靴底の減り方と姿勢の関係!体の歪みに要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いつも履いている靴の底、外側や内側がすり減ってはいませんか?左右で減り方が違っているという人もいるかもしれませんね。これは、脚が曲がっていたり骨盤が歪んでいたりするのが原因だといえます。

今回は、靴底のすり減り方でわかる歩き方のクセや歪みの原因、O脚・X脚の確認方法や改善方法、正しい歩き方について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

靴底の減り方5つのタイプ

まずは、よく履く靴の底がどのような減り方をしているかをチェックしてみましょう。
わかりやすいように、ヒールのある靴ではなく、スニーカーのような平らな靴で確認してくださいね。

1.外側が減っている

外側が減っているという人は多いのではないでしょうか。
ガニ股やO脚の人は、体重が足の外側にかかるので、靴底の外側が減っていきます。
O脚の度合いが強いほど、かかとをすって歩くため、脚の外側の筋肉が疲れやすいようです。膝や股関節、足首の痛みなどが起こりやすくなります。

2.内側が減っている

この場合は、内股やX脚が原因と考えられます。すり足で歩くクセのある人や扁平足でも、内側の減りが大きくなります。
小指の付け根からかかとの内側で体重を支える歩き方で、つまずいたり、転倒したり、捻挫もしやすいので注意が必要です。

3.つま先が減っている

つま先に体重がかかる前傾姿勢で歩いていると、つま先部分が減りやすくなります。ヒールの高い靴を履く女性に多くみられるようです。
親指に負担がかかるため、親指の向きが変形しやすく、外反母趾になってしまう可能性があります。

4.かかとから中央にかけて減っている

このような減り方をしている人は、歩く時、かかとからつけて、足裏を引きずってはいませんか?
腹筋や背筋が弱く、足が十分に持ち上がらないと、このような歩き方になります。猫背や腰痛になりやすい歩き方です。

5.片方だけが減っている

これは、骨盤が歪んで脚の長さが変わってしまっていることが考えられます。出産を経験した人や、座り方や立ち方がいつも偏っている人は歪んでいる可能性も。
放っておくと坐骨神経痛や腰痛の原因にもなります。

自分の脚のタイプをセルフチェック

靴底の減り具合から、なるほどと思い当たるところがあったのではないしょうか?では次に、チェック項目を見ながら、自分の脚のタイプを確認してみましょう。

【O脚】立った時に膝がつかない

・太ももから膝まで隙間が開いている。
・両膝の間に指2本分以上の隙間がある。
・膝が外を向いている。
・両足のつま先をつけると、かかとが開く。
・脚全体が外側にアーチを描くように湾曲している。

【X脚】立った時に膝から下が離れている

・膝が内側を向いている。
・膝から下が八の字に開いている。
・両足のふくらはぎが離れている。
・内側のくるぶし同士がつかない。

O脚やX脚になる原因と歩く時の改善ポイント!

どうして脚が曲がってしまうのか、O脚やX脚になってしまう原因と、歩く時の改善ポイントを紹介します。

【O脚】後方へ重心がかかり骨盤が開く

原因

猫背の人に多く、太ももやふくらはぎの筋肉が発達することで起こりやすくなります。
なぜ、猫背だと太ももやふくらはぎが発達してしまうのでしょうか。

それは、猫背だと骨盤が後ろに傾いて、体の重心がかかと寄りになってしまうから。そうなると、体が後ろに倒れないように、脚で踏ん張ろうとするので、太ももやふくらはぎの外側の筋肉が発達します。

その結果、足の骨が外側に引っ張られて、O脚になるのです。体の重心が後ろに傾くことで、ガニ股にもなってしまいます。

O脚やガニ股は、骨盤も開いてしまうので、ますます脚の外側の筋肉が発達してしまうという、悪循環にもなりかねません。太ももやふくらはぎが太くなる原因にもなります。

改善ポイント

ガニ股にならないよう、つま先を進行方向に向けるようにします。膝と膝をするようなイメージで歩くと、太ももの内側が発達していきます。

椅子に座る時は背筋を伸ばし、両膝をつけて座るように心がけます。
立っている時には、重心が体の中央にくるよう意識して、下腹部に力を入れてくださいね。
座っている時同様、立っている時も、猫背にならないよう背筋を伸ばすことが大切です。

【X脚】重心が前方に傾いている

原因

ハイヒールを履いている時のように、お尻を上に突き出すような歩き方をしているとなりやすいようです。

体の重心が前方に傾いてしまうと、つま先で踏ん張ろうとして、膝が内側を向いて引き寄せられていきます。そして、上半身の重さを支えバランスを取ろうとして、膝から下が外側に広がっていき、X脚になってしまうのです。

X脚は、足首の関節が緩んで、扁平足になりがちに。扁平足の足は足首が太くなると同時に、太ももにも脂肪がつきやすくなります。

改善ポイント

X脚の人は、地面をするように歩く傾向があります。歩く時には、後ろ脚の足首をしっかり前後に動かしてすり足にならないよう気をつけましょう。重心は前に出した脚にまっすぐのるように心がけます。

また、あぐらをかく、女の子座り、ハイヒールを履くといったことは避けてくださいね。

骨盤が歪んでいるのかも?

