紫外線対策に飲む日焼け止めが効く!フェーンブロックの効果と副作用

最近、紫外線対策として飲む日焼け止めが注目されています。飲む日焼け止めは飲むだけで、紫外線ダメージから身体を守ってくれます。

飲む日焼け止めを試してみたいけれど、身体に影響を与えるものなので不安に思う方も多いかもしれませんね。

そこで今回は飲む日焼け止めの主成分であるフェーンブロックに注目し、効果と副作用について確認していきます。

飲む日焼け止め成分は大きく分けて2種類

飲む日焼け止めの成分ではフェーンブロックとニュートロックスサンの2種類が、日焼け止めの効果を実証されています。

どちらも開発会社によって特許が取得されているので、飲む日焼け止めは高額になりがちです。

飲む日焼け止め成分「フェーンブロック」とは

フェーンブロックは、中央アメリカのホンジュラス原産のシダ植物から抽出した成分です。

PLエキス(ポリポディウムロイコトモス)を多く含む特許商品となります。開発には15年の歳月がかけられています。

フェーンブロックの効果

フェーンブロックは免疫防御作用があり、肌の免疫細胞を正常に働かせて日焼けによる炎症を予防します。つまり紫外線によるダメージを受けにくくします。

高い抗酸化作用もあるため、紫外線によって発生する活性酸素を抑制する働きもあります。活性酸素によるシミやシワなどの肌トラブルを抑制します。

またコラーゲンを保護する働きもあり、シミやしわ、たるみなどの光老化を予防します。そして肌細胞のDNAを保護する役割もあるので、皮膚がんなどを防ぐ効果も期待できます。

気になるフェーンブロックの副作用は?

フェーンブロックには今のところ副作用の報告はありません。開発の段階で多くの研究や臨床実験が繰り返され、安全も確認されています。

ただしフェーンブロックの抽出物であるシダ植物は、アレルギー性の高い植物として知られています。アレルギー体質の方は医師に相談してから使用を決めてください。

妊娠中や授乳中の方は、フェーンブロックの摂取を控えてください。4歳未満の子供も胃腸や肝臓に負担となる可能性があるので飲めません。薬を服用中の方は、飲み合わせが悪い場合があるので医師に相談してください。

「フェーンブロック」と「ニュートロックスサン」と何が違うの?

ニュートロックスサンは、地中海沿岸のシトラス果実とローズマリーの葉から抽出したポリフェノールを混ぜ合わせたものです。開発には10年の歳月が費やされています。

ニュートロックスサンは抗酸化作用による活性酸素の除去や、抗炎症作用による日焼けの炎症を抑える効果が期待できます。日焼けから肌を守るので、光老化を抑える効果も期待できます。

毎日摂取を続けることで、日焼けしにくい状態へと変化させます。

効果の持続性にも違いがある

ニュートロックスサンは継続的に飲んでいくと、1日中効果が続くようになります。

一方フェーンブロックは代表商品のヘリオケアの使用法に、長時間日光を浴びる場合は4時間毎に1カプセルを追加服用するように記載されています。つまり効果は4時間程度だと考えられます。

「フェーンブロック」と「ニュートロックスサン」、どちらを選ぶべき?

特定の日だけ飲む日焼け止めを使用したい場合、フェーンブロックがおすすめです。フェーンブロックの代表商品であるヘリオケアは、日光を浴びる30分前に1カプセルを服用します。外出前に紫外線ケアができてお手軽です。

一方、継続的に飲んで日焼け止め効果を得たいのなら、ニュートロックスサンがおすすめです。ニュートロックスサン配合のサプリは日本製のものが多く、日本人に合わせて作られているので安心です。

フェーンブロックを使ったおすすめ日焼け止めサプリ

ここでフェーンブロックを使った日焼け止めサプリでおすすめのものをご紹介しておきます。

Heliocare (ヘリオケア)

世界20か国の美容クリニックで紫外線から肌を守る力が認められ、高い評価を受けています。フェーンブロック配合のサプリメントの代表格ともいえます。紫外線の強い国であるスペインで、手軽に紫外線ケアができるよう作られました。

1粒あたりにポリポディウムロイコトモス(PLエキス)を240mg配合しています。

noUV(ノーブ)

日本の美容クリニックのドクターが監修したサプリメントです。日本人向けに作られている国産品なので安心・安全です。

PLエキス配合で、必要な時に飲んで紫外線から肌を守る効果を高めます。PLエキスの他にビタミンC、ビタミンE、リコピン、ルテインなど7種類の美容成分を配合しています。

やかないサプリ

健康食品の会社として名の知れたオルト株式会社が、日本人向けに開発した国産の飲む日焼け止めです。

PLエキスやビタミンC、みかんに含まれるヘスペリジン、ヤシの実に含まれるカロテン類、ローズマリーに含まれるカルノシン酸など5種類の焼かない成分が含まれています。

安心安全な飲む日焼け止めで、紫外線対策を

飲む日焼け止めにはフェーンブロックを主成分にするものとニュートロックスサンを主成分にするものがあります。それぞれの特徴を理解して、自分の目的やライフスタイルに合った日焼け止めを選びましょう。

実際に口にして飲んでいくものなので、日本人向けに作られた国産の物が安心できるのではないでしょうか。効果と共に安全性を重視して、自分に合った飲む日焼け止め選びましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう