30代は日焼け後のシミができやすい。予防に欠かせない有効成分と栄養素を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日焼け後は肌にシミができやすいので、日焼け対策をしなければなりません。くわえて、30代女性の肌はダメージを受けやすいので、20代の肌よりもより入念なケアする必要があります。

女性の肌にとって、夏の紫外線は大敵のほかありません。紫外線を受けて日焼けすると、人によっては肌が赤くなったり黒くなったりします。肌の色が変わるのは時間の経過によって改善されることがあるので、さほど心配する必要はないでしょう。ですが、紫外線はシミの発生原因でもあります。30代の女性の肌はシミが目立ちやすくなるので、日焼けケアが欠かせません。

日焼けでシミができるのはメラニンと肌の衰えのせい

日焼けのシミは太陽の紫外線ダメージが皮膚の中に入り込んで、メラノサイトを刺激することで発生します。メラノサイトは紫外線から肌を守る機能をもっており、紫外線を受けると肌のダメージを防ぐ代わりにメラニン色素を発生させます。紫外線にはUVA、UVB、UVCの三種類があります。

そのうちのUVAとUVBがメラニン色素の刺激に強く関わっており、浴び続けることでメラニン色素が過剰に分泌されて、やがてメラニン色素は黒く沈着して皮膚上にシミとして現れます。この一連の流れが、シミができるメカニズムなのです。

肌はターンオーバーと呼ばれる代謝によって、新しいものへと生まれ変わる工程を日々繰り返します。健全な代謝が行われるとメラノサイトから発生したメラニン色素も排出されていくので、シミが残りにくくなります。しかし、ターンオーバーの力が弱くなってしまうと、シミの原因となるメラニン色素が肌に残ったままなることがあります。そうなってしまうと、メラニン色素の沈着が進み、シミが発生してしまいます。

肌の代謝機能が低下して原因はストレスや過労もありますが、老化にともなう肌の衰えも関係しています。年齢とともに免疫力や代謝といった人間の整理機能は低下してきます。ですので、加齢とともに肌に受けるダメージは大きくなりやすくなっていくのです。

シミを抑えるためには、日焼け対策がマスト

夏は非常に日差しが強くなり、人間が浴びる紫外線の量も膨大になります。ですので、シミの発生を防ぐためには日焼け対策が欠かせません。日焼け対策としてとれる方法はさまざまあります。そこで、簡単に行える方法をいくつかご紹介します。

<日焼け止めを塗る>

薬局で購入できる日焼け止めの種類は豊富で、どれを選べばいいかわからない人が多いかもしれません。日焼け止めの表記に「SPF」と「PA」と書かれたものがあります。それらの違いは次のとおりです。

SPF

日焼けで皮膚が赤くなりやすい肌のタイプに向けたものです。SPF50など数字がつきますが、数字が大きければ大きいほど紫外線(特にUVB)に対するバリアが強くなります。

PA

日焼け後に皮膚が黒くなりやすい人にあうとされるものです。SPFと同じく、数字が記載されますが、大きいほど紫外線(特にUBA)から肌を守る力が強くなります。

どちらの種類の日焼け止めでも、シミ対策に十分役立ちます。自分の肌質、日焼け後の肌の変化にあわせた日焼け止めを選ぶようにしましょう。

日焼け止めは外出前に塗ります。皮膚に塗る前は、肌の保湿ケアをしてから塗るようにしましょう。外出すると、日差しや熱気によって肌の水分が奪われていきます。水分のない肌もシミを含んだ皮膚トラブルを招きやすくなるため、水分保湿は欠かせないのです。ですので、日焼け止めを塗る前に化粧水などを顔や体に塗るようにしましょう。

皮膚に水分を与えてから、かぶせるようにして日焼け止めを塗るようにします。日焼け止めの量は顔だけでおよそ500円玉くらいの大きさがよいといわれていますが、適切な容量は日焼け止めのパッケージを確認するとよいでしょう。運動などで汗を書く場合やプールに入る場合は、日焼け止めが流れ落ちてしまうことが考えられます。こまめに塗りなおすようにしましょう。

30代の肌には有効成分を意識したスキンケアを

普段の肌のケアを意識して行うことによって、シミが発生しにくい肌をととのえることができます。留意しておきたいのは、30代の肌質は10代、20代のものと変わっているため、年齢にあったケア方法をとることが求められます。若者の肌は水分量を多く含みやすく、豊富な水分によって肌の健康状態を良好に保ちます。

しかし、加齢とともに維持できる水分量が減っていきます。水分量が減ることよって肌のバリア機能が低下してしまい、シミになりやすくなってしまいます。ですので、若いときよりも入念な肌のケアを行なって、弱くなっていった肌の機能をサポートする必要があるのです。

肌のトラブルを招きやすい30代の女性の肌ですが、解決したいトラブルにあわせたケア用の化粧品を選ぶ必要があります。肌をケアする化粧品には肌の機能を高める成分が含まれています。シミの場合は、「プラセンタエキス」、「ビタミンC誘導体」、「グロースファクター(EGF)」を選ぶようにしましょう。