骨盤に歪みやズレがあると、体が無意識にバランスを整えようとするため、O脚やX脚の原因にもなります。
また、腰痛や肩こりなどの体の痛み、血行不良、内臓の圧迫による下痢や便秘といった症状などが起こりやすくなってしまいます。

骨盤の歪みのセルフチェック

両足の靴底の減りが均等でなく、どちらか片方だけのすり減り方が激しいという場合には、骨盤の歪みが影響していると考えられますので、チェックしてみましょう。

椅子に座ってのチェック方法

1.背筋を伸ばして椅子に座り、両手は自然に下げる。
2.その状態で両膝がどのようになっているかを確認する。
結果…どちらかの膝が前に出ていると、骨盤がねじれている可能性が高いです。

寝た状態でのチェック方法

1.床に仰向けに寝る。
2.両足のかかとをつけて自然に足先を開く。

結果…床と足の角度は60度くらいが理想です。左右の足の開きの角度が違う場合は歪んでいると言えるでしょう。

その他に、段差がないところでもつまずきやすい、まっすぐ立った時の肩の高さが均衡でない、スカートが一定方向に回るといった状態の人は、骨盤が歪んでいたり、開いていたりする可能性があります。

骨盤が歪んでしまう原因と改善ポイント

骨盤が歪んでしまうのには、どのような原因が考えられるのでしょうか。

筋力が低下している

骨盤は筋肉で支えられていますが、筋力が弱くなると骨盤を支えきれなくなるために、徐々に歪んでいきます。

筋力は20代をピークに、加齢とともに減少します。筋力の低下を感じ始める40代・50代になってくると、それまで大丈夫だった人でも、骨盤に歪みが出てくるかもしれません。

日常の生活習慣が固定している

毎日どのような生活をしているか振り返ってみましょう。
通勤時、バッグは決まった側の肩にかけ、片手にはスマートフォン。職場ではパソコンを使ってのデスクワーク、家に帰ればソファーに足を組んで座っているなんてことはありませんか?

主婦の方なら、同じ姿勢で家事をする、いつも同じ側で子供を抱いたり、荷物を持ったりといった生活になっているかもしれませんね。

このように、同じ筋肉が同じ骨を引っ張っている状態が何年も続くと、次第に骨も移動して骨格が歪んでしまいます。
立っている時に、片足に体重をのせて立つ、足を交差して立つといったクセのある人も注意が必要です。

改善ポイント

つま先が内側や外側を向かないよう、正面に向けて歩きます。この時、左右の歩幅が同じになるよう意識することも忘れずに。

靴を履く時はいつも同じ足から、1歩目はいつも決まった足から踏み出しているといったクセのある人は、逆の足からも行うよう心がけ、常に同じ動作にならないよう改善していきましょう。

日常生活では

ウォーキングやランニングなどの運動で筋力をつけ、同じ動作を続けないということを意識して生活してみてくださいね。

正しい歩き方をマスターしよう

間違った歩き方、クセのある歩き方を続けていると、体の不調も現れてきます。正しい歩き方は、トラブルの改善だけでなく、代謝が上がり脂肪燃焼効果、適度な筋肉がつき美脚効果も!

正しく美しく歩くためには、デザインだけで選ぶのではなく、自分の足に合った履きやすい靴を選んでくださいね。窮屈な靴や脱げやすい靴は、足の指が変形してしまう恐れもありますので注意しましょう。

平らな靴底の場合

1.つま先を正面に向け、かかとから着地する。
2.太ももは内側に締めるように。
3.体重をかかとからつま先に移動させ、最後は親指の付け根の膨らんだところで、真後ろに地面を蹴る。

ヒールの場合

1.膝が大きくは曲がらない程度に、歩幅は小さめを保つ。
2.1本のライン上を歩くような感じで、後ろ脚のつま先の正面に前足のかかとがくるように足を踏み出す。
3.つま先とかかとを同時に着地させて、かかとに体重をのせる。
4.親指の膨らみに向かって体重を移動させて歩く。

部位別歩き方のポイント

背筋

前のめりや猫背に注意して、背筋はしっかり伸ばします。下腹部に力を入れることを意識して、反り腰にならないようにしましょう。

かかと

着地する時は、かかとから親指の付け根の膨らみに向かって着地します。足の平全体で着地している人や、つま先から着地している人は、かかとから着地するよう意識してみてください。

ひざ

後ろに残った足の膝は、伸ばすように意識して歩きます。太ももの内側からお尻にかけての筋肉が刺激されるので、美脚効果が期待できます。

正しい歩き方でカラダを美しく!

正しい歩き方をすることは、見た目に美しいだけでなく、便秘や下痢、肩こりや腰痛の改善、ダイエットやヒップアップなど嬉しい効果が期待できます。

靴底の減り具合を確認して、自分のクセを治す正しい歩き方を心がけてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

18 − 5 =