プロも認める「トキメキ返り咲きカラー」白髪染めによるダメージとはお別れ!使うたびに染まるから口コミも凄かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

美容院で染めたような仕上がりへ

年々増える白髪を見るたびに、気分が落ち込んでしまいますよね。白髪を少しでも隠そうと白髪染めを重ねると、髪にハリがなくなったりパサつきが気になったり…など悩みは尽きません。

白髪染めを控えたい気持ちはあっても、白髪が目立つと老けて見えてしまうので止めるにやめられなくなってしまい、ダメージの悪循環に陥りがちです。

そんな髪の悩みがある人にオススメなのが、お洒落の都・フランスのパリで生まれた『トキメキ返り咲きカラー』です。

髪をケアしながら、簡単かつキレイに白髪を染め上げてくれる代物で、パリジェンヌからもあつい支持を得ているだけでなく、日本での利用者からも好評価なのです。

今回はこのトキメキ返り咲きカラーがこれほど支持されている理由を探っていきたいと思います。

※ブラックやライトブラウン等の他のカラーはこちらから確認できます。

白髪と髪の痛みがあると実年齢より5.7歳老けてみられる?

白髪があるとないとでは、パッと見の年齢に大きな違いが出ます。さらに、白髪染めで傷んだ髪はどうなのでしょうか?

白髪染めによる髪のダメージのせいで、さらに老けて見られるというアンケート結果が

アンファー株式会社; 20~40代の一般男性200名および、自宅で「白髪染め」を使用した経験のある30~50代女性300名を対象に、「女性の髪」に関する意識・実態調査

白髪染めなどエイジングケア商品を扱う「アンファー」は、以前男女500名に対して「女性の髪」に関するアンケートを行いました。

その結果、髪の傷みの原因に考えられるものは、「紫外線」92%、「ドライヤー」の89%に続いて、「白髪染め」が85%と3番目に多かったのです。また、白髪染めによる髪のダメージで老けてみえるか聞いた質問には、81%の男女が「そう思う」と回答。

さらに「白髪染めダメージが大きい状態」と「小さい状態」の写真を見比べて年齢を予想した調査では、ダメージが大きい状態はダメージが小さい状態より平均5.7歳老けて見えたのです。

少しでも若々しくいたいと思って繰り返していた白髪染めが、反対に老けてみえる原因になることもあるというショックなアンケートですね。

白髪染めで髪が痛む原因

白髪染めはキューティクルを開いて元の髪色を抜いたり、白髪を一度に良く染めたりするために化学染料や過酸化水素水といった薬剤が入っています。白髪染めはオシャレ染めよりも伸びた部分や色落ちした部分が気になりやすく、頻繁に染めがちです。

繰り返し染めることで頭皮やキューティクルがダメージを受けるのですが、髪の毛は伸びた部分は死滅細胞なので自力で修復することはできません。そのため、白髪染めを繰り返すことで髪が段々と痛んでいくのです。

カラーリングが痛いと感じる方の原因は

白髪染めを使用すると、地肌にかゆみを感じたり赤くなったり、腫れてしまう場合があります。これは白髪染めに含まれているジアミンが原因になっている可能性が高いのです。

ジアミンが配合された白髪染め・カラー剤は発色が良くしっかりと染まるのですが、ジアミンでアレルギーを発症してしまうと皮膚への影響だけでなく、強いショック症状を起こす恐れもあります。髪を染める場合はジアミン不使用のカラーリング剤で染めるようにしましょう。

トキメキ返り咲きカラーならジアミンは不使用ですから、安心して使うことができます。

白髪染めを続けるのはデメリット多い思う3つの理由

白髪は少しでも隠したいですが、実際美容院に行って染めるのも、自宅で染めるのも手間がかかりダメージも大きく意外と大変です。

理由1:頭皮や髪へのダメージが大きい

先ほどお話ししたように、白髪染めは髪を痛める仕組みになっていて、繰り返し白髪を染めることでダメージは深刻になっていきます。

ダメージを受け続けると、頭皮がかゆくなったり赤くなったりし、しまいには毛が細くなって髪のボリュームが減ってしまうこともあります。

せっかくのエイジングケアが、薄毛につながるなんてとても悲しいですよね。

理由2:市販品は地肌が染まったり色が不自然になったりすることも

自宅で手軽に染めようと、市販品を買って自分で染める方もたくさんいるでしょう。

市販品を選ぶとき、通常はパッケージなどに表示されている染めた後のイメージカラーを見てどの製品にしようか決めますが、自分で染めた後の仕上がりを見ると、「なんか思ったより明るい!」などと希望通りの色にならなかったり、地肌まで染料の色がついてしまったり、色むらができたりしたことはありませんか?

