なぜ日焼け後に皮がむけるの?皮がむける原因と対処方法

日焼けをして数日がたつと、肌がカサカサになり皮がむけていくことがあります。子供時代に、ペリペリとむいた経験のある方も多いのではないでしょうか。大人になると肌へのダメージが気になり、どのように対処していいのか困ってしまいます。

そこで今回は日焼けで皮がむける原因と皮がむけてしまったときの正しい対処法をご紹介していきます。

そもそも日焼けとは

日焼けは、紫外線を大量に浴びて肌が赤く炎症を起こした状態です。ヒリヒリと痛みを伴う場合もあり火傷の一種と言えます。

なぜ日焼けをすると皮がむけるの?

強い紫外線を浴び続けると、肌が赤くなりサンバーンという火傷のような症状が現れます。ダメージがあまりに大きいと、皮膚の細胞はカラカラに乾いて死んでしまいます。

肌の赤みが引いた頃、ダメージを受けて死んでしまった皮膚の細胞は、肌の新陳代謝によって新しく生まれ変わります。

日焼け後は通常以上に大量の肌細胞を作り出すため、垢としての排出では間に合わず皮がむけるよう剥がれ落ちていきます。

皮がむける原因はほかにも

皮がむける原因は日焼けだけではありません。季節の変わり目や寒い時期は、肌のターンオーバーの乱れによっても起こりやすくなります。

他にもアレルギーによる肌荒れや皮膚の病気などでも、皮がむけることがあります。

皮を自分でむくのは絶対NG

日焼け後の皮は完全に剥がれている部分はむいても問題ないのですが、むけてない部分を無理やりむくのはNGです。

むけていない部分は新しい細胞に生まれ変わっている途中であり、皮膚の再生途中です。無理にむくと肌細胞をさらに傷つけてしまうことになります。

丈夫な皮膚が出来上がっていない状態のため、万が一その部分に紫外線が当たると、シミとして跡が残ることもあります。

日焼けによる皮むけの対処法は?

日焼けで皮むけしているということは、肌の表面の水分が失われ細胞がカラカラに乾いている状態です。この場合の正しい対処法をご紹介していきます。

まずは保湿を

皮膚の乾燥に対して水分を与えるため、まずは小まめに保湿ケアを行うことが重要です。保湿には低刺激のコスメを使うようにしてください。

基本はいつもの化粧水と乳液での保湿で大丈夫です。そこに保湿クリームやジェルでさらに保湿力をアップさせ、しっかりと潤いを与えましょう。

水分を多めに摂る

日焼け後は体も水分不足になっています。水分を多めに飲んで、口からの水分摂取も意識しましょう。

体の外と中からの水分補給が重要になります。

皮むけ部分の日焼けを避ける

皮むけ部分はデリケートな状態なので、普段はできるだけ紫外線を避けます。同じ場所を日焼けすると、さらなるダメージを与えてしまいます。

皮むけのある場合は服装に気をつけ、皮むけ部位をできるだけ隠すようにします。通気性の良い長そでを着用するようにしましょう。

皮むけしている時は入浴にも気をつけましょう

皮むけをしているときは、入浴中にも刺激を与えないように気を付けます。

皮むけの部位は、優しく丁寧に洗うことを心がけてください。ボディタオルでゴシゴシこするような洗い方は絶対にNGです。石鹸やボディソープは控えておいた方が良いでしょう。

栄養バランスのとれた食事を心がけましょう

日焼け後は栄養バランスのとれた食事を心がけ、肌に良い栄養を十分に摂ることが大切です。

たんぱく質は肌の細胞を作り上げ、ターンオーバーを促します。肉や魚、大豆、卵などを積極的にとりましょう。また牡蠣や海苔、しじみなどに含まれる亜鉛も、ターンオーバー促す作用があるので摂っておきたい食材です。

またトマトに多く含まれるリコピンは、日焼け防止効果があります。柑橘類やアセロラ、ブロッコリーなどに多く含まれるビタミンCは、肌のハリツヤを整えシミにも有効です。

睡眠も十分とる

日焼け後はしっかりと睡眠をとりましょう。質の高い睡眠は自律神経の働きを整え、代謝を正常化させます。

また睡眠中に肌のキメを整える成長ホルモンが分泌されるので、肌ケアに睡眠は欠かせません。

日焼けしないように予防することが大事

皮むけ対策として、まず日焼けを予防することが重要です。紫外線を浴びないよう、外出時は日焼け対策を行いましょう。

外出時は日傘や帽子、サングラスなどを使い、紫外線をカットします。薄い長そでを羽織って、直接太陽光を浴びないようにしましょう。

日焼け止めを塗る場合は適量をきちんと使い、ムラがないように注意します。汗や水分で時間がたつにつれて効果が落ちていくので、2~3時間おきに塗り直すようにしましょう。

日焼けによる皮むけを防ぐためまずは日焼け予防の徹底を

日焼けによるダメージが大きいと肌の細胞が死んでしまい、皮がむけていきます。皮むけの部位に刺激を与えないように気を付け、保湿ケアを続けていきましょう。

皮むけは自分でむかず、自然にむけきるのを待ちます。皮のめくれがあまりにひどい場合は、皮膚科を受診するようにしてください。皮がむけるまで、同じ場所に日焼けなど新たなダメージを与えないようにしましょう。

皮むけで苦い思いをする前に、まずは日焼け予防を徹底することから始めませんか?

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう