産後ダイエットの方法と成功の秘訣とは? 芸能人がやっていた産後ダイエットも参考に!

妊娠すると体重が増加するという人も多いです。出産した後もなかなか体重が落ちずに悩んでいる…というママも多いのではないでしょうか。出産直後は無理なダイエットは禁物とされていますが、どのようなダイエットをすれば成功するのでしょう?

今回は、産後ダイエットの方法や、芸能人も行っていたダイエットをいくつか紹介したいと思います。

産後ダイエットはいつからできる?いつまでにスタートするのが効果的?

出産するとできるだけ早く元の体型に戻したいと思いますよね。そのため、産後早く始めようとする人が多いですが、産後すぐに激しいダイエットをするのはあまりよくありません。

産後1ヵ月が経つまでは、できるだけダイエットせずに様子をみるようにしてください。ゆるんだ筋肉を引き締めるためには、産後6ヵ月までが大切と言われているので、1ヵ月を過ぎてから徐々にダイエットを始めるようにしましょう。

産後ダイエットは、具体的に何をすればいいのか?

ダイエットを少しずつ初めても、なかなか元に戻らないという人も少なくありません。いったいどんな風にダイエットをすればよいのでしょう?

食事での痩せ方は?

食事でダイエットするという場合は和食中心の食生活にすることが大切です。和食は、栄養が豊富でありながら、高たんぱくで低カロリーなので、ダイエットにはとても向いているのです。産後に女性がなりやすい乳腺炎の原因になる脂質が少ないのも、和食の魅力です。

母乳育児を積極的に行う

母乳は、血液に溶けている栄養が乳房の中にある毛細血管へ浸透して生成されます。ママは赤ちゃんに栄養を与えるために、1日約600kcalを母乳によって消費するといわれています。

運動での痩せ方は?

運動を行って産後ダイエットするという場合、以下の方法がおすすめです。

産褥体操を始める

産後早くから始めることができるストレッチで、血流をよくして筋肉を鍛えることができます。毎日行うことでダイエット効果を期待することができます。

ウォーキングで体脂肪を燃やす

産後1ヶ月を過ぎて、赤ちゃんもベビーカーなどで一緒に外出できるようになったら、ウォーキングもおすすめです。有酸素運動なので、脂肪燃焼に効果的です。

骨盤にアプローチして痩せる!

出産すると骨盤がずれてしまうことが多いのですが、骨盤があるべきところにないと血流が悪くなって脂肪燃焼が悪くなります。そのため、骨盤矯正ベルトをつけたり、ヨガを行ったりして骨盤にアプローチすることでダイエットをすることができます。

メンタルアプローチで痩せるには?

食生活や体重の変化について、思ったことを日記に残すことは大切です。どんなことをしてどのように体重が変わったかを知っておくことで、客観的に見ることができるようになるので、悪いとこを改善しやすくなります。

カロリーセーブには「酵素ダイエット」が楽チン!

授乳をしているとおなかがとても減るので、食事でダイエットすることが難しかったり、育児で忙しくてバランスの良い食事を作れないこともありますよね。そんなときにおすすめなのが、カロリーをセーブすることができる酵素ダイエットです。ただ飲むだけで、基礎代謝をあげて痩せやすい体にすることができます。

産後ダイエットでやってはいけないこと

産後すぐに痩せたいという気持ちはわかりますが、産後に無理な食事制限や置き換えダイエット、断食など栄養が不足してしまうダイエットは行ってはいけません。授乳をしているのであればなおさらです。

また、産後すぐに腹筋などの激しい運動をすると、内臓が中に入り込んでしまう可能性もあるので、そういったダイエットもNGです。

産後ダイエットを成功させる秘訣とは?

なれない赤ちゃんがいる中で、ダイエットをするのは簡単なことではありません。
産後ダイエットを成功させる秘訣は何なのでしょうか?

目標を立て体重記録をつける!