美容院では髪を細かくブロッキングしたうえで、髪全体のバランスを見ながら染めますが、素人が一人でやると後ろが見えませんし塗りづらいので、期待通りにきれいに染めるのは至難の業なのです。

理由3:キレイに染めるために美容院に行くとお金がかかる

美容院に行けば待つだけで白髪がでよく染まり、髪はサラサラになります。しかし美容室で白髪を染めると、1回で最低5千円はかかりますし、すこし髪が伸びたり色落ちしたりするとすぐに染め直す必要があります。

美容院に行くのはとてもお財布の負担が大きいですし、髪をキレイな状態に保ち続けるのは難しいですよね。

ダメージが少ない一般の白髪染めを使うと・・・

将来の薄毛を防ぐためにも、髪や頭皮になるべくダメージを与えない、優しい白髪染めを使いたいものです。広く知られているものでヘナカラーやヘアトリートメントがありますが、デメリットもあります。

染まり具合に個人差が大きく、色落ちが早い

ここ数年で、髪や頭皮に優しい白髪染めとして人気が出ているのが、ヘナカラーやトリートメントタイプの白髪染めです。

こうした商品のメリットは、植物など天然素材の成分の染料を使っていたり、美髪成分がたっぷり含まれていたりして髪が痛みにくいことが挙げられますが、一方でデメリットもあります。

一番のデメリットは、髪が染まったと実感しにくいこと

ヘアカラーのように脱色をしないため、染まるのに期間がかかりますし、天然素材のため染色度合いの個人差が大きいのです。また早いと1週間ほどで色落ちしてしまうので、染めるのを手間だと思う人も多いようです。

パーマをかけたら髪が緑色に?

トリートメントタイプの白髪染めに多く使われている染料に「HC染料」という成分がありますが、これが変色の原因の1つと言われています。

例えば、「トリートメントタイプだと染まらないから、市販の白髪染めにしよう」と通常の白髪染めを使うと、カラー剤の「酸化染料」がHC染料と混ざり合って化学反応を起こし、変色が起きてしまうのです。

多くは緑色になりますが、中には青がかった色味になることもあります。しかもこの変色は美容師泣かせの頑固者で、なかなか元に戻し辛いのです。

こうした変色は、トリートメント剤やヘアカラー剤だけはありません。ヘナカラーやパーマ液に含まれている成分も混ざると化学反応を起こし、変色する可能性があります。

それなら髪のケアも出来るヘアカラーはいかが?

白髪を隠す商品も一長一短…。ですがいろんな悩みを抱えている人にお勧めなのが、美髪のケアが出来る白髪用のヘアカラージェルトキメキ返り咲きカラー。

本当に染めるほど髪がキレイになるのでしょうか?

フランス7000店舗の美容院で取り扱うカラーリングジェルを、日本人の肌に合うカラーに

トキメキ返り咲きカラーは、株式会社ラフィネワークスが、フランスのユーゲンパルマ社と独占契約を結んでいる商品です。このユーゲンパルマ社は130年以上の歴史があるフランスの老舗で、なんと国内の美容院7,000店舗に商品を販売しています。

トキメキ返り咲きカラーの元となるこの会社が卸していたカラーリングジェルの効果にほれ込んだ現ラフィネワークスの日髙聡子代表取締役が、日本でも販売できるよう交渉を重ねて、さらに日本人の髪に合うように成分を検証、改良しました。

ダメージを修復しながら、短時間できれいに染まる

トキメキ返り咲きカラーは、1回たったの約5分で3回ほど使うだけで、美容院に行ったときのような美しく自然な白髪カバーと艶を実感できる手軽なカラーリングジェルです。

ヘナカラーやトリートメントタイプの白髪染めよりずっと手軽ですが、汗や約10~15回のシャンプーでは落ちません。また、トキメキ返り咲きカラーには、髪をつやつやにする成分が贅沢に配合されています。

使用されているのは、カゴメ昆布エキスや真珠エキス、スクワランなど天然の保湿効果で、これらがハリとまとまりのある髪に仕上げます。

アルコールやパラベン、エタノールフリーで髪の毛や頭皮を痛める脱色剤は使っていないので安心して使えます。このほか、髪の毛にいいと言われる、ひまし油も配合されているので、髪の表面を滑らかに整えてくれます。

本当に白髪染め?上品な香りにうっとり

市販の白髪染めは鼻をツンと刺すキツイ臭いがありますよね。「優しいフローラルの香り」などいい匂いを謳う商品もありますが、やはりどこか白髪染め特融のキツイ匂いはカバーできていないものがほとんどです。

トキメキ返り咲きカラーは染めている途中、フルーツ系、フローラル系、ウッディムスク系の3段階の香りを楽しむことができるのです。白髪染めらしくない上品な香りで、刺激臭はまったく感じません。

使い方はとても簡単!

1. 髪を軽くお湯で洗い流します。ワックスなどのスタイリング剤が付いている場合は髪に油膜がついて染まりにくいので、しっかり洗い流しましょう。


2. 髪をタオルドライし、付属の手袋を着用したら、湿った髪にジェルを根元から毛先に向かって塗ります。白髪が気になる部分は他の部分より多めにつけると、しっかり染まります。


3.くしで丁寧にコーミングし、髪全体になじませます。初回は5分~7分、2回目以降は5分を目安に放置します。


4. シャンプーをして乾かします。高いトリートメント効果があるので、トリートメントやコンディショナーは不要です。

二剤を混ぜる必要もテクニックもいらない、たったこれだけです。最初は3日続けて使い、その後は1週間に1回程度でキレイな髪を保つことができます。

日本でも次々と高評価な口コミ

日本人に馴染む染料の配合なので、商品が日本に上陸した後、使った人たちからは高い評価を得ています。

(30代|女性の口コミ)

「35歳を過ぎてから急に白髪が増えて、嫌だな…と思っていました。でもこのトキメキ返り咲きカラーのおかげでそんな悩みはもうありません。3回使ったところでとても高い毛染め効果を実感できました。使うごとに髪のツヤが増し、ぱさつきが減ってしっとりとまとまりがよくなりました。」

(40代|女性の口コミ)

「一般の毛染め剤と違い、目にしみる刺激臭がなく、とても良い香りでトリートメント効果も最高なのに、しっかりと髪も染まって本当に驚きました。」

(50代|女性の口コミ)

「綺麗なブラウンに染まったのも嬉しかったですが、一番驚いたのは髪質が変わったこと!ご覧のようにたった3回使っただけで美容院に行った時のような艶感を手に入れることが出来ました」

まとめ

これまでトキメキ返り咲きカラーが高い評価を得ている理由や特徴などについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

白髪が実年齢より老けてみせるのであれば、なるべく白髪は見つけたらすぐカバーしたいところですが、女性は仕事に家事や育児と時間がなかなか取れません。

白髪染めは手間もお金もかかりますし、時には希望通りの仕上がりにならず、がっかりすることもありますよね。

トキメキ返り咲きカラーはわずか1本、しかも短時間で、若々しいハリ艶のある美しい髪を手に入れることが出来ます。

誰でも簡単に白髪ケアできるトキメキ返り咲きカラーで、いつでも若々しくきれいな髪をキープしましょう!

トキメキ返り咲きカラー

カラー:ブラック/ブラウン/ライトブラウン
通常価格:3,990円⇒1,980円
内容量:200ml(セミロングの方で約1カ月~1.5カ月分)
原産国:フランス
特典:プロ仕様手袋&コーム付き

ご自身の髪色に合わせて選べる3色のカラー

ブラウン
日本人の肌にナチュラルに映えるブルネットカラー


ライトブラウン(マロン)
少し明るめなライトブラウンが好みの方におすすめ


ブラック
日本人本来の髪色を表現する肌色に馴染むブラック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

thirteen + 9 =