プラセンタエキス

プラセンタとは、胎児と母体を結ぶ胎盤のことです。プラセンタエキスは哺乳類の胎盤から抽出したエキスになります。胎盤には胎児を育てるために必要な栄養素が豊富にあるため、肌に注入することで不足している栄養素を直接取り組むことができると考えられています。栄養素が行き届いた肌は代謝機能が高まり、ターンオーバーが促進されます。ですので、シミの排出効果が期待できるのです。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、皮膚に浸透することでビタミンCに変換する成分のことです。ビタミンCは肌の機能を改善するために不可欠な栄養素といっても過言ではありません。しかし、体内でビタミンCは生成されないので、食べ物や化粧品などの取り入れる必要があります。しかも、ビタミンCは壊れやすい組織になっているため、想定した摂取量と実際の量との差があり、肌への効果の現れを感じにくい場合もあるでしょう。
そこで、ビタミンC誘導体を取り入れることによって、足りないビタミンCを補うことができます。ビタミンCよりも壊れにくいので、皮膚内で働くビタミンCの量の多さが期待できます。

グロースファクター(EGF)

人間の肌は老化していくため、加齢とともにトラブルの発症率が増えていきます。肌を若々しく保つための要素は、人間の体内にあるグロースファクターといわれています。グロースファクターは肌の代謝機能をつかさどる、重要な役割をもっています。若い女性の肌がきれいでいられるのも、このグロースファクターが働いているからです。しかし、グロースファクターは20代に入ると徐々に少なくなる傾向にあります。よって、30代を迎えた頃には20代のときよりも肌の衰えを感じやすくなるのです。
グロースファクターは外部から取り込むことも可能で、有効成分として含めている化粧品もあります。若々しさを保つグロースファクターによって、代謝機能を向上させ、シミの排出を促進させます。

肌の状態を良好にするビタミン類を摂取

日焼けによるシミ対策として、食べ物の栄養素を摂取する手段もあります。シミを改善し、肌の美白効果が期待できるのは「ビタミンC」、「葉酸」、「ビタミンE」です。

ビタミンCはメラミン色素の沈着化を抑制する働きがあり、排出機能も高めるといわれています。葉酸はビタミンCの効果を助長する働きがあるので、ビタミンCとあわせてとりたい栄養素です。また、紫外線による肌のダメージを回復させるのに、ビタミンEも役に立つ栄養素とされています。ビタミンEはビタミンCと同時摂取すると、相乗効果が期待できる栄養素になっています。

<ビタミンCを多く含む食べ物>

・トマト
・ほうれん草
・みかんやレモンなどの柑橘類
・カリフラワー
・ゴーヤ
・いちご

<葉酸を多く含む食べ物>

・牛、豚レバー
・モロヘイヤ
・ブロッコリー
・ほうれん草
・アスパラガス
・キウイフルーツ

<ビタミンEを多く含む食べ物>

・うなぎ
・イカ
・赤ピーマン
・かぼちゃ
・アーモンド
・落花生

ビタミンC、葉酸、ビタミンEはそれぞれを補い合う働きがあります。上記にあげた食べ物に3種類の栄養素が豊富に含まれていることもあるので、シミや日焼けの改善を図りたい時は、これらの食べ物を意識するとよいでしょう。

日焼け後のシミはなかなか落ちない

シミが定着してしまうと、日常のケアで除去するのは難しいでしょう。美容整形外科ではシミを除去する施術を行なっているので、シミが目立つようなら検討してみるとよいかもしれません。美容整形外科で行われている主な手術は、「レーザー治療」と「ケミカルピーリング」です。

レーザー治療

局所的に光を照射するレーザー治療は、皮膚を切り取ることなくシミを取り除く方法です。シミの原因となるメラニン色素のみを破壊する施術であるため、皮膚への負担は少なくなっています。

ケミカルピーリング

美容外科が用意する専用の薬剤を使用し、人為的にターンオーバーを起こさせる治療方法です。シミができてしまうのは、肌の廊下による新陳代謝機能の低下でもあります。ケミカルピーリングを行うことで、肌に滞留していた古い角質や老廃物を除去することが見込めます。その結果、施術後の肌がきれいになり、シミが薄くなるメカニズムになっています。

美容外科でのシミの治療は、術後の回復期間に現れる一時的な肌のトラブルが発生することがあります。医師によっては処方薬を出されることがあるので、薬によるケアを行いながら元の肌の状態に戻すようにしていきます。また、一度の施術でシミが完全にとれるとは限りません。複数回の通院が必要となったり、施術後も入念な日焼けケアが必要になったりすることがあります。

【まとめ】

30代になった途端に、それまでに感じなかった肌のトラブルを感じやすくなることがあるでしょう。若い時はおろそかにしていた日焼け対策を30代でも怠っていると、肌に思わぬダメージを与えてしまう可能性があります。肌の不調の種類にあわせた有効成分、栄養素は異なるので、30代からは自分の肌の状態を意識したケアをするようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

three × 2 =