どれだけダイエットしたいのかという目標を妊娠前の体重から算出して、事前に目標を立てるようにしましょう。ダイエットを始めて体重の推移を記録するようにすると、やる気が出て目標達成しやすくなります。

1日3食にしばられない

1日3食食べるというのが良いのですが、必ず3食食べなければならないというわけではありません。朝しっかり食べて夜を少なめにというのを基本にして、量のバランスで考えてみるようにしましょう。

母乳をあげる

「何も努力していないのに、母乳をあげているだけで痩せた!」という人も少なくありません。母乳が出るのであれば、積極的にあげるようにしましょう。

母乳に良い食材を利用する

授乳中のカロリーバランスをうまくとるために、母乳に良い食材を利用することはとても大切です。母乳の質もよくなりますよ。

母乳に良いとされる食材

具体的にはどの母乳に良いとされている食材は以下の通りです。

・母乳の主成分である白米

・身体を温めてくれる根菜類

・脂肪が少ない魚やお肉

・水分の多いスープなど

母乳に悪い食材を避ける

母乳にあまり良くないと言われている食材を食べると、母乳の質が悪くなってしまうので、食べないように気をつけましょう。

母乳に悪いとされる食材

母乳にあまり良くないと言われているのが、高脂肪・高カロリーの食材になります。

・アルコールやカフェインなどの飲み物

・油が多い菓子パン

・体を冷やす生野菜

・乳腺をつまらせるお餅

軽い運動を取り入れ基礎代謝をあげる

激しい運動は良くありませんがウォーキングなどの軽い運動をするのは効果的です。軽い運動をして基礎代謝をあげれば、痩せやすい身体をつくることができます。

水分の取り方を工夫する

体が冷えると代謝が悪くなって痩せにくくなるので、産後ダイエットをするのであれば暖かいお茶か白湯などを飲むというように水分の取り方を工夫しましょう。

激しい運動は避ける

ダイエットというと運動をするというイメージが強いですが、何度もいうように産後ダイエットで激しい運動はよくありません。簡単にできる運動をおこなうようにしてください。

ストレス解消を心がける

なれない育児でストレスがたまることもあると思いますが、ストレスはダイエットの敵です。自分なりのストレス解消を見つけて痩せ体質を手に入れましょう。

芸能人も産後ダイエットを成功させている!

芸能人でも妊娠中に体重がかなり増えてしまったという人はたくさんいます。芸能人もいろいろな方法で産後ダイエットを成功させています。

後藤真希さんの産後ダイエット

出産後もすぐ-10kgのダイエットに成功して、妊娠前と変わらないスタイルを披露している後藤真希さん。一体どのような産後ダイエットをしていたのでしょうか。

運動編

産後ダイエットもかねてですが、後藤真希さんは普段から朝にウォーキングするのが日課だそうです。それに加えて定期的に軽い筋トレを行っているようですよ。

食事編

炭水化物を抜くなどの偏った食事ではなく、きちんとバランスよく食べることを意識して産後ダイエットを行っていたそうです。

習慣編

後藤真希さんの毎日の習慣は半身浴だそうです。体を温めることで、代謝をあげて痩せやすい体を作ることができるようになります。

加藤夏希さんはウォーキング・ヨガ・筋トレなどで-8キロ

女優の加藤夏希はウォーキング・ヨガ・筋トレなどの軽い運動を習慣づけることで-8キロの産後ダイエットに成功しました。

青木裕子さんは食欲を抑えて-14キロ

青木裕子さんはジューサーを使ったジュースを飲んで食欲を抑えることで、出産前の体重に完璧に戻すことが出来たそうです。

蛯原友里さんはストレッチ・パーソナルトレーニング・ヨガなどで体重減

モデルの蛯原友里さんは子育てをしながらストレッチをしたり、家族に赤ちゃんを少しみてもらってる間にパーソナルトレーニングやヨガに行き、産後ダイエットに成功したと紹介しています。

AKINAさんは酵水素328選で-14キロ

AKINAさんは食生活に気をつかいながら、酵水素328選という生サプリメントを飲むことによって-14キロの産後ダイエットに成功したそうです。

熊田曜子さんは“8時間ダイエット”で体重減

出産後も抜群のプロポーションを誇る熊田曜子さんは、日の食事を8時間以内に終える8時間ダイエットで体重を減らしたと紹介しています。

吉瀬美智子さんは酵素玄米で-16キロ

吉瀬美智子さんは玄米と小豆、塩、水を混ぜて炊いたものを3日以上発行させた、酵素玄米を食べることで-16キロの産後ダイエットに見事成功。

産後ダイエットは自分に合う方法で無理なく行おう

産後ダイエットを成功させるための秘訣や、芸能人が行ってきた産後ダイエットの方法を紹介してきましたがいかがでしたか?芸能人のようなきれいなスタイルに憧れるのは当然ですが、無理してダイエットを行っても意味がありません。

自分に合う方法で成功を目指すことが大切です。産後は思っている以上に体力を消耗しているので、無理のない範囲で産後ダイエット方法を行って太りにくい体質になりましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう