SPFとPAの意味は?日焼け止めの数値の違いと選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏が近づいてくると、店頭に様々な種類の日焼け止めが並びます。日焼け止めを購入する際、SPFやPAの意味を理解してから選んでいますか?いまいち分からず、結局高い数値のものを選んでいる方も多いかもしれませんね。

SPFとPAの意味を知ると、紫外線防止効果が簡単に分かります。数値から自分のライフスタイルに合ったものを選べるようになります。

そこで今回はSPFとPAの意味と、日焼け止めの選び方についてご紹介していきます。

数値だけで選んではダメ

日焼け止めの数値が高ければ紫外線防御力が高そうなイメージがあるようで、数値の高さで選ぶ人も多と思います。しかし数値が高ければ、それだけ肌の負担が大きくなることもあります。

特に乾燥肌や敏感肌の人は、肌がデリケートな状態なので注意が必要です。

紫外線には、A波 B波 C波の3種類がある

紫外線は波長の長さによって、A波、B波、C波の3種類に分けられます。C波は波長が短く非常に有害で、皮膚病の原因になるほどです。今はオゾン層に阻まれていますが、オゾン層破壊に伴って地上に届くようになるのではと危惧されています。

A波は肌の奥深くまで到達しコラーゲンを変性させて、しわやたるみなどの肌老化の原因になります。

B波はエネルギーが強く、赤く炎症を引き起こす原因となります。炎症により活性酸素が発生し過剰なメラニンが生成され、シミやそばかすなどの色素沈着を引き起こします。

SPFとPAの違いは?

日焼け止めのSPFとPAの違いを見ていきましょう。

SPFとは

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で、UVB(紫外線B波)の防止効果の大きさを表しています。赤くなったり、ヒリヒリ痛んだりする、B波の症状を防ぐ指標となります。

紫外線を浴びて日焼けするまでの平均時間は、15~20分だと言われています。SPF10ならば10倍遅らせることができるという解釈となります。

PAとは

PAとは「Protection Grade of UV-A」の略で、UVA(紫外線A波)の防止効果の大きさを表しています。皮膚を黒くし、しわやたるみなどの光老化を進めるA波の症状を防ぐ指標となります。

PAは4段階に分けられており、+の多さでUVAに対する効果の強さを示しています。高い方から++++、+++、++、+となります。

SPF選びのポイント

SPFは紫外線防御力を示しています。シーン別に数値を使い分けて選ぶと、最適な紫外線対策が可能になります。

買い物や通勤など日常生活用は、SPF15~20程度で十分です。次に長時間の外出、営業、外での仕事の場合はSPF30程度の強さを選んでおくと安心です。

そして海や山などのレジャーやバーベキューなど長時間屋外で過ごす場合は、SPF50程度の日焼け止めを準備しておきましょう。

PA選びのポイント

PAは+の多さでUVAに対する効果の高さを示しており、4段階で表されています。PA++++は極めて高い効果がある、PA+++は非常に効果がある、PA++はかなり効果がある、PA+は効果があると設定されています。

散歩や通勤などの普段使いではPA+~++程度で十分です。屋外でのレジャーやアウトドアにはPA++~++++を選ぶと安心です。

A波に関しては夏の日差しの強い時期だけではなく、年間を通じて降り注いでいるのでご注意ください。

SPFとPA、どのような基準で選ぶ?

SPAとPAはどちらを重視すればよいのでしょうか。選ぶ基準をご紹介します。

SPF重視をおすすめする人

敏感肌などで元々肌が弱い方や、肌が白い方、紫外線を浴びた時の反応が強く出る方は、SPFを重視して選ぶことをおすすめします。長時間外出する場合は、肌を黒くしたくない人もSPFを重視しましょう。

PA重視をおすすめする人

曇りの日や家の中でもUV対策をしておきたい人は、PA重視で選ぶことをおすすめします。

紫外線A波は曇りの日でも雲に遮られることなく降り注ぎます。ガラス窓も通りぬけるので、PAを重視してしっかりとケアしましょう。

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めは、時間が経つとともに効果が減っていきます。また汗や水でも落ちてしまうので、小まめに塗り直すことが重要です。2~3時間おきに塗り直すように心がけましょう。

日焼け止めを使う前に、化粧水、美容液で保湿ケアを行っておくと、日焼け止めが落ちづらくなります。また擦り込むように塗ると肌への負担となるため、優しく塗って下さい。

日焼け止めを塗った後に、UV防止効果のあるファンデーションで仕上げればさらに効果的です。

使用量にも気をつけて

日焼け止めは、適量を使うようにします。ケチって量を減らすとムラができてしまいます。

少量ずつ手にとってから、肌にムラなく伸ばしていくことが重要です。

日焼け止めの数値をチェックして日焼け対策を

日差しの穏やかな季節は「赤くならない」、「黒くならない」からと言って、紫外線ダメージを受けていないわけではありません。紫外線A波は肌の奥深くまで到達しており、確実にコラーゲンなどに影響を及ぼしています。

近い将来、シミやしわ、たるみなどの光老化に悩むことがないように、今からきちんと紫外線対策を行うことが重要です。

あなたもSPFとPAをチェックして日焼け止めを選び、自分のライフスタイルに合った紫外線ケアを初めませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

four × one =