日焼け止めによる肌荒れを防ぐ!日焼け止めの種類と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日焼け止めは、夏の日差しから肌を守るために欠かせません。しかし日焼け止めの種類は多く、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。顔に直接つけるものなので、肌荒れしないかも重要です。

そこで今回は日焼け止めの種類と選ぶポイント、そしておすすめの日焼け止めをご紹介していきます。

日焼け止めが肌の負担になることも

白い美肌をキープするために効果の高い日焼け止めを使っていると、肌に負担になることがあります。日焼け止めの刺激により、肌荒れを引き起こすこともあるので注意しましょう。

日焼け止めにはさまざまなタイプがある

日焼け止めには様々なタイプがあります。タイプごとに特徴を確認していきましょう。

ジェルタイプ

伸びが良く塗りやすく、白浮きすることもありません。全身に使いたい方や付け心地を重視する方におすすめです。

乳液(ミルク)タイプ

伸びが良く肌になじみやすく、塗りやすいです。肌に優しい日焼け止めを探している方におすすめです。

クリームタイプ

ウォータープルーフタイプが多く、なめらかな使い心地です。防水性が高く落ちにくいので、絶対に焼きたくない方におすすめです。

パウダータイプ

さらっとしており、メイクの上から塗り直しができるので便利です。毛穴やシミ、くすみなどをカバーできるタイプもあり、肌を綺麗に見せたい方におすすめです。

スプレータイプ

スプレーするだけなのでお手軽です。塗りにくい場所や子供にもおすすめです。手を汚さずにつける事ができて便利ですが、飛び散りや塗りムラができやすいというデメリットもあります。

なぜ日焼け止めで肌が荒れてしまうの?

日焼け止めの紫外線錯乱剤や紫外線吸収剤が肌に刺激となり、肌が荒れることがあります。敏感肌の人は肌がデリケートで弱っている状態なので、特に注意しましょう。

日焼けをしたくない一心でSPFやPAが高い日焼け止めを選ぶことも、肌荒れの原因になります。数値が高いとそれだけ肌への刺激が大きくなります。

自分の使う状況をよく考えて、必要だと思われる数値の日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めが肌に残っていることも原因に

日焼け止めを落としきれず肌に残ってしまうことも、肌荒れの原因になります。毛穴が詰まると、ニキビや黒ずみの原因になることもあるので注意が必要です。

クレンジングの際は、ゆっくりと時間をかけて丁寧に落としていきましょう。

肌荒れしやすい人の日焼け止めの選び方

肌荒れしやすい方は、ノンケミカルの紫外線吸収剤が使われていないものを選びましょう。紫外線吸収剤は肌の刺激になりやすく、肌荒れを引き起こす原因になります。

またSPFとPAが適切な日焼け止めを選びます。1時間程度の外出ならSPF10~30、レジャーなど2時間以上の外出だとSPF30~50のものでOKです。

汗や水分に強いウォータープルーフの日焼け止めは、肌に負担が大きいです。敏感肌の人は避けておいた方が良いかもしれません。

顔の皮膚はとてもデリケートです。ボディ用の日焼け止めを、ついでに顔に塗ったりしないようにしましょう。

正しい塗り方をマスターして紫外線をしっかりカット

日焼け止めは正しく塗ってこそ最大の紫外線カット効果を発揮します。

日焼け止めを塗る前に、下準備として肌をしっかりと保湿しておきます。日焼け止めを塗る際は多めに付けたりせずに、正しい量を守っていきます。塗りムラができないように塗っていきます。

日焼け止めの正しい塗り方は、まず手の甲にとり、それを額、両頬、鼻、あごの5カ所に置いて行きます。指でトントンと叩くように伸ばしていき、最後に手の平で馴染ませたらOKです。

塗り直しがポイント

日焼け止めはどうしても汗や水分で落ちてしまうので塗り直しが必要になります。顔用日焼け止めに関しては、2~3時間ごとに塗り直すようにしましょう。

このひと手間で、日焼け止めの効果をキープすることができます。

肌に優しい日焼け止め3選

敏感肌の人でも安心の肌に優しいおすすめ日焼け止めをご紹介します。

資生堂 2eドゥーエ日焼け止め 【ノンケミカル】 SPF45 PA+++

ノンケミカルで低刺激処方なので、敏感肌の人でも使う事ができます。優しい付け心地です。

1本で顔と体に使うことができ、紫外線から肌をしっかりと守り乾燥を予防します。

ソレオオーガニックスオールナチュラルサンスクリーン SPF30 PA++

なめらかに伸びて透明になるので、白残りの心配がありません。オーガニックの保湿成分をふんだんに配合しているので潤いが続きます。

肌に優しいノンケミカル処方なので、敏感肌の人にもおすすめです。しかも石鹸で洗い落とせ、手がかかりません。

アムリターラのベリーズビューティーサンスクリーン SPF10 PA+

オーガニックベリーと植物の力だけで作られた日焼け止めなので、肌への負担がとても少ないです。肌に伸ばすと色が付かず、白浮きの心配もありません。

天然の植物美容成分が沢山入っているので、美容液ともいえる日焼け止めです。

日焼け止めを正しく塗って、紫外線から肌を守ろう

日焼け止めの効果をキープするには、こまめの塗ることがポイントです。やみくもに数値が高いものを選ぶのは止め、自分の外出時間や状況に合った物を選ぶようにすると肌への負担が少ないです。

顔用日焼け止めは、1年を通して正しく使っていくと美白肌をキープできます。今きちんと日焼け止めでケアするかしないかで、10年後には大きな差が出てしまいます。

あなたも自分に合った日焼け止めを選んで、紫外線から肌を守りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

13 − 1 =