背筋も伸ばしていきましょう。
(反り過ぎず、前屈みにならないように、鏡の前でフォームを確信しましょう)
(両手を胸の前にピンッと差し出すとバランスが取れますよ)

3.太ももと床が平行になるまでゆっくりと腰を下ろしていきます。
(息を吸いながら、下ろしていくのがポイント)

4.上げるときもゆっくりと上げていきます。
(息を吐きながら、上がるのがポイント)

5.10回×3セットから始めていきましょう。

この時のポイントとしては、スクワットをするときの姿勢です。本を頭の上に置き鏡で確認しながら、綺麗な状態でスクワットするのがいいでしょう。スクワットしている最中も、何も考えずにスクワットをするのではなく、お尻の筋肉や太ももの内側の筋肉を意識するのがポイントです。

毎日スクワットをすることで、下半身全体の脂肪を燃焼し筋肉をつけていくので、脚がほっそりと、そしてヒップアップも期待できますよ。一ヵ月毎日ワイドスクワットをすることで、見違えるほど下半身のラインが変わったりもします。無理なくできるようになってきたら、少しずつ回数を増やしていくのが、おすすめですよ。

姿勢を正しくする

気付いたら猫背になったりしていませんか?姿勢が悪いと、その姿勢のまま筋肉が固まったり、姿勢を正そうと余計な部位に筋肉がついてしまったりします。なので、ご飯を食べるときなど座っている時や、立って移動するときなどの姿勢をピンと正しい姿勢を保つようにしましょう。姿勢を正すことで、骨盤のゆがみの改善ができますし、ダイエットの効果が期待できますよ。

基礎代謝UP!下半身太り改善!

血行不良や基礎代謝の低下などが、年齢を重ねた30代女性に多い下半身太りの原因ともいえます。

今回ご紹介した、自宅で簡単に行うことのできるダイエット方法を実践していただいて、血行不良を改善、基礎代謝を上げて、下半身太りを改善してあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

9 + eighteen =