生理のときの頭痛対策!原因を知って、的確に対処しよう

月に一度やってくる、生理。体が重く不快感がある上に、頭痛がすることもありますよね。この生理の頭痛には、どんなふうに対処すればいいのでしょうか。そもそも、なぜ頭痛が起こるのでしょうか。原因を知って、しっかりと的確に対処できるようになりましょう。

生理のときに頭痛がするのはホルモンバランスが崩れるから

生理のときに起きる頭痛には、女性ホルモンが関係している可能性が大きいんです。まず生理が始まる少し前から、セロトニンという物質がどんどん減ってしまいます。そうすると、本来は収縮するはずの血管がどんどん拡張されてしまうのです。拡張された血管は神経を刺激し、それが頭痛という形で現れます。

なぜ、このセロトニンが減ってしまうのでしょうか。それは、エストロゲンというホルモンが減り、バランスが崩れてしまうからです。このエストロゲンが減少すると、セロトニンが減るだけでなく、肌のツヤが失われるといった美容面でのマイナス効果が生まれてしまいます。

こうした原因で引き起こされる頭痛は「月経関連片頭痛」と呼ばれ、生理が始まる2,3日前から頭に痛みを感じます。生理中もずっと継続し、生理が終わって一週間ほど痛む人もいるようです。また、頭痛だけではなく、めまいや吐き気、目の見え方の異常といった症状で現れる場合盛るでしょう。

生理のストレスも頭痛を引き起こしてしまう

生理の頭痛を引き起こすもう一つの原因が、ストレスです。筋肉がストレスによりこわばり、血流が悪化して頭が痛くなってしまいます。特に、首や肩が凝りやすい人は要注意。老廃物が頭近くの筋肉の血管にたまると、頭痛を引き起こしやすくなります。

もともと頭痛持ちの人で生理中は特にひどくなるという方は、ストレスが原因の可能性が高いでしょう。頭の痛みと同時に、ひどい肩こりやだるさ、ふらつき、めまいを感じることもあります。頭と一緒に、首筋の辺りまで痛むのも特徴の一つです。

こうした頭痛を「緊張型頭痛」といいます。これは必ずしも生理が原因ではないのですが、生理中はストレスを感じやすいので、結果的に生理中に頭が痛くなるのです。鈍痛を感じたり、頭が締め付けられるような痛みがしたら、緊張型頭痛の確率が高いでしょう。

生理の頭痛に苦しまないように予防をしよう

どんな原因であろうと、頭痛がするのはつらいもの。症状が起きてから対処するのも大切ですが、そもそも頭痛を感じなくて済むように予防法を知っておきましょう。

月経関連片頭痛の場合、ホルモンバランスが崩れないように気を付けることが第一です。そのためには、睡眠時間が非常に重要になってきます。毎日、同じ時間に起床・就寝すればそれだけでホルモンバランスがしっかり保てるのです。休日に寝だめなどをしている方は、なるべく平日との差をつけすぎないようにしましょう。

また、食事のタイミングも毎日同じようにできると効果的です。朝食・昼食・夕食をそれぞれ決まった時間にとるだけで、規則正しい生活となりホルモンバランスにいい影響を与えます。

緊張型頭痛の場合、適度な運動がおすすめです。体を動かす習慣があれば、筋肉がこわばらず緊張型頭痛の要因となる肩こりにもなりません。激しいスポーツをする必要はなく、ストレッチやヨガ、ちょっとしたジョギング程度でもOKです。

また、デスクワークをしている方はずっと同じ姿勢を取らないように注意してください。1,2時間ごとに席から立ち、ちょっと伸びをするだけでも違います。また、自分のストレスの発散方法をしっかり確立しておくことも重要です。適度にお酒を飲んだり、カラオケに行ったり、趣味に没頭したり、どんな方法でもいいですが、限界を超える前にたまったストレスを解消してリセットするくせをつけてください。

簡単にできる生理の頭痛の対処法

生理の頭痛が起きたら、身体の一部の温度を調節することによって和らげることができます。

まず、ズキズキとした痛みを感じる「月経関連片頭痛」の場合、痛みがひどいところに保冷剤をあてて冷やしてください。また、予防法と同じくホルモンバランスを整えるために起床時間や食事時間を整え、生活リズムをしっかり構築することも効果的です。また、ナッツ類やレバーを食べてビタミンなどを摂取することもおすすめします。

鈍痛がつらい「緊張型頭痛」では、痛む部分を温めるいいですね。温かいタオルをあてたり、いつもシャワーで済ませる方もしっかり入浴したりすると緩和されるでしょう。また、肩こりが原因にもなるのでストレッチも効果的です。ストレスを減らすと症状が出にくいので、なるべくゆっくりできる時間を取り、アロマオイルなどでリラックスしてもいいでしょう。

生理の頭痛を薬で抑える

生理の頭痛には、薬で対応する方が多いのではないでしょうか。個人差はありますが、まずアスピリンの薬が効く場合があります。鎮痛作用があり、頭痛と生理痛の両方に効いてくれるでしょう。市販薬だと、バファリンAやケロリンなどにこの成分が入っています。

また、イブプロフェンもおすすめです。これは解熱鎮痛剤で、生理痛にも用いられます。少量で効果が出るため、錠剤が苦手な方でも飲みやすいサイズです。市販薬では、バファリンルナやナロンエースなどに使われています。

最後に知っていてほしいのが、トリプタン系薬剤です。これは頭痛が始まってすぐの段階で飲むことにより、効果を発揮します。服用できるタイミングが短く市販はされていませんが、きちんとした時期に飲むことで痛みをぐっと減らすことができるのです。

漢方で生理の頭痛から解放

あまり薬には頼りたくないという方には、漢方がおすすめです。風邪のひきはじめに効くことでお馴染みの葛根湯(かっこんとう)は、肩こりと頭痛が同時にくるタイプの人に飲んでもらいたい漢方です。発汗を促し、体を温めて頭痛をやわらげてくれます。

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)は、吐き気も伴う生理の頭痛のときに飲んでください。冷えが気になる方や、消火器系が弱っている方にもおすすめ。ズキズキした痛みを感じるときは、まずはこれを試してみましょう。

五苓散(ごれいさん)は、水のめぐりを整えることで頭痛に効いてくれます。体がむくんでいたり、口が渇いた感じがしたりする時には、こちらが効きそうです。体力が落ちているときでも使えるのはありがたいですね。

ツボを押して生理の頭痛をやわらげる

実は、生理の頭痛にはツボが効果的な場合もあるんです。もし生理の度に頭が痛くなるのであれば、まずは強すぎない力でツボを押してみましょう。

初めに、月経関連片頭痛に効くツボをご紹介します。一つ目が、合谷(ごうこく)です。手首から指3~4本分上にずれたところから、人差し指と親指の骨が分かれています。この骨の分かれ始めから、少し人差し指側にずれたところにあるツボのことで、頭痛、生理痛、肩こりなどにいいとされているのです。

次に、足臨泣(あしりんきゅう)も押してみましょう。これは、足の薬指の指先から足首に向かって指を動かし、小指の骨とぶつかるあたりにあります。頭痛にも月経不順にも効くツボなので、おすすめです。

次に、緊張型頭痛についてご紹介します。こちらのタイプの頭痛には、百会(ひゃくえ)という、頭のてっぺんにあるツボが効きます。左右の耳から頭頂部に向かって指を動かし、両方の指が交わったあたりにあるツボです。肩こりからくる頭痛に効果的で、自律神経も整えます。

とても分かりやすいツボは、印堂(いんどう)です。眉間の真ん中にあり、押しやすさもバツグン。頭痛の他に眼精疲労にも良いので、デスクワークでパソコンをずっと見ている人もぜひ押してください。また、ここは不眠にも良いとされているので、眠れなくなったときに軽くもむのもいいでしょう。

肩井(けんせい)は、首と肩先のちょうど真ん中にあります。よく肩をもんでもらう時に「痛気持ちいい」と感じる場所です。マッサージするときは、ここを中心に揉むと良いでしょう。

生理の頭痛で病院に行く必要はあるの?

生理の度に頭痛に悩まされていても、なかなか病院には行きにくいという方も多いでしょう。しかし、意外とこうした症状にしっかり向き合ってくれる医師はたくさんいます。トリプタン系薬剤など、市販されていない薬を求めて診察を受けるのもいいでしょう。

また、いつもよりも痛みがひどいと思ったときは「どうせ生理の頭痛だ」と自分で判断せず、専門医の診断を受けましょう。特に、頭痛だけでなく手足のしびれを感じるようであれば事態は深刻かもしれません。甘く見ていたら、実は脳出血やくも膜下出血だったということもあり得ます。

病院で診察を受けるときは、どんな痛みをどのくらい前から感じるか、生理で頭痛が起きるようになったのはどのくらい前からか、市販の薬は飲んでいるならどの薬を飲んでいるかを確認しておくといいですね。さらに、頭痛と一緒に出てくる症状があればそれもあわせて伝えてください。

受診するときは、まずは頭痛外来に行ってみましょう。月経関連片頭痛であれば婦人科などが適当かと思いがちですが、そもそも自分で正確に月経関連片頭痛か緊張型頭痛かを診断できるわけではありません。また、一度病院に行ってみて診断に納得できなければ、他の病院やクリニックにも行ってみてください。一回でぴったりの相性の医師に診てもらえるとは限りません。

生理の頭痛の原因と対処法を知って快適な生活を

ただでさえ気分が落ち込みがちな生理期間に、頭痛まで起きては大変ですよね。仕事や家事を休めない方も多いでしょうから、まずはしっかり予防をしてください。もし痛みに悩まされた時は、まずは自分で出来る対処法を試すことをおすすめします。

それでも改善の余地がなかったり、いつもとは違う痛みを感じたりしたら、すぐに病院で見てもらってくださいね。頭痛を抑えて、生理の間もなるべく快適な生活を送りